キュウリサンドイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パン > 調理パン > サンドイッチ > キュウリサンドイッチ
キュウリサンドイッチ
Cucumber sandwich
Flickr bitboy 204619671--Cucumber sandwiches with tea.jpg
キュウリサンドイッチと紅茶
種類 サンドイッチ
発祥地 イギリスの旗 イギリス
主な材料 食パンキュウリバター
テンプレートを表示

キュウリサンドイッチは、キュウリを挟んだサンドイッチきゅうりサンドキューカンバーサンドイッチなどとも呼ぶ。スライスしたキュウリをバターを塗った食パンで挟む。

起源[編集]

イギリスでは、19世紀から20世紀の初めにかけて産業革命で農地が工場となったことにより、野菜類は輸入に頼らざるを得なくなった。また、イギリスの気候ではもともとキュウリの栽培に適していなかったこともあり、新鮮なキュウリを口にすることが出来るのは、高価な輸入野菜を購入できるか、温室設備を持ちキュウリを栽培することができる裕福な層や、貴族層のみであった[1][2]。そのため、新鮮なキュウリを用いたキュウリサンドイッチを来客に振る舞うことは一種のステータスであり、同時にキュウリサンドイッチを食べることができるというのもステータスであった[2][3]。この事から、20世紀以降にキュウリが安価な食材として広く普及するようになっても、キュウリサンドイッチはイギリス人の食事としては特別なものであり、アフタヌーン・ティーなどでは欠かせない料理である。

主なレシピ[編集]

上述のように薄く切ったキュウリをバターを塗った食パンで挟むだけのシンプルなレシピである。パンは薄ければ薄いほど上品であるとされる。また、食パンの耳は切り落し白い部分のみ使用することが多い。

現在では、マスタードサワークリームを加えたり、ミントを入れることもある[3][4]

  1. キュウリを厚さ1mm程度の薄切りにする。輪切り、短冊切りなど特に決まりはない。伝統的なレシピではキュウリも薄ければ薄いほど上品であるとされる[4]
  2. 薄切りにしたキュウリに胡椒を振り、キッチンペーパーなどで水気を取る。伝統的なレシピではキュウリをワインビネガーモルトビネガーなどにしばらく漬けておく[4]
  3. バターを塗ったパンでキュウリを挟む。
  4. 食べやすい大きさにカットする。

ギャラリー[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ シティを歩けば世界が見える 第82回 お散歩編: パイナップルとキュウリ・サンドイッチ” (2016年9月25日). 2016年11月25日閲覧。
  2. ^ a b 浜家尚美 (2015年6月2日). “イギリス・夏 秘伝のお酒と太陽と”. 中国新聞アルファ. 2016年11月25日閲覧。
  3. ^ a b イギリス人があんなに「きゅうりサンド」を好きなワケ”. レタスクラブ (2014年7月7日). 2015年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c Cucumber Tea Sandwiches”. 2016年11月25日閲覧。

関連項目[編集]