キャピタルメディカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社キャピタルメディカ
Capital Medica Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都港区虎ノ門1丁目2番3号
虎ノ門清和ビル10F
設立 2005年2月14日
業種 病院の運営・経営支援、医療周辺事業、高齢者施設の運営
法人番号 8010401056616 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役 古川淳
資本金 13億5550万円
決算期 毎年12月
主要子会社 株式会社アドメディカ
株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ
株式会社クラーチ
株式会社シンクマーケット
外部リンク http://capimedi.com/
テンプレートを表示

キャピタルメディカとは、東京都港区虎ノ門に本社を置く、医療機関の運営・経営支援を行う企業である。

概要[編集]

2005年に設立された、医療機関向けマネージメント業務を請け負うメディカルマネジメント研究所を始まりとする。

2008年から、子会社ライラックメディカルで医療品・医療材料・高額医療機器を、子会社シンシアではコンタクトレンズの取り扱いを始め、さらに人事、会計業務、病院不動産事業、画像診断施設運営、臨床試験業務、介護施設業務と、次々事業を拡大。

2013年に海外進出を本格化し、アジア地域での病院・介護施設の開設に着手[1]。2014年、双日との資本業務提携を締結した。

2015年には、ヒューリック株式会社と資本業務提携を締結した[2]。ヒューリック社の不動産ノウハウとキャピタルメディカの病院運営・経営支援のノウハウ相互を共有し、国内の医療関連施設の建て替えを行なっていく。両社協業の1号案件は「新豊和会札幌病院」(北海道札幌市)。

2016年12月に子会社の株式会社シンシアが東京証券取引所マザーズに上場した。さらに、2017年12月にはマザーズから東証一部へ市場変更した。

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本経済新聞2013年1月20日
  2. ^ 日本経済新聞2015年1月29日

外部リンク[編集]