キャメロン郡 (ルイジアナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルイジアナ州キャメロン郡
キャメロン郡の位置を示したルイジアナ州の地図
郡のルイジアナ州内の位置
ルイジアナ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1870年
郡名の由来 サイモン・キャメロン
郡庁所在地 キャメロン
最大の都市 ハックベリー
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

5,003 km2 (1,932 mi2)
3,401 km2 (1,313 mi2)
1,602 km2 (619 mi2), 32.03%
人口
 - (2010年)
 - 密度

6,839人
3人/km2 (8人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

キャメロン郡: Cameron Parish)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州の南西隅に位置するである。2010年国勢調査での人口は6,839人であり、2000年の9,991人から31.5%減少した[1]。陸地面積では州内最大の郡である。郡庁所在地国勢調査指定地域キャメロン(人口406人[2])であり[3]、同郡で人口最大の町はハックベリー(人口1,261人[2]である。

キャメロン郡はカルカシュー郡と共にレイクチャールズ大都市圏を構成している。

歴史[編集]

キャメロン郡は1870年にカルカシュー郡バーミリオン郡の一部を合わせて設立され、郡名は、ペンシルベニア州出身でエイブラハム・リンカーン大統領政権で初代陸軍長官を務めたサイモン・キャメロンに因んで名付けられた。ルイジアナ州では最大級の市民教区であるが、土地の大半が湿地であるために人口は少ない方である。キャメロン郡内にはシェニエ平原の大部分が入っており、他にも特にルイジアナ州の海岸地域に見られる盛り上がった尾根であるシェニエが多い。初期開拓者としては、ジョン・M・スミス、ミレジ・マッコールなどの名前が残されている[4]

キャメロン郡の西半分は、ルイジアナ買収の後でアメリカ合衆国とスペインの間におきた境界紛争を解決するために、1806年に結ばれた中立地帯協定、すなわちノーマンズランドの一部である。カルカスー川(当時はアロヨ・ホンドと呼ばれた)とサビーン川がそれぞれ東と西の郡境になっている。警察組織が無かったために、この地域は長年、無法者、海賊など極悪非道な人物の温床になっていた。

南北戦争、オードリー、リタ、アイクなど多くのハリケーンが地域の向かう道を形成する出来事になってきた。南北戦争が始まったときは、海岸地域で支持する側が分かれ、さらなる紛争の舞台になった。1863年秋、グランド・シェニエ周辺では、北部支持者の「マーメントー・ジェイホーカーズ」とその自警組織「マーメントー・レギュレーターズ」の行動をブロックが記録した[5]

1957年6月27日、ハリケーン・オードリーの被害を受け、390人以上が死亡した。著作家のノラ・ミー・ロスとスーザン・マクフィレン・グッドソンはハリケーン・オードリーの多くの生存者の話を記録し[6]、ハリケーンから40年後に出版した。アメリカ医学会は、地元の医者セシル・クラークを、個人的な損失が大きかったにも拘わらず献身的な奉仕を行ったことを認め、「年間最大の一般開業医」に指名した[7]。ハリケーン・オードリーの上陸した前と後で地元の歴史が50年間近くも語り継がれていたが、キャメロン郡は2005年9月24日にハリケーン・リタに再度襲われた。このハリケーンが来る直前に撮影された映画『リトル・シェニエ』には、郡内が破壊される前の光景が残されることになった。

ハリケーン・リタから3年後の2008年、ハリケーン・アイクに襲われた。このときの高潮の高さは22フィート (6.7 m) となり、ハリケーン・リタの時の10フィート (3.0 m) よりも悪くなった[8]。海岸地域のほぼ全体が洪水となり、高潮と洪水の水は内陸の60マイル (100 km) [9]、北のレイクチャールズ市にまで達した[10]。郡内ではキャメロン、ホリービーチ、ハックベリー、クレオール、およびグランドシェニエの町が破壊された。ルイジアナ州野生生物魚類省探索救助チームが州兵隊や沿岸警備隊と協力して363人を救出したことを含め、数百人の人々が洪水の最中に救助された[11]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,932平方マイル (5,003.9 km2)であり、このうち陸地1,313平方マイル (3,400.7 km2)、水域は619平方マイル (1,603.2 km2)で水域率は32.03%である[12]

