キャラウェイタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャラウェイタイム
Thymus herba-barona.jpg
キャラウェイタイム (Thymus herba-barona)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: イブキジャコウソウ属 Thymus
: キャラウェイタイムThymus herba-barona
学名
Thymus herba-baron
Loisel.
亜種
  • Thymus herba-barona subsp. herba-barona.
  • Thymus herba-barona subsp. bivalens.

キャラウェイタイム(学名:Thymus herba-barona)はタイムの一種。コルシカ島サルデーニャ島マヨルカ島に自生している。その名はキャラウェイに香りが似ていることに由来し、料理の他に庭に植える常緑植物としても使われている。

特徴[編集]

キャラウェイタイムは木本の多年生植物で、地面を這うように成長するため、高さは10~25cmに止まる。 つやのある濃緑色で皮針形の葉は長さ4~10mmであり、強いキャラウェイの香りを持つ。花は桃色で花弁は4つある。晩春から初夏にかけて繁茂し、を惹きつける.[1]

用途[編集]

キャラウェイタイムは精油を含んでおり、また防臭・消毒効果がある。香料や洗口液、薬剤にも用いられている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ Thymus herba-barona”. Missouri Botanical Garden. 2013年12月10日閲覧。
  2. ^ Thymus herba-barona”. Plants for a Future. 2013年12月10日閲覧。