キャプテン・マーベル (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャプテン・マーベル
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Marvel Super-Heroes #12
クリエイター スタン・リー
en:Gene Colan
作中の情報
本名 マー・ベル
種族 宇宙人
出身地 クリー帝国
能力
  • 超パワー
  • 超感覚
  • 飛行能力

キャプテン・マーベル(Captain Marvel)は、マーベル・コミックに登場する架空のヒーロー。本名はマー・ベル 。Marvel Super-Heroes #12,13を経て個人誌が刊行された。

経歴[編集]

元々は銀河三大列強種族の一つクリー帝国が地球に送り込んだスパイであった。クリーは地球の宇宙進出の進行度合いを測るために軍の大尉であった彼を送り込んだ。マー・ベルの上官ヨン・ログは彼の恋人ユーナを自分のものとするためにマー・ベルを殺そうとするが、誤ってケープ・カナヴェラルのミサイル施設の科学者、ウォルター・ロウスン博士を殺してしまう。博士と入れ替わってアメリカの航空宇宙科学の発展を間近に観察していた。やがてNASAの保安主任キャロル・ダンバースと恋に落ち、クリー軍人としての使命と地球への愛着との狭間で苦悩するようになる。だがファンタスティック・フォーが倒し研究していたクリーのロボット、セントリーが再起動しマー・ベルはこれを倒してしまう。そこでセントリーが発した言葉「マー・ベル大尉(Captain Mar-Vell)」が、周囲の地球人に「キャプテン・マーヴル」というヒーローの名前だと受け取られてしまい、さらに地球はクリーとスクラルの戦争に巻き込まれるきっかけとなってしまう。

銀河列強の戦争に地球が巻き込まれマー・ベルは地球を守るために戦うがヨン・ログの罠に落ちネガティブ・ゾーンに捕らわれてしまう。そこで彼は地球人リック・ジョーンズと融合し、リード・リチャーズの助けを借りネガティブ・ゾーンからの脱出に成功する。

その後ヒーローとして活動を続けていたがクリーに改造されて自爆&再生能力を有したヴィランのニトロと戦闘。毒ガスの影響で悪性の癌を発症し病死する。

生前は特定のチームに加わることはなかったが、死後アベンジャーズの名誉隊員になった。

マー・ベルの遺伝子からタイタン人エリシウスを母体に息子ジェニスが生まれ二代目キャプテン・マーベルとなった。

能力[編集]

スーパーパワー、超感覚、飛行能力を備えているがこれは本来持っていたものではなく、クリーに反逆した後クリーに捕えられ洗脳強化されて身につけたもの。初登場時は磁力光線や破壊光線を発射する銃で戦っていた。またクリー人は地球の大気成分に体が合わず宇宙服を脱ぐと数分程度で死亡してしまう。

リブート版[編集]

2006年からはマーガレット・ストールによるリブート版が開始。この版では以前より「ミズ・マーベル」と呼ばれていたキャロル・ダンバースが「キャプテン・マーベル」と名乗るようになった。2012年からはケリー・スー・デコニックが描くようになり、現在は「キャプテン・マーベル」と単に言った場合、キャロルを指す事が多い。

なお、キャロルが新たなる「キャプテン・マーベル」となった後、「ミズ・マーベル」もリブート化。南アジア系の血を持つ米国籍の少女カマラ・カーンが当代の「ミズ・マーベル」として活躍中。

キャロルが主役となった『キャプテン・マーベル』は、マーベル・シネマティック・ユニバースの1作として実写映画化され、2019年に公開が予定されている[1]

その他の登場作品[編集]

アニメーション[編集]

映画[編集]

関連キャラクター[編集]

東映とマーベル・コミックスの提携で制作された日本の特撮テレビ番組『バトルフィーバーJ』に登場するミスアメリカは、名前やシンボルマークはミスアメリカを基にしているが、マスクやコスチュームのデザインはミズ・マーベルをモチーフとしている[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 「アベンジャーズ」シリーズ第3弾&第4弾タイトルが変更- 映画.com(株式会社エイガ・ドット・コム)” (2016年8月4日). 2017年8月12日閲覧。
  2. ^ 「新シリーズの開発 バトルフィーバーJ」『スーパー戦隊大全集』 講談社1988年4月25日、162-163頁。ISBN 4-06-178408-0
  3. ^ 「メインキャラクター紹介 ミスアメリカ」『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJデンジマンサンバルカンの世界』 双葉社2003年、29頁。ISBN 4-575-29520-5

関連項目[編集]