キャッツキルアケダクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャッツキルアケダクト
ニューヨーク州南部のアルスター郡にて撮影。

キャッツキルアケダクト英語名:Catskill Aqueduct)は、キャッツキル山地アショカン貯水池からニューヨーク市まで水道水を供給するための、トンネル構造の上水道導水路である。

全長147.2キロメートル[1]土木構造物として世界一長い地下トンネル[要出典]である(cf. 世界一の一覧#橋・トンネルなど)。

ニューヨーク市への水道水供給の40パーセント以上を担う。

歴史[編集]

建設は1907年に始まり、導水路は1916年に完成した。3つのダムと67のシャフトを含むキャッツキル水道システム全体は1924年に完成した[2]。この水道システム全体の総工費は$1億7700万であった[3]。32マイル (51 km)の区間は技術者のFrank E. Winsorが建設を監督した。

仕様[編集]

導水路の全長は163マイル (262 km)で、55マイル (89 km)の開削導水路、28マイル (45 km)以上のgrade tunnel、35マイル (56 km)の圧力トンネル (pressure tunne)、6マイル (9.7 km)の鉄のサイフォン、そして39マイル (63 km)のコンジットで構成されている。67のシャフトは174フィート (53 m)から1,187フィート (362 m)まで用途に応じて深さを変えることができる[4]。水は重力によってこの導水路を約4feet per second (1.2 m/s)の速さで流れる[5]

給水能力は、ケンシコ貯水池 (en) より北の区間では1日あたり約550米ガロン (2.1 m3)、さらに南のヒルビュー貯水池 (en) までの区間は1日あたり880米ガロン (3.3 m3)[6]である。平均では1日あたり約350–400米ガロン (1.5 m3)の水を運んでいる。

地理[編集]

キャッツキルアケダクトは、ニューヨーク市から約92マイル (148 km) 北にあるアルスター郡アショカン貯水池 (en) を起点に南東へ流れ、アルスター郡、オレンジ郡、そしてパットナム郡を通過する。アショカン貯水池には、スカハリー貯水池 (en) からもシャンデークン・トンネル (en) を16マイル (26 km)およびエソプス川 (en) を11マイル (18 km) 通って水が流れ込んでいる[7]。そしてウエストチェスター郡に入り、ケンシコ貯水池 (en) へ流れ入る。この貯水池にはデラウェアアケダクト (en) からも水が流れ込んでいる。さらにこの貯水池から流れ出て、ヒルビュー貯水池 (en) まで流れ込む。この貯水池からCity Tunnel 1および2を通って、ニューヨーク市に水道水を供給する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度50分55秒 西経74度8分14秒 / 北緯41.84861度 西経74.13722度 / 41.84861; -74.13722