キャサリン・ウォーターストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャサリン・ウォーターストン
Katherine Waterston
Katherine Waterston
インディペンデント・スピリット賞
授賞式参加時(2015年)
本名 Katherine Boyer Waterston
生年月日 (1980-03-03) 1980年3月3日(40歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドンウェストミンスター
国籍 アメリカ合衆国、イギリス[1]
身長 182cm[2]
職業 女優
活動期間 2000 - 現在
著名な家族 サム・ウォーターストン(父)
ジェームズ・ウォーターストン(兄)
事務所 Silver Lining Entertainment[3]、UTA[4]
主な作品
インヒアレント・ヴァイス
スティーブ・ジョブズ
ファンタスティック・ビースト』シリーズ
エイリアン: コヴェナント
テンプレートを表示

キャサリン・ウォーターストンKatherine Boyer Waterston1980年3月3日 - )は、アメリカ合衆国女優。ファッションアイコン[5]。『インヒアレント・ヴァイス』のシャスタ役、『ファンタスティック・ビースト』シリーズのティナ・ゴールドスタイン役、『エイリアン: コヴェナント』のダニエルズ役などで有名。

生い立ち[編集]

出生地はロンドンウェストミンスターにあるチェルシー・アンド・ウェストミンスター病院だが、これは両親が仕事でロンドンに滞在しているあいだに生まれたためである[6]。出生後はアメリカ合衆国へ戻り[注釈 1]コネチカット州北西部にある小さな町で育った[7]

父親はアメリカ合衆国の俳優サム・ウォーターストン(Sam Waterston、1940年11月15日 - )。母親は1970年代に雑誌『Vogue』のファッションモデルとして活躍したリン・ルイーザ・ウッドラフ(Lynn Louisa Woodruff、現姓ウォーターストン、生年不明 - )。両親ともに背が高く、ウォーターストン本人も高校時代にはすでに身長180cmを超えていた[6]。現在も長身の女優として知られるが、身長の記載にはゆらぎがあり[注釈 2]、海外では主として5フィート11.5インチ(約182cm)[2]、日本などでは180cm[5]とされる。

姉のエリザベス・ウォーターストン(Elisabeth Waterston、1977年3月30日 - )は女優および画家[7]として、弟のグレアム・ウォーターストン(Graham Waterston、1983年4月29日 - )は映画監督として、異母兄のジェームズ・ウォーターストンJames Waterston、1969年1月17日 - )は俳優として、ぞれぞれ活躍している。くわえて、近しい親戚に言語学者、教師、画家、作家(詩人)がいることが知られており[9][10]、学術・芸術家肌の家筋といえる。ウォーターストンも、幼少期から父サムとともに撮影現場や劇場の舞台裏に出入りし、演技の世界に親しみながら育つ一方、俳優の道を選ぶ以前には、陶芸、絵画、写真などにも取り組み[11]、とくに10代の頃は写真家を目指す気持ちも強かったという[12]

1998年、アメリカ合衆国コネチカット州にある寄宿制の有名進学校ルーミス・チャフィー・スクール英語版を卒業[13]。その後、ニューヨーク大学芸術学部(New York University Tisch School of the Arts)ドラマ学科(Department of Drama)で演技を専攻し[注釈 3]、2002年に学士(BFA)を取得した[14]。大学卒業後は6ヶ月にわたりロンドンの王立演劇学校で学び[6]、さらにニューヨークのステラ・アドラー演劇学校英語版の卒業者名簿にも名前がある[15]

2014年、『インヒアレント・ヴァイス』のキャスティング・ディレクターは、演技に関する専門的な知識を有し、多くの経験を積んでいることから、ウォーターストンを「演劇の専門家(theater maven)」と称している[16]


キャリア[編集]

概要[編集]

  • 舞台・映画への出演に加えて、テレビ関係の仕事やリーディング公演、広告モデルなど多彩な活動経験を持つ。
  • キャリア開始後しばらくはうまく仕事を得られなかったと話しており[17]、ブレイクまでに10年以上の時間を経ている[18]

テレビ関係[編集]

2000年代前半には複数のテレビドラマ・テレビ映画へ出演していた。本人のインタビューによると、プロとしての最初の仕事はNBCのテレビドラマ「Deadline」シリーズ、あるいはバーリントン・コート・ファクトリー英語版のコマーシャルへの出演だったという[19]

