キャサリン・ウォーターストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャサリン・ウォーターストン
Katherine Waterston
Katherine Waterston
生年月日 (1980-03-03) 1980年3月3日(37歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドンウェストミンスター
身長 182cm
職業 女優
著名な家族 サム・ウォーターストン(父)
エリザベス・ウォーターストン(姉妹)
ジェームズ・ウォーターストン(兄)
主な作品
インヒアレント・ヴァイス
スティーブ・ジョブズ
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
エイリアン: コヴェナント

キャサリン・ウォーターストンKatherine Waterston1980年3月3日 - )は、アメリカ合衆国女優

生い立ち[編集]

英国のロンドンウェストミンスター出身。父親は1974年公開の映画『華麗なるギャツビー』でニック・キャラウェイ役を演じた名優サム・ウォーターストンで、異母兄ジェームズ・ウォーターストンと実姉エリザベス・ウォーターストンも俳優。

キャリア[編集]

キャサリン・ウォーターストンは、アメリカのニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツで演技を学んだ後、2004年のテレビ映画『Americana』でデビューし、2006年にブライス・ダラス・ハワードが初監督を務めた短編映画『Orchids』に出演。

そして、ジョージ・クルーニー主演の2007年の映画『フィクサー』で長編映画デビューを果たした。

2014年、ポール・トーマス・アンダーソン監督作『インヒアレント・ヴァイス』で、ホアキン・フェニックス演じる主人公の元恋人役に抜擢され、一躍注目を浴びるようになり、その後、2015年のダニー・ボイル監督作『スティーブ・ジョブズ』ではApple社の創業者スティーブ・ジョブズの最初の恋人クリスアン・ブレナン役に、2016年の『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ではヒロインの魔法使いポーペンティナ役にそれぞれ大抜擢されるなど、大作への出演が続いている。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考
2004 Americana テレビ映画
2005 Untitled Bruckheimer/McCall Project テレビ映画
2006 Orchids Beatrice 短編映画
2007 フィクサー
Michael Clayton
Third Year
援助交際ハイスクール
The Babysitters
シャーリー
2008 Good Dick Katherine
2009 ウッドストックがやってくる!
Taking Woodstock
ペニー
2011 Eat Claire
Almost in Love Lulu
トランス・ワールド
Enter Nowhere
サマンサ
2012 素敵な相棒 〜フランクじいさんとロボットヘルパー〜
Robot & Frank
店員
ロバート・デ・ニーロ エグザイル
Being Flynn
サラ
パラノイド・シンドローム
The Letter
ジュリー
Ástarsaga Solange 短編映画
コレクター
The Factory
ローレン
2013 ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画
Night Moves
アン
ラブストーリーズ エリナーの愛情
The Disappearance of Eleanor Rigby: Her
チャーリー
2014 Glass Chin Patricia Petals O'Neal
Are You Joking? Lisa
インヒアレント・ヴァイス
Inherent Vice
シャスタ・フェイ・ヘップワース
2015 Sleeping with Other People Emma 短編映画
Queen of Earth Virginia
Outlaws The Trapeze Artist 短編映画
Manhattan Romance Carla
スティーブ・ジョブズ
Steve Jobs
クリスアン・ブレナン
2016 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
Fantastic Beasts and Where to Find Them
ティナ・ゴールドスタイン
2017 Fluidic Tell
エイリアン: コヴェナント
Alien: Covenant
ダニエルズ

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役名 備考
2012-2013 ボードウォーク・エンパイア 欲望の街
Boardwalk Empire
エマ・ハロー 計4話出演

脚注[編集]

外部リンク[編集]