キャンディ (1968年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャンディ
Candy
監督 クリスチャン・マルカン
脚本 バック・ヘンリー
原作 テリー・サザーン
製作 ロバート・ハジアグ
出演者 エヴァ・オーリン
リチャード・バートン
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 ジーンカルロ・カペリ
フランク・サンティロ
配給 Cinerama Releasing
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年6月21日
日本の旗 1970年9月12日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
テンプレートを表示

キャンディ』(Candy)は、1968年アメリカフランスイタリアの合作映画。米国で発禁となった同名の小説を映画化した。出演者は当時の有名な俳優・監督・ミュージシャンが出演している。

概要[編集]

テリー・サザーンの「キャンディ」を映画化。1968年に公開され、2003年にリバイバル公開された摩訶不思議でシニカルな青春エロティック・コメディ。俳優のクリスチャン・マルカンによる監督作第2弾であり、同じサザーン原作の「マジック・クリスチャン」同様の異色ナンセンス系のエロティック・コメディだが、近年では「女性上位時代」と並ぶオシャレ系エッチな映画として扱われている。60年代米国のフラワー・ムーブメント等の風潮を土台に、既存のモラルや権威の破壊がテーマとなっている。

のちに日活ロマンポルノでもこの映画をモチーフにした映画が撮られた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

リメイク[編集]

日活ロマンポルノ作品で舞台を日本に置き換えて80年代にイヴ主演で「イヴちゃんの花びら」が撮られた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]