キュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キュリー単位から転送)
キュリー
curie
Electron shell 088 radium.png
記号 Ci
非SI単位法定計量単位
放射能
SI 3.7×1010 Bq
定義 3.7×1010壊変毎秒
由来 1 gのラジウムが持つ放射能
語源 キュリー夫妻
テンプレートを表示

キュリー(curie, 記号 Ci)は放射能を表す非SI単位である。計量法における法定計量単位となっている。

1キュリーは厳密に3.7×1010ベクレル(37ギガベクレル、370億ベクレル)に等しい[1]。量が大きすぎることからマイクロキュリー μCi、マイクロマイクロキュリー μμCi (SI接頭語で表せばピコキュリー pCi)が主に使われていた。

実用に適さないため、国際単位系では放射能の単位にはベクレル(Bq)を用いていて、キュリーは用いない。単位名称は、放射線研究の先駆者であるピエール・キュリー/マリ・キュリー夫妻に因む。

定義[編集]

1910年の放射線会議 (Rediography Conferene) で、ラジウムについては1 g、ラジウム系列の元素については1 gのラジウムと平衡にある放射性物質の量として定義された。1953年の国際放射能単位委員会 (International Commision on Radiological Units) では、ラジウムに依存した定義を廃し、3.7×1010壊変毎秒という定義が採用された。このため、現在では、ラジウム1 gの放射能は厳密には1キュリーではなくなっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 計量単位令 別表第1、項番57、放射能の欄、キュリー、ベクレルの三百七十億倍


放射能に関する単位と量[編集]
単位 記号 定義 導入年 SI単位
放射能 (A) キュリー Ci 3.7×1010 s−1 1953年 3.7×1010 Bq
ベクレル Bq s−1 1974年 SI単位
ラザフォード Rd 106 s−1 1946年 MBq
照射線量 (X) レントゲン R esu / 0.001293 g(空気) 1928年 2.58×10−4 C/kg
フルエンス (Φ) 毎平方メートル m−2 m−2 1962年 SI単位
吸収線量 (D) エルグ erg erg⋅g−1 1950年 10−4 Gy
ラド rad 100 erg·g−1 1953年 10−2 Gy
グレイ Gy J·kg−1 1974年 SI単位
等価線量 (H) レム rem 100 erg·g−1 1971年 10−2 Sv
シーベルト Sv J·kg−1 × WR 1977年 SI単位