キャデラック・XT5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

XT5は、GMが製造、キャデラックブランドで販売している自動車である。

初代 (2017年 -)[編集]

XT5
フロント
2019 Cadillac XT5 Luxury 3.6L front 3.24.19.jpg
リア
2019 Cadillac XT5 Luxury 3.6L rear 3.24.19.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
販売期間 2017年-
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 2.0L I4
3.6L V6
駆動方式 FF
AWD
変速機 8AT
全長 4,815mm
全幅 1,905mm
全高 1,675mm
ホイールベース 2,855mm
車両重量 1,808-1,976kg
姉妹車 GMC・アカディア
別名 キャデラック・XT5 クロスオーバー
先代 キャデラック・SRX
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2015年にドバイ自動車ショーとロサンゼルス自動車ショーにてコンセプトカーが発表された。2016年の春に生産を開始するにあたり、キャデラックの新しい車名命名方式によって「SRX」から「XT5」へと車名を変更した。

キャデラックは2017年上半期の販売台数が約3万台に上り、前年同期比で約34%の増加となった。その販売台数のうち約44%を「XT5」が占めた[1]

高張力鋼板をレーザー溶接で合成を持たせる方式は、ラグジュアリーセグメントでも普及しているが、GMが特許を持つ異素材接着技術を多用し、鋼板を軽量構造接着剤で接着溶接する事で面での剛性を確保。それにより無駄な補強を軽減する事ができ、同クラス最軽量を実現した。

日本での販売[編集]

日本では「XT5 クロスオーバー」として、2017年10月から販売が開始された[2]。日本市場へは「XT5クロスオーバー ラグジュアリー」「 XT5クロスオーバー プラチナム 」の2グレードが導入された。エンジンは最高出力314psの自然吸気の3.6リッターV6 DOHCが搭載された。同時に日本導入を記念した特別仕様車「ファーストリミテッドエディション」が発売された。限定20台。

2018年10月10日、発売1周年を記念した特別仕様車「キャデラックXT5クロスオーバー アーバンブラックスペシャル」が発表され、同月11日から発売が開始された[3]

2019年1月16日、一部仕様変更された[4]。ボディーカラーに新色が追加されたほか、新世代のワイヤレス給電システムが搭載された。

脚注[編集]

  1. ^ Cadillac Global Sales Rise 33.8 Percent in May” (英語). media.gm.com (2017年6月5日). 2019年7月7日閲覧。
  2. ^ GMがキャデラックの新型SUV「XT5クロスオーバー」を日本に導入 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年7月7日閲覧。
  3. ^ 発売1周年を祝う特別な「キャデラックXT5クロスオーバー」登場 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ キャデラック、3モデルの仕様変更と価格改定を実施 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年7月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]