キャプテンズ・オブ・クラッシュ・グリッパーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

キャプテンズ・オブ・クラッシュ・グリッパーズとは、アメリカ合衆国の、アイアンマインド社から売られている世界的な握力ハンドグリッパーで有名である。主にCoCグリッパーと略される。強度は、2014年現在で、11強度ある。youtubeなどにトレーニング動画やクローズ動画がある。

デザイン[編集]

1993年にリリースされたシルバークラッシュグリッパーは、外見は、現在のCoCグリッパーと同じで、ローレット加工がされているが、現在のものと素材が異なり、現在のよりも重い金属製だった。1993年に、IronMindは、個々のグリッパーのハンドルの把持部の底部をプレス加工し始めた。これは、強度を示す大事なものである。1995年にIronMindはキャプテンズ・オブ・クラッシュ・グリッパーズにリリース。ローレットを 、航空機グレードのアルミハンドル、グリッパーは軽量化と、より安全なグリップを提供した。長年にわたり、IronMindは精度が進んでいるグリッパー、耐久性、外観が、その基本的な設計は、2005年のCoCグリッパーにおける独自GR8バネの導入などのマイルストーンと、1995年以来、一貫して推移している。

強度[編集]

COC グリッパー[1] ポンド キログラム(すべて約Xkg)
ガイド 60 lb. 27kg
スポーツ 80 lb. 36kg
トレーナー 100 lb. 45kg
ポイントファイブ(No. 0.5) 120 lb. 54kg
No. 1 140 lb. 63kg
No. 1.5 167.5 lb.* 75kg(65kg)
No. 2 195 lb. 88kg(73kg)
No. 2.5 237.5 lb.* 108kg(80kg)
No. 3 280 lb. 127kg(100kg)
No. 3.5 322.5 lb.* 146kg(115kg)
No. 4 365 lb. 165kg(130kg)

ちなみに、No,1 No,2 No,3は、グリッパー発売の1990年から売られている強度である。1994年にNo,4が発売。これが最大強度となっている。2004年に、ガイド、スポーツ、トレーナーが発売されている。2006年には、各No,1,2,3,4の中間強度の三つの架け橋グリッパー(3ブリッジグリッパー)として、No. 1.5, No. 2.5, No. 3.5が発売。2010年には、ポイントファイブ(No. 0.5)が発売。#1は、表示よりマイナス3kg程度、#2に至っては、マイナス10kg程度、#3は、マイナス18kg程度、#4は、マイナス30kg程度で閉じることができる場合がある。( )内の数字はハンドルの端を持って閉じ切る事の出来る握力数値の目安。

認定[編集]

アイアンマインド社は、1991年から#3以上を閉じた人には、認定を行っている。現在、#3に至っては、世界に100人以上公式認定されている。日本には7人公式認定。(2015年現在。) 人間離れした握力を持つジョー・キニーは、#3を1997年に、世界一の握力を持つマグナスサミュエルソンは、1998年に#3を認定している。認定するには、それぞれ片方の手で握りやすい位置(クレジットカードの横幅)まで縮めてからクローズすることが認められている。

1994年からは#4の認定が行われている。1998年、ジョー・キニーは、人類初の#4をフルレンジクローズ認定。当時の体重は75kgだった。2004年に、マグナス・サミュエルソンも認定。現在、世界に認定者が5名いる。[いつ?]

2008年から、#3.5の認定がスタートした。現在世界で12名が認定。[いつ?]日本では公式認定ではないが#3の認定者の新沼大樹ウェブ魚拓創業者[2])が#3.5をクローズしている動画がyoutubeにアップロードされている。新沼は2014年には雑誌『IRONMAN』の取材に対して#4をクローズして見せた[2][3]

最近では、女性の認定がある。ただし、#2、#2.5である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アイアンマインド社
  2. ^ a b “握力の強さ”で日本一に 「ウェブ魚拓」創業者はいかにして肉体派プログラマーになったか”. HRナビ. リクルート (2015年9月28日). 2018年8月22日閲覧。
  3. ^ IRONMAN8月号『新沼大樹がCoC#4を閉じた!』”. IRONMAN BLOG. フィットネススポーツ社 (2014年7月24日). 2018年8月22日閲覧。

関連項目[編集]