キャス・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cass Elliot
キャス・エリオット
Cass Elliot Johnny Cash 1969.JPG
1969年ジョニー・キャッシュ(向かって右)と。
基本情報
出生名 エレン・ナオミ・コーエン
Ellen Naomi Cohen
出生 1941年9月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア
死没 1974年7月29日(満32歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ポップ・ミュージックフォークロック
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1963年 - 74年
共同作業者 ママス&パパス
公式サイト casselliot.com

キャス・エリオット Cass Elliot(本名エレン・ナオミ・コーエン Ellen Naomi Cohen1941年9月19日 - 1974年7月29日)は、アメリカ合衆国歌手。特にポップ・カルテット、ママス&パパスママ・キャス Mama Cassとして記憶されている。彼女はグループが解散した後もソロ歌手として成功し、9枚のアルバムをリリースした。ロンドン・パラディアム劇場での満員となった2回の公演の後、ロンドンの自室で心筋梗塞により死亡しているエリオットが発見された。

前半生[編集]

エレン・コーエンはメリーランド州ボルチモアで生まれ育ち、ワシントンD.C.郊外のバージニア州アレクサンドリアのハイスクール時代に「キャス」と名乗り始めた。ママス&パパスのデニー・ドハーティによれば、これはおそらく女優のペギー・キャス (Peggy Cass) に由来している。その後、彼女は亡くなった友人を悼み、エリオットという姓を用いるようになった。

エリオットはまだ学生の時に、ミュージカル『ザ・ボーイフレンド (The Boy Friend) 』で初舞台を踏んだ。卒業直前にジョージ・ワシントン高校を中退し、ニューヨークで『恋するミュージック・マン (The Music Man) 』に出演したが、1962年バーブラ・ストライサンドが演じた『あなたには卸値で (I Can Get It for You Wholesale) 』のミス・マーメルスタイン役は逃した。

エリオットはグリニッジ・ヴィレッジの「ショープレイス」のクローク係として働きながら時折歌っていたが、本格的に歌手としてのキャリアを追求し始めたのは、アメリカン大学に通うためにワシントンD.C.に戻ってからである。アメリカのフォークミュージックシーンが盛り上がりを見せる中で、エリオットはバンジョー奏者で歌手のティム・ローズと歌手のジョン・ブラウンに出会い、3人は「トライアムヴィリート」として活動を始めた。1963年、ジェームズ・ヘンドリックス(ジミ・ヘンドリックスではない)がブラウンの代わりに加入し、トリオは「ビッグ・スリー」と名前を変えた。エリオットの「ビッグ・スリー」としての初のレコーディング、「Winkin', Blinkin' and Nod 」は、1963年にFMレコーズよりリリースされた。

1964年にティム・ローズがビッグスリーを去り、エリオットとヘンドリックスはカナダ人のザル・ヤノフスキーとデニー・ドハーティと組んで「マグワンプス」を結成した。このグループは8ヶ月続き、その後はキャスはしばらくソロで活動した。ヤノフスキーはジョン・セバスチャンと組んで「ラヴィン・スプーンフル」を結成し、ドハーティはジョン・フィリップスと彼の妻ミシェルのいる「ニュージャーニーメン」に参加した。1965年、ドハーティはキャスをグループに加入させるべきだとフィリップスを説き伏せた。彼らがヴァージン諸島で休暇を過ごす間に、彼女は正式に加入した。

エリオットに関する有名な伝説は、彼女がヴァージン諸島でグループに加わる少し前に銅管で頭を打ったことで彼女の音域が3音近く広がったというものである。エリオット自身が、この話を認めている。ローリング・ストーン誌による1968年のインタビューにおいて彼女曰く、

それは真実です。私は落ちてきたパイプに頭を直撃され、私の音域は3音近く拡大しました。彼らは島でこのクラブを解体して、ダンスフロアに改造していました。職人が細い金属製のパイプを落とし、それが私の頭にぶつかり、私を地面に叩き伏せました。私は脳震盪を起こしていて病院に行きました。私は2週間程ひどい頭痛に悩まされ、唐突に以前より高く歌えるようになっていました。これは神に誓って真実です[1]

