キャスリーン・ロンズデール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャスリーン・ロンズデール (Kathleen Lonsdale)
Kathleen Yardley Lonsdale (1903-1971).jpg
1968年のロンズデール
生誕 1903年1月28日
イギリスの旗 イギリスアイルランドキルデア州ニューブリッジ
死没 1971年4月1日 (68歳)
イギリスの旗 イギリスイングランドロンドン
研究分野 結晶学
研究機関 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
王立研究所英語版
リーズ大学
出身校 ベドフォード・カレッジ英語版
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
博士課程
指導教員
ヘンリー・ブラッグ
主な業績 X線回折
主な受賞歴 デービーメダル (1957)
プロジェクト:人物伝

デイムキャスリーン・ロンズデール(Dame Kathleen Lonsdale、旧姓ヤードレー(Yardley)、1903年1月28日 - 1971年4月1日)は、アイルランド生まれの女性結晶学者。大英帝国勲章デイム・コマンダー勲爵士(DBE)、王立協会フェロー(FRS)。

1929年にX線中性子散乱法ベンゼンの構造を確認し、1931年にフーリエ・スペクトラル法ヘキサクロロベンゼンの構造を確認した。女性科学者として最初に王立協会の会員に選ばれ、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの最初の女性の教授(tenured professor)となり、国際結晶学連合英語版の会長、イギリス科学振興協会英語版の会長を務めた。

生涯[編集]

アイルランド(当時は全土が連合王国に属した)のキルデア州ニューブリッジ英語版に生まれた。5歳の時に家族とイングランドに移った。1922年ベドフォード・カレッジを卒業し、1924年にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで修士号をとり、王立研究所のウィリアム・ヘンリー・ブラッグの結晶学研究チームに加わった。

1927年にトーマス・ジャクソン・ロンズデールと結婚し、3人の子供の母親となり、1934年まで育児に専念した。1934年に王立研究所の仕事に戻り、1936年に博士号を得た。

X線による結晶の構造解析の先駆者でダイヤモンドの分析も行った。1945年に王立協会の会員に選ばれ[1]、1949年にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの化学の教授となり1968年までその職にあった。1956年に大英帝国勲章デイム・コマンダーを受勲し[2]、1957年デービーメダルを受賞した[1]。1966年に国際結晶学連合の会長、1967年にイギリス科学振興協会の会長に就任した。

ロンズデールの名前から、六方晶のダイヤモンドがロンズデーライト(Lonsdaleite)と命名された。

主要著作[編集]

  • "The Structure of the Benzene Ring in Hexamethylbenzene," Proceedings of the Royal Society 123A: 494 (1929).
  • "An X-Ray Analysis of the Structure of Hexachlorobenzene, Using the Fourier Method," Proceedings of the Royal Society 133A: 536 (1931).
  • Simplified Structure Factor and Electron Density Formulae for the 230 Space Groups of Mathematical Crystallography, G. Bell & Sons, London, 1936.
  • "Diamonds, Natural and Artificial," Nature 153: 669 (1944).
  • "Divergent Beam X-ray Photography of Crystals," Philosophical Transactions of the Royal Society 240A: 219 (1947).
  • Crystals and X-Rays, G. Bell & Sons, London, 1948.
  • Removing the Causes of War, 1953.

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Lonsdale; Dame; Kathleen Yardley (1903 - 1971)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年4月28日閲覧。
  2. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 40669. p. 10. 1955年12月30日2012年4月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • The Life and Work of Dame Kathleen Lonsdale, by Peter E. Childs (リムリック大学).[1]
  • Dorothy M. C. Hodgkin: Kathleen Lonsdale Biogr. Mems Fell. R. Soc. 1975 21, 447-484. [2] (ノーベル賞を受賞した結晶学者、ドロシー・ホジキンによるロンズデールの伝記)

外部リンク[編集]