キューティー鈴木のリングサイドエンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キューティー鈴木の
リングサイドエンジェル
ジャンル プロレスゲーム
対応機種 メガドライブ
開発元 コピアシステム
発売元 アスミック
プロデューサー たかさきかずゆき
デザイナー NARISAWA
プログラマー なかみちさえこ
音楽 森彰彦
美術 A AND K
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 4メガビットロムカセット[1]
発売日
  • 日本 1990年12月12日 (1990-12-12)
テンプレートを表示

キューティー鈴木のリングサイドエンジェル』(きゅーてぃーすずきのりんぐさいどえんじぇる)は、1990年12月12日にアスミックからメガドライブ用として発売された日本ゲームソフト

概要[編集]

当時の人気プロレスラーであったキューティー鈴木をメイン起用したゲームであり、メガドライブ初のプロレスゲームである。

おおざっぱな作りの対戦格闘ゲーム。使用する技は試合前に自分で設定する。

使用できるキャラクターはキューティー鈴木以外は全て架空のキャラクター。

実況は「こてたちとちろー」が担当、解説は「カーネルさん」や「シュワルツさん」、「ミーハー高校2年5組のきょうこちゃん」などが担当する。

登場キャラクター[編集]

名前 年齢 身長 体重 スリーサイズ 必殺技
メガデス斉藤 22 175cm 70kg 85 - 60 - 85 cm ブラッディ・SP・アタック
ミアモーレ矢島 21 169cm 52kg 70 - 55 - 75 cm ジャーマンスープレックス
シンディ中野 19 165cm   50kg 72 - 55 - 75 cm ロメロ・スペシャル
キングダム加藤 20 175cm 60kg 83 - 60 - 80 cm W・アームスープレックス
ケイリー勝原 22 173cm 59kg 81 - 60 - 85 cm ジャンピングヘッドバット
キューティー鈴木 20 155cm   56kg 82 - 62 - 86 cm キューティー・スペシャル
ガンズ大山 20 171cm 60kg 78 - 58 - 82 cm バックブリーカー
ハロウィン.I.佐藤 20 176cm 59kg 77 - 56 - 83 cm スコーピオン・デスロック
ライティング原田 22 172cm 57kg 79 - 60 - 85 cm ボディアタック

スタッフ[編集]

  • システム・クリエイター:HIRANO
  • プログラム:なかみちさえこ
  • グラフィック:A AND K
  • 音楽:DON(森彰彦
  • オリジナル・コンセプト:NARISAWA
  • プロデューサー:たかさきかずゆき
  • スペシャル・アドバイザー:おかもとひろし
  • エグゼクティブ・ディレクター:二村俊行

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 28/40点[2]
メガドライブFAN 17.23/30点[1]
プロレススーパーゲーム列伝 肯定的[3]
メガドライブ大全 否定的[4]
  • ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計28点(満40点)になっている[2]
  • ゲーム誌「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.23点(満30点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.50 2.73 2.75 2.73 2.62 2.90 17.23
  • ゲーム本『プロレススーパーゲーム列伝』(2001年ソニー・マガジンズ)では、「本作は史上まれに見るお色気プロレスゲーム」、「キューティー鈴木をフィーチャーしながらも、セクシー路線という大胆不敵な本作」、「パワーボムの体勢から相手を天高く放り投げる"シャトルショット"や、前方回転しながら相手に豪快に体を浴びせる"ベアマーダーアタック"など、ファンタジックに曲解しすぎた女子プロ技を用意するなど、とにかく見どころ満載」と評している[3]
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「メニュー画面にはバニーガールが登場し、試合中には全員ツンと尻を突き出すスタイルで戦い、おまけにコスチュームは一様に肌の露出面積高めという、やけにセクシー路線の本作」、「画面上に表示される選手の顔が、ダメージを受けてくると汗をかいてブルブル震え出したり、技を出そうが受けようが、お互いカッと目を見開いていたりするのがちょっと怖い」と評している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 70頁。
  2. ^ a b キューティー鈴木のリングサイドエンジェル まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月30日閲覧。
  3. ^ a b 馬波レイ、大地将 「'93年 キューティー鈴木のリングサイドエンジェル」『プロレススーパーゲーム列伝』 ソニー・マガジンズ2001年10月30日、60頁。ISBN 9784789717601
  4. ^ a b 「Chapter 03 1990年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、53頁。ISBN 9784872338805