キャスリーン・フェリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャスリーン・フェリア
Kathleen Ferrier
Kathleen Ferrier.jpg
基本情報
生誕 (1912-04-22) 1912年4月22日
イングランドの旗 イングランドランカシャー州プレストン
死没 (1953-10-08) 1953年10月8日(41歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル クラシック
職業 オペラ歌手
担当楽器 コントラルト

キャスリーン・フェリアKathleen Ferrier, 1912年4月22日 - 1953年10月8日)は、イギリスランカシャー州プレストン生まれのコントラルト歌手

生涯[編集]

フェリアは家庭が貧しかったため、14歳で学校を終えるとブラックバーンで電話交換手の職に就いた。1935年に銀行の管理者バート・ウィルスンと結婚し、カーライルに転居した。フェリアは正式な音楽教育を受けてはいなかったものの、歌とピアノが得意で、地元のコンクールで受賞経験もあった。夫がカーライルの音楽祭ではフェリアが入賞できないほうに賭けるといったため、彼女はコンクールに出て歌唱とピアノの両方で優勝した。フェリア自身はピアノのほうで合格すると思っていた。この一件によってフェリアの歌の才能が公衆の関心を呼び、彼女が音楽でキャリアを積むことを決意する重要な要因となったといえる。しかし結婚は成功とはいえず、12年後離婚に至った。

やがて当時有名な声楽教師であったバリトン歌手ロイ・ヘンダーソン英語版について学んだ。

ブリテンはフェリアの才能を認め、『ルクレティアの凌辱英語版』のルクレティア、ピーター・ピアーズとフェリアのために書いた『アブラハムとイサク』、『春の交響曲』(1949年)など、彼女のために多くのパートを作曲した。フェリアはワルターバルビローリマルコム・サージェントクレメンス・クラウスカラヤンベイヌムなど多くの著名な指揮者、そして特にブリテンの指揮のもとで歌った。また、フェリアはイソベル・ベイリーやピーター・ピアーズなどの著名な歌手と共演した。

フェリアの最後の出演は1953年コヴェント・ガーデンロイヤル・オペラ・ハウスで行われたグルックの『オルフェオとエウリディーチェ』でオルフェウスを歌ったものであった。1947年グラインドボーン音楽祭ですでにこの役を演じていたが、ロイヤル・オペラ・ハウスでの上演は英語で行われた。フェリアはこのとき2回の公演に出演しただけであった。

1953年10月8日、乳癌のため、ロンドン大学病院(University College Hospital)で41年の短い生涯を閉じた。

レコーディング[編集]

フェリアの演奏で特に有名な作品は次のようなものがある。

フェリアはこれらの作品のいくつか、例えば『マタイ受難曲』、バッハやヘンデルのアリア、グルックの『オルフェオ』などでは原語および当時の英国の習慣に従って英語で歌っている。

フェリアはその短い演奏家人生のうちで多くのレコードを残したが、いくつかの演奏は記録されなかった、あるいは記録が破壊されたものもある。たとえばエルガーの『ゲロンティアスの夢』やヘンデルの『メサイア』などはそうである。

録音[編集]

外部リンク[編集]