キューティ・バニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キューティ・バニー
The House Bunny
監督 フレッド・ウルフ
脚本 カレン・マックラー・ラッツ
キルステン・スミス
製作 ジャック・ジャラプト
アダム・サンドラー
ヘザー・パリー
アレン・コヴァート
製作総指揮 キルステン・スミス
アンナ・ファリス
カレン・マックラー・ラッツ
出演者 アンナ・ファリス
音楽 ワディ・ワクテル
撮影 シェリー・ジョンソン
編集 デブラ・シャイエット
製作会社 レラティビティ・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年8月22日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $70,442,940[1]
テンプレートを表示

キューティ・バニー』(原題: The House Bunny)は、2008年アメリカ合衆国の映画日本では劇場未公開作品であるが、2009年7月3日にDVDが、2010年8月25日にBDがそれぞれ発売された。

ストーリー[編集]

雑誌PLAYBOYでいつか表紙を飾ることを夢みるシェリー。 プレイボーイ・マンションで26歳の誕生パーティを盛大にしてもらうも、翌朝、もう若くないとの理由でマンションを出なくてはならくなった。 夢のような生活から一転、ホームレスになり、行くあてもなく街でフラフラしていると住居も仕事も両方にありつける職をみつけた。 それは大学の寮の”寮母”。 しかし、その寮は数日中に寮生を30名にしないと解体と勧告されていた。 プレイガール流で寮生と共に存続をかけて奮闘する

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
シェリー・ダーリントン アンナ・ファリス 小島幸子
ナタリー エマ・ストーン 根本圭子
オリバー コリン・ハンクス 福田賢二
モナ カット・デニングス 峯香織
ハーモニー キャサリン・マクフィー 津々見沙月
リリー キーリー・ウィリアムズ
キャリー・メイ デイナ・グッドマン
ハグストローム夫人 ビヴァリー・ダンジェロ
PLAYBOY』誌の創刊者ヒュー・ヘフナー ヒュー・ヘフナー 佐々木省三
コルビー タイソン・リッター
プロバスケットボール選手シャキール・オニール シャキール・オニール
ディーン・シモンズ クリストファー・マクドナルド
日本人プレイメイト ヒロミ・オオシマ オオシマ・ヒロミ 須部和佳奈

参考文献[編集]

  1. ^ a b The House Bunny (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2011年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]