キャンプ・マクトリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯26度22分48秒 東経127度50分39秒 / 北緯26.379913度 東経127.844038度 / 26.379913; 127.844038 キャンプ・マクトリアス英語: Camp McTureous)とは日本国沖縄県うるま市にあるアメリカ合衆国海兵隊の駐屯地であり、キャンプ・バトラーの一部となっている。なおキャンプ・バトラーは物理的な基地を意味するものではなく、沖縄の海兵隊施設全体を包含する際の呼称である。

うるま市安慶名区の西側に位置し、家族向けの住居やスポーツ施設、小学校などが建てられている。

駐屯地名は合衆国軍名誉勲章(Medal of Honor)に叙されたRobert M. McTureous, Jr.二等兵にちなんで命名された。McTureous二等兵は沖縄戦で米軍に勇敢さと犠牲的行為を示した。

年表[編集]

『沖縄の米軍基地 平成20年3月』第8章による。

  • 1945年:米陸軍の物資集積所として開設。
  • 1957年4月1日:米在沖海兵隊司令部を設置。
  • 1964年6月30日:約6000平方メートルを返還。
  • 1965年10月:海兵隊司令部がキャンプ・コートニーへ移転。
  • 1969年11月:海兵隊司令部がキャンプ・コートニーから本駐屯地に再移転。
  • 1975年8月:海兵隊司令部がキャンプ・フォスターへ移転。
  • 1989年:家族住宅296戸が完成。

概要[編集]

『沖縄の米軍基地 平成20年3月』第8章による。

かつては海兵隊司令部が設置されていたが、キャンプ・フォスターに移駐した。軍刑務所も存在したが、1986年にキャンプ・ハンセンに移転している。

  • 総面積:379千㎡
    • 内私有地:348千㎡
  • 地主数:256人
  • 年間賃借料:72億2,000万円
  • 駐留軍従業員数:22人

1991年から1992年にかけて敷地内より投石の悪戯が相次ぎ、地元より抗議がなされた。

周辺は宅地化が進行し、沖縄県は「当施設は地域開発の障害になっている」と述べている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]