主要高規格道路[編集]

  • Louisiana 27.svg ルイジアナ州道27号線
  • Louisiana 82.svg ルイジアナ州道82号線

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • キャメロン・プレーリー国立野生生物保護区
  • イーストコーブ国立野生生物保護区
  • ラカシン国立野生生物保護区(部分)
  • サビーン国立野生生物保護区

人口動態[編集]

人口
19003,952
19104,2888.5%
19203,952−7.8%
19306,05453.2%
19407,20319.0%
19506,244−13.3%
19606,90910.7%
19708,19418.6%
19809,33613.9%
19909,260−0.8%
20009,9917.9%
20106,839−31.5%
Cameron Parish Census Data[13]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 9,991人
  • 世帯数: 3,592 世帯
  • 家族数: 2,704 家族
  • 人口密度: 3人/km2(8人/mi2
  • 住居数: 5,336軒
  • 住居密度: 2軒/km2(4軒/mi2

人種別人口構成

言語別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 28.4%
  • 18-24歳: 9.4%
  • 25-44歳: 29.6%
  • 45-64歳: 21.9%
  • 65歳以上: 10.6%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 100.9
    • 18歳以上: 99.4

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 39.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 62.2%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.0%
  • 非家族世帯: 24.7%
  • 単身世帯: 20.9%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 8.6%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.76人
    • 家族: 3.21人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 34,232米ドル
    • 家族: 39,663米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,167米ドル
      • 女性: 19,113米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,348米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 12.3%
    • 対家族数: 9.1%
    • 18歳未満: 13.1%
    • 65歳以上: 14.8%

都市と町[編集]

国勢調査指定地域[編集]

キャメロン郡図

郡内には法人化された都市は無い。

未編入の町[編集]

  • ビッグレイク
  • クレオール
  • グランドシェニエ
  • グランドレイク
  • ホリービーチ
  • ジョンソンバイユー

教育[編集]

キャメロン郡教育委員会が地元の公立学校を運営している。

キャメロン郡公立図書館が郡内の公共図書館システムである。全ての図書館は未編入領域にある。キャメロン郡公立図書館本館はキャメロンのマーシャル通り469にある[15]。その他に6か所の支所を運営している[16]


著名な出身者[編集]

  • ジェイムズ・ベルトン・ボンソール、画家、1926年4月1日グランドシェニエ生まれ
  • セシル・クラーク(1924年-1994年)、医師、アメリカ医学会から1957年「年間最大の一般開業医」を受賞
  • クレイン兄弟、「マーシュ・バギー」など特殊用途機械の開発者
  • ボブ・ヘンスゲンス、ルイジアナ州議会議員、共和党
  • ダグ・カーショー、音楽家、1936年1月24日生まれ

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Cameron County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ a b American FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日. 2011年4月5日閲覧
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Perrin, W.H. 1891. Southwest Louisiana biographical and historical. Reprinted 1971. Claitor's Publishing Division, Baton Rouge, Louisiana.
  5. ^ http://www.wtblock.com/wtblockjr/
  6. ^ Ross, N.M. and S.M. Goodson. 1997. Hurricane Audrey. Wise Publications, Sulphur, Louisiana. ISBN 1-887144-08-0.
  7. ^ THE GENERAL PRACTITIONER'S AWARD. 1957. J Am Med Assoc. 165(16):2089.
  8. ^ Margaret Saizan. “A Visual Story of Hurricane Rita”. 2007年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月26日閲覧。
  9. ^ Mega Surge
  10. ^ Surge floodwaters
  11. ^ Search and Rescue Operations Coordinated by LDWF Transport 363 Residents to Safety During Hurricane Ike's Pass Through State, September 16, 2008 Emergency.louisiana.gov
  12. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  13. ^ United States Census Bureau. “Louisiana Population of Counties by Decennial Census: 1900 to 1990”. 2008年2月2日閲覧。
  14. ^ [1]
  15. ^ "Louisiana Library Directory." State Library of Louisiana. Accessed September 22, 2008.
  16. ^ "CAMERON PARISH LIBRARY BRANCHES." Cameron Parish Public Library. April 6, 2005.

外部リンク[編集]

地理

座標: 北緯29度51分 西経93度12分 / 北緯29.85度 西経93.20度 / 29.85; -93.20