しかしエリオットをよく知る人々によれば、これは真実では無い。エリオットは昔から傑出した歌声の持ち主であった。彼女の友人は「パイプの物語」がジョンが長い間彼女をグループに受け入れなかった理由を、より差別的でない表現で説明するために使われたのだと語った。なぜなら彼女がすぐに受け入れられなかった本当の理由は、ジョンが彼女をあまりに太り過ぎていると考えていたからだった[2]

ママス&パパス[編集]

ニュージャーニーメンが2人の女性メンバーを擁した時点で、新しい名前が必要となった。ドハーティによるとエリオットがバンドの新しい名前についてインスピレーションを得た。ドハーティは自身のウェブサイトに書いている。

我々は全員がのんびりとくつろいで、テレビを見ながらグループの名前を議論していました。ニュージャーニーメンは、我々が固執する名前ではありませんでした。ジョンは「マジック・サークル」を推していました。しかし誰も、もっと良い名前を提案できないでいました。我々はチャンネルを変えて、そして、おや、ヘルズ・エンジェルスがトーク番組に…そして最初に聞いたものが、「えーと、まあ待ってくれホス。一部の人々は我々の女たちを俗悪だと言うが、我々は彼女たちを我々のママスと呼ぶ。」キャスは跳び上がりました「イェー! 私はママになりたい。」そして、ミシェルが続きました。「私たちは、ママスよ! 私たちは、ママスよ!」オーケー。私は、ジョンを見ました。彼は私を見て続けました「パパス?」問題は解決されました。乾杯! ママス&パパスに。そして何度も何度も祝杯をあげた後、キャスとジョンは酔いつぶれました[3]

ドハーティはこの機会が彼とミシェルの不倫関係の始まりを運命づけたと言い続けた。エリオットはドハーティを愛していたので、彼が不倫関係ついて話した事が気に入らなかった。ドハーティはキャスがかつて彼にプロポーズしたと言ったが、彼はその時にひどく酔っていたので、返事をすることすらできなかった。

ユーモアのセンスと楽観主義で知られたエリオットをグループ内で最もカリスマ性のあるメンバーだと考える人は多かった。彼女の暖かく独特な声は、彼らの成功における大きな要因であった。彼女はグループのビルボードヒット「夢のカリフォルニア 」、「マンデー・マンデー 」、「愛の言葉 」におけるボーカルによって、そして特に「私の小さな夢 」における独唱によって人々の記憶に刻み込まれている。「私の小さな夢 」は、共同作曲者の1人であったファビアン・アンドレ (Fabian Andre) の死を知った後の1968年にレコーディングされた。ミッシェル・フィリップスはその数年前に彼に会っていた。「私の小さな夢 」は1931年ナイトクラブ用のダンス曲として書かれた歌で、ナット・キング・コールなどのエリオット以前のレコーディングがアップテンポであったのに対し、彼女のバージョンはバラードであったのが顕著な違いであった。

彼らは契約が切れる1971年リリースの最後のアルバムまでレコーディングを続けた。

ソロ活動[編集]

ママス&パパス解散の後、エリオットはソロ歌手としても成功した。彼女の最もヒットした曲は、1968年にダンヒル・レコーズよりリリースされた、同名のソロアルバムからのシングルカット曲「私の小さな夢 」である。これは元々は同年にレコーディングされ発売されていた、ママス&パパスのアルバム『The Papas & The Mamas 』の収録曲である。エリオットは週40,000ドルという破格のギャラでラスベガスシーザーズ・パレスで短期間ショーの主役を演じたが、彼女の公演は高い評価は得られなかった。

