キャラヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャラヴァン
CARAVAN
出身地 イングランドの旗 イングランド
ケント州カンタベリー
ジャンル カンタベリー・ロック
プログレッシブ・ロック
サイケデリック・ロック
ジャズ・ロック
活動期間 1968年 - 1978年
1980年 - 1985年
1990年 - 1992年
1995年 - 現在
レーベル デッカ/デラム・レコード
ヴァーヴ・レコード
BTM
アリスタ・レコード
Kingdom Records
ポニーキャニオン
Castle
Eclectic Discs
Caravan Records
公式サイト Caravan.co.uk
メンバー パイ・ヘイスティングス (G/Vo)
ジェフリー・リチャードソン (G/Vio)
ヤン・シェルハース (Key)
ジム・レヴァートン (B)
マーク・ウォーカー (Ds)
旧メンバー リチャード・コフラン (Ds)
リチャード・シンクレア (B/Vo)
デイヴ・シンクレア (Key)
ダグ・ボイル (G)
ほか 別記参照

キャラヴァン(キャラバン, Caravan)は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド

ワイルド・フラワーズ」を始祖とし、同じ枝分かれした「ソフト・マシーン」と共にカンタベリー・ミュージックの礎を築いたグループとして知られる。

来歴[編集]

1960年代カンタベリーで活動していたロックバンド「ワイルド・フラワーズ」を母体とする[1]。先に同バンドを脱退していたメンバーが「ソフト・マシーン」を結成したのに続いて[2]、残留した中心メンバーがワイルド・フラワーズ解散後の1968年に結成した。

当バンドは、ロックとジャズの融合を目指し、様々な手法による作品を世に送り出してきた。数多のプログレッシブ・ロックバンドの中で、「キャメル」と並んで叙情派の音楽で人気を博した。セールス面では大きな成功を得ることはできなかったが、実力を兼ね備えたサウンドを武器に1970年代代を中心に活躍した。

同年代後半からはニューウェーヴのムーブメントが到来し、他のプログレ勢と同様にポップなサウンドにシフト・チェンジ。そして行き詰まっていったバンドは、1978年に解散する。

1980年になって再始動し、以降断続的に活動。これまで数多くのオリジナル・アルバムやライブ・アルバムを発表している。2002年に初来日。2005年にも来日公演を開催した。

2013年に、設立メンバー リチャード・コフラン(Ds)が死去[3]。これにより在籍中の設立メンバーは、パイ・ヘイスティングス(G)だけとなっている。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • パイ・ヘイスティングス Pye Hastings – ギター/ボーカル (1968– )
  • ジェフリー・リチャードソン Geoffrey Richardson – ギター/ヴァイオリン (1972–1978, 1980–1981, 1995– )
  • ヤン・シェルハース Jan Schelhaas – キーボード (1975–1978, 2002– )
  • ジム・レヴァートン Jim Leverton – ベース (1995– )
  • マーク・ウォーカー Mark Walker – ドラムス (2010– )

旧メンバー[編集]

  • リチャード・コフラン Richard Coughlan – ドラムス (1968–2013) RIP.2013
  • リチャード・シンクレア Richard Sinclair – ベース/ボーカル (1968–1972, 1981–1985, 1990–1992)
  • デヴィッド・シンクレア Dave Sinclair – キーボード (1968–1971, 1973–1975, 1980–1985, 1990–1992, 1995–2002)
  • スティーヴ・ミラー Steve Miller – キーボード (1971–1972)
  • デレック・オースティン Derek Austin – キーボード (1972–1973)
  • スチュアート・エヴァンス Stuart Evans – ベース (1972–1973)
  • ジョン・G・ペリー John G. Perry – ベース (1973–1974)
  • マイク・ウェッジウッド Mike Wedgwood – ベース (1974–1976)
  • デク・メッセカー Dek Messecar – ベース (1976–1978, 1980–1981)
  • ダグ・ボイル Doug Boyle – ギター (1996–2007)
  • サイモン・ベントール Simon Bentall – パーカッション (1996–1997)
  • ジミー・ヘイスティングス Jimmy Hastings – サクソフォーン/フルート (1996–1997) パイ・ヘイスティングスの実兄

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

コンピレーション[編集]

  • オール・オーヴァー・ユー≪ベスト・ソングズ・オブ・キャラヴァン≫ - All Over You1996年
  • All Over You...Too1999年

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]