キャロル・オブ・ザ・ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミコラ・レオントヴィチ司祭

キャロル・オブ・ザ・ベル」(原題:Carol of the Bells)はウクライナの司祭であったミコラ・レオントヴィチによって1914年に作曲された楽曲。1936年にウクライナ人作曲家ピーター・J・ウィルウフスキーによって歌詞が作詞された。曲自体はウクライナ民謡である「シュチェドルィック英語版」を基にしている。したがって、曲自体はレオントヴィチのオリジナルではないが、詩に関してはウィルウフスキーの著作権が保護されている。作曲から100年以上経った今日において、最もよく歌われるクリスマス・キャロルの一つとなった。

概要[編集]

4分音符を基調とするオスティナートの譜面

キャロル・オブ・ザ・ベルは、4分音符を基調とするオスティナートによって構成されている(譜面を参照)。また今日までに多くのアーティストによってカバーされている。その形態もクラシックメタルジャズカントリーミュージックロックポップミュージックなど様々である。そして、『ホーム・アローン』をはじめとする多くの映画テレビ番組などで使用されてきた。

また、クトゥルフ神話に登場する旧支配者を題材にした替え歌旧支配者のキャロル英語版』が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]