キャサリン・M・ヴァレンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャサリン・M・ヴァレンテ
Catherynne M. Valente
誕生 1979年5月5日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
職業 小説家詩人文芸評論
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 カリフォルニア大学サンディエゴ校エディンバラ大学
ジャンル ポストモダン, ファンタジー
主な受賞歴 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞 (2006), ミソピーイク賞 (2008), ローカス賞 (2012年)
公式サイト http://www.catherynnemvalente.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

キャサリン・M・ヴァレンテCatherynne M. Valente, 1979年5月5日 - )は、アメリカ小説家である。

略歴[編集]

1979年、アメリカワシントン州シアトルに生まれた。

カリフォルニア大学サンディエゴ校エジンバラ大学で古典文学を学んだ。

2006年にジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞、2008年にミソピーイク賞、2012年ローカス賞を受賞した。

受賞歴[編集]

  • ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞(2006年)(The Orphan's Tales: In the Night Garden(『孤児の物語』)に対して)
  • ミソピーイク賞一般文芸部門 (2008年) (The Orphan's Talesに対して)
  • ローカス賞ノヴェラ部門 (2012年) (Silently and Very Fastに対して)

主な作品[編集]

小説[編集]

The Orphan's Tales シリーズ

en:The Orphan's Tales: In the Night Garden (vol. 1)(『孤児の物語』) (2006)

  • Book of the Steppe
  • Book of the Sea

en:The Orphan's Tales: In the Cities of Coin and Spice (vol. 2) (2007)

  • Book of the Storm
  • Book of the Scald
A Dirge for Prester John シリーズ (en:Night Shade Books)
Fairyland シリーズ (マクミラン出版社)

[編集]

  • Music of a Proto-Suicide (2004)
  • Apocrypha (2005)
  • Oracles: A Pilgrimage (2006)
  • The Descent of Inanna (2006)
  • A Guide to Folktales in Fragile Dialects (2008)

短編小説[編集]

  • "The Oracle Alone" (2004)
  • "Ghosts of Gunkanjima" (2005)
  • "The Maiden-Tree" (2005)
  • "Bones Like Black Sugar" (2005)
  • "Psalm of the Second Body" ' (2005)
  • "Ascent Is Not Allowed" (2005)
  • "Thread: A Triptych" (2006)
  • "Urchins, While Swimming" (2006)
  • "Milk and Apples" (2006)
  • "Temnaya and the House of Books" (2006)
  • "A Grey and Soundless Tide" (2006)
  • "A Dirge For Prester John" (2007)
  • "The Ballad of the Sinister Mr. Mouth" (2007)
  • "La Serenissima" (2007)
  • "The Proslogium of the Great Lakes" (2007)
  • "A Buyer's Guide to Maps of Antarctica" (2008)
  • "Tales of Beaty and Strangeness: City of Blind Delights" (2008)
  • "The Hanged Man" (2008)
  • "An Anthology of Urban Fantasy: Palimpsest" (2008)
  • "The Harpooner at the Bottom of the World" (2008)
  • "Golubash, or, Wine-War-Blood-Elegy" (2009)
  • "The Secret History of Mirrors" ' (2009)
  • "A Book of Villainous Tales:A Delicate Architecture" (2009)
  • "The Radiant Car Thy Sparrows Drew" (2009)
  • "The Anachronist's Cookbook" ' (2009)
  • "A Between Books Anthology:Proverbs of Hell" (2010)
  • "The Days of Flaming Motorcycles" (2010)
  • "Secretario" (2010)
  • "Thirteen Ways of Looking at Space/Time" (2010)
  • "How to Become a Mars Overlord" (2010)
  • "15 Panels Depicting the Sadness of the Baku and the Jotai" (2010)
  • "In the Future When All's Well" (2011)
  • "A Voice Like a Hole" (2011)
  • "The Wolves of Brooklyn" (2011)
  • "The Girl Who Ruled Fairyland—For a Little While" (2011)
  • "White Lines on a Green Field" (2011)

日本語訳された作品[編集]

  • 『孤児の物語』<1>夜の庭園にて 海外文学セレクション、井辻朱美訳、東京創元社、2013年
  • 『孤児の物語』<2>硬貨と香料の都にて 海外文学セレクション、井辻朱美訳、東京創元社、2013年
  • 『宝石の筏で妖精国を旅した少女』ハヤカワ文庫、水越真麻訳、早川書房、2013年
  • 『影の妖精国で宴をひらいた少女』ハヤカワ文庫、水越真麻訳、早川書房、2014年