映画[編集]

2006年、大学時代の友人[20]ブライス・ダラス・ハワードによるショートフィルム『Orchids』に出演し、映画デビューを果たした。同作品は『Glamour』誌による短編映画プロジェクト「リール・モーメント(Reel Moments)」シリーズ[21]として、2007年のパームスプリングス国際短編映画祭で上映された[22]

2007年8月、第64回ヴェネツィア国際映画祭で公開された『フィクサー』で長編映画デビュー。同2007年9月の第32回トロント国際映画祭で公開された『援助交際ハイスクール(The Babysitters)』では主役を演じている。

その後もインディーズ作品やショートフィルムを中心に多数の作品へ出演を続け、2014年に『インヒアレント・ヴァイス』でシャスタ・フェイ・ヘップワース役を演じてブレイク。助演女優として複数の賞にノミネートされ、一躍有名となるが[23]、キャリア開始から長い時間を経ていたため、本人はこの飛躍がなければ俳優としての生き方を断念する心づもりもあったと話している[18]

近年は、2016年からの「ファンタスティック・ビースト」シリーズや2017年の『エイリアン: コヴェナント』など世界規模のフランチャイズ作品に続けて参加する一方、2018年の『Mid90s』や『夫の秘密/ポイズン:あるスキャンダルの秘密(State Like Sleep)』などのインディーズ映画にも複数出演している。

舞台[編集]

2000年代初期からの下積み時代を経て、2007年にニューヨークにあるフリー・シアター(Flea Theater)の舞台『Los Angeles』で主演デビュー[24]。同作品の監督アダム・ラップ(Adam Rapp)は、2006年の『Orchids』を見てウォーターストンを抜擢したという[19]

2010年のコメディ作品『Bachelorette』、2011 - 2012年の『The Cherry Orchard』のリバイバル上演など複数のオフ・ブロードウェイ作品に出演するとともに、演劇関係のワークショップ[25]やイベント[26]にも名前が見られる。

リーディング公演/ナレーション[編集]

2007年、ニューヨークにある劇場アルス・ノヴァ(Ars Nova)で開催された公演会において『The Jesus Year』の読み手を担当した[27]。また、『ラファムズ・クォータリー(Lapham’s Quarterly)』誌が主催するリーディング公演会にパフォーマーとして複数回参加し[28]、2013年には世界的な文学祭であるペン・ワールド・ヴォイス・フェスティバル(PEN World Voices Festival)中の企画で『ジェーン・エア』の朗読を担当した[29]

このほか、オーディオブックのナレーターやビデオゲームのCVにも取り組んでいる。

広告モデル[編集]

2009年、ブルーミングデールズによるファッションイベント「Girls’ Night Out」にモデル兼役者として出演[30]。また、2010年から2014年頃まで、大学時代の友人[31]であるダフネ・ジャヴィッチ(Daphne Javitch)によるランジェリーブランド「TEN」[32]の広告モデルを務めていた[33]

近年では、スコット・スタンバーグ(Scott Sternberg)が設立したオリジナルブランド「Entireworld」[34]のサポーターとして、2018年6月から8月にかけて公開された複数の広告動画に出演した[35]


そのほかの主な活動[編集]

  • 2015年、弟グレアムが監督・脚本を担当し、義兄ルイス・キャンセルミ(Louis Cancelmi)が主演するショートフィルム『And It Was Good』のプロデューサーを務めた[36]
  • 2015年4月、父サムとともに海洋自然保護団体Oceanaのイベント、ニューヨーク・シティ・ガラを主催した[37]
  • 2020年3月、ロックダウン下のロンドンにおいて、非営利のボランティア・プラットフォーム「SpareHand」を設立[38]。ウォーターストン本人もボランティア活動に複数回参加し、Instagramの個人アカウントを通してその活動の様子を伝えるとともに、チャリティーへの呼びかけなども行っている[39]


私生活[編集]

  • 2000年代後半から2010年代前半にかけて、劇作家・舞台監督のアダム・ラップと交際し[6]、同棲・婚約[40][41]していたことが知られる。ラップの監督作のうち、2011