キャバリエ巡航戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巡航戦車Mk.VII キャバリエ
性能諸元
全長 6.35 m
全幅 2.88 m
全高 2.43 m
重量 27 t
懸架方式 改良型クリスティー方式
速度 38 km/h
行動距離 265 km
主砲 オードナンス QF 6ポンド砲 弾薬64発
副武装 7.92 mm Besa機関銃 弾薬4,950発
装甲 76mm
エンジン ナッフィールド・リバティL-12 ガソリンエンジン
410 hp
乗員 5 名
(車長、装填手、砲手、無線手、操縦手)
テンプレートを表示

巡航戦車 Mk.VII キャバリエ(じゅんこうせんしゃ- 、Tank, Cruiser, Mk VII Cavalier (A24))は、第二次世界大戦中にイギリス陸軍が製造した巡航戦車である。搭載エンジンの問題から妥協の産物として誕生し、出力不足から成功作とはならなかった。

概要[編集]

キャバリエは旧式化したクルセーダーの後継として、ナッフィールド社によって設計された。1940年末、イギリス軍需省は新型戦車の仕様書を出し、1941年前半には設計案が提示された。当初ナッフィールドのA24案は前作クルセーダーの改良型であったが、より評価の高かったレイランド社のA27案に搭載予定のロールス・ロイス・ミーティアエンジンの実用化に手間取ったため、A24をA27の仕様にして、従来と同じリバティー・エンジンを搭載して生産することとなった。

キャバリエの試作車は1942年1月に完成したが、その半年前には500輌の生産が発注されていた。主な問題点は、ナッフィールド社が自社製のリバティーエンジンの使用に拘ったことに発していた。クルセイダーの搭載した340馬力型に対し410馬力と出力は上がっていたのだが、車重の増加がそれ以上だったため、巡航戦車としては最も低速となった。これに対し後のA27M クロムウェル巡航戦車では、ようやく実用化されたミーティアエンジンを搭載、これはリバティーの約1.5倍、600馬力であった。

完成車両は訓練に用いられるか、補助車両の役割を与えられ、砲兵観測車に改造された物だけが実戦に参加している。

1945年、12輌のキャバリエが、フランス陸軍の歩兵第14師団に属する第12騎兵連隊に提供され、用いられた。

派生型[編集]

キャバリエ OP
1943年に製作された。砲が模造品に交換され、空いた砲塔の内積を利用して無線装置を増強した。砲兵の観測車両に用いられた。
キャバリエ回収戦車
回収戦車として設計された。砲塔が撤去され、Aフレームと呼ばれるジブと牽引装備が追加された。

外部リンク[編集]