1970年代、エリオットは『ジュリー・アンドリュース・アワー』、『マイク・ダグラス・ショー』、『アンディ・ウィリアムス・ショー』、『ハリウッド・スクエアーズ』、『キャロル・バーネット・ショー』などのテレビのトーク番組やバラエティー番組の常連であった。彼女は『ザ・トゥナイト・ショー』でジョニー・カーソンのためにゲスト司会者を務め、その他にも同番組に13回出演した。またエリオットは1973年後半、ゲーム番組『Match Game'73』にゲスト解答者として出演し、1973年のテレビスペシャル、ミュージック・コメディ・ウェスタンの『Saga of Sonora 』で当時のスター、ジル・セント・ジョンヴィンス・エドワーズ、ゼロ・モステル、レスリー・アン・ウォーレンたちと共演した[4]。 またハーディーズ・ファーストフードのラジオ広告のために「Hurry on down to Hardee's, where the burgers are charco-broiled(バーガーが炭火で焼かれているハーディーズに急ごう)」というコマーシャルソングを歌った。

1970年代前半を通じて、エリオットは女優としてもキャリアを重ねていった。1970年にはテレビシリーズ『怪獣島 (H.R. Pufnstuf) 』の映画版『怪獣島の大冒険 (Pufnstuf) 』に出演し[5]、『スクービー・ドゥー[6]、『ヤング・ドクター・キルデア[7]、『ラブ、アメリカンスタイル[8]、『レッド・スケルトン・ショー[9]など多くのテレビにゲストスターとして出演した。

家族と死去[編集]

エリオットは2回結婚している。初婚の相手はバンド仲間のジェームズ・ヘンドリックスで、1963年に結婚した。この結婚はベトナム戦争の間、彼が兵役を避けるための偽装結婚だったと言われ[10]、初夜を迎える事なく1968年に無効となった。1971年にはジャーナリストのロナルド・フォン・ヴィーデンマン男爵と結婚した[11]。 フォン・ヴィーデンマンはドイツバイエルン州の男爵家の継承者だった。この結婚は数ヶ月で破局し離婚に到った。

エリオットは1967年4月26日にオーエン・ヴァネッサ・エリオットという女の子を出産した。エリオットは娘の父親を決して明かさなかったが、長年を経た後、ミシェル・フィリップスがオーエンの実父を突き止める手助けをした。オーエンは母親同様に歌手になり、元ザ・ビーチ・ボーイズアル・ジャーディンとツアーを行なった[12]

1974年、エリオットはソロ活動の絶頂期に、ロンドン・パラディアム劇場で満席となった2度のコンサートを開いた。彼女は最後のコンサートの後、ミシェル・フィリップスに電話をかけ、各夜ともスタンディングオベーションを受けたことを元気よく語った。彼女はその後床に付き、そして睡眠中の心筋梗塞で死去した[13][14]

エリオットがハムサンドを喉に詰まらせて死んだという都市伝説が生まれた。彼女の遺体が発見された直後の警察の発表では、彼女の部屋で食べかけのサンドイッチが発見され、これを食べている時に窒息した可能性が語られている。検死官による検死の結果、気管に食物は発見されず、死因は心筋梗塞であり、睡眠中の死であったと断定された。しかし、その時には既にもっともらしい噂が広まっており、本当の死因が話題になることは殆ど無かった。エリオットは奇しくも4年後にザ・フーのドラマー、キース・ムーンが他界することとなる、同じメイフェア・カーズン街9の12号フラットで息を引き取った[15]

エリオットの死後、妹のリア・カンケル(名セッションドラマーのラス・カンケル (Russ Kunkel) と結婚してカンケル姓となった)が、7歳になったばかりの娘、オーエンを引き取った。カンケルもまた歌手であり、レネー・アーマンド、マーティ・グウィン・タウンゼントと組んだトリオ、コヨーテ・シスターズ (Coyote Sisters) のメンバーとして、1984年に「Straight From The Heart (Into Your Life)」というシングルをヒットチャート入りさせている。カンケルは1997年にVH1のドキュメンタリーシリーズ『Behind The Music 』が「ママス&パパス」を特集した回でインタビューを受け、有名な姉について語っている。

賛辞・風刺・大衆文化における言及[編集]

エリオットの死後、一般にママ・キャス、特に彼女の死を取り巻く状況はフランク・ザッパアダム・サンドラーデニス・リアリーマイク・マイヤーズ(最初の『オースティン・パワーズ』の映画において)、TISMジャック・ブラックアル・ヤンコビックロビン・ウィリアムズFoetusなどにより映画、楽曲において恰好のジョークネタにされた。

一方で死後から年を経る毎に、エリオットへの尊敬の念を表す人々も増えていった。

  • スウェーデンのアーティスト、マリ・バーグマン (Marit Bergman) の歌「Mama, I Remember You Now」はママ・キャスへの讃歌である[16]
  • 2004年、ダブリンでエリオットを題材とする『The Songs of Mama Cass 』という舞台がクリスティン・カペリ (Kristin Kapelli) をメインボーカルに据えて上演された[17]
  • クロスビー、スティルス&ナッシュが2005年にリリースしたグレイテストヒッツ・アルバムはキャス・エリオットに捧げられた。
  • 1996年のイギリス映画『Beautiful Thing』にはエリオットの曲が重用されており、彼女の思い出が1人の登場人物の人生に深く関わっている。
  • エリオットの曲「Make Your Own Kind of Music」がテレビシリーズ『LOST』のシーズン2・3の数話で印象的に使われている。またシーズン4では「It's Getting Better」が使用された。

ソロ・ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

  • 1968年: 「私の小さな夢 (Dream a Little Dream of Me)」 (Mama Cass with the Mamas & the Papas)
  • 1968年: 「カリフォルニア・アースクエイク (California Earthquake)」
  • 1969年: 「Move in a Little Closer, Baby」
  • 1969年: 「It's Getting Better」
  • 1969年: 「Make Your Own Kind of Music
  • 1970年: 「New World Coming」
  • 1970年: 「A Song That Never Comes」
  • 1970年: 「The Good Times Are Coming」
  • 1970年: 「Don't Let the Good Life Pass You By」
  • 1973年: 「Break another heart」

脚注[編集]

  1. ^ 「ローリング・ストーン」誌、1968年10月26日、20号。公式サイトにおける紹介(英語)
  2. ^ "Pipe Dream" Snopes.com debunking of pipe story(英語)
  3. ^ "Dream A Little Dream" performance transcript from Denny Doherty's website, DennyDoherty.com(英語)
  4. ^ Saga of Sonora, IMDb(英語)
  5. ^ Pufnstuf, IMDb(英語)
  6. ^ "The New Scooby-Doo Movies" The Haunted Candy Factory, IMDb(英語)
  7. ^ "Young Dr. Kildare", IMDb(英語)
  8. ^ "Love, American Style" Love and the Girlish Groom/Love and the New You/Love and the Oldlyweds/Love and the Wishing Star, IMDb(英語)
  9. ^ "The Red Skelton Show" Instant Marriage Mill, IMDb(英語)
  10. ^ Cass Elliott dies at age 32(英語)
  11. ^ July 12, 1971 Time Magazine announcement of Elliot's marriage to von Wiedenman(英語)
  12. ^ Beach Boys FAQ(英語)
  13. ^ “Cass Elliot, Pop Singer, Dies; Star of the Mamas and Papas” (英語). The New York Times. (1974年7月30日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10613FD3F5B1A7493C2AA178CD85F408785F9&scp=1&sq=Cass%20Elliot&st=cse 2008年10月1日閲覧。 
  14. ^ “Cass Elliot's Death Linked to Heart Attack” (英語) (paid archive). The New York Times. (1974年8月6日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F70E11F93E5E1A7493C4A91783D85F408785F9&scp=4&sq=Cass%20Elliot&st=cse 2008年10月1日閲覧。 
  15. ^ Wilkes, R. (2001) "Inside story: 9 Curzon Place", The Telegraph(英語)
  16. ^ http://www.maritbergman.net/?page_id=2
  17. ^ “Pop: Kristin Kapelli” (英語). The Sunday Times (London). (2004年1月11日). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/article990330.ece 2007年10月30日閲覧。 

外部リンク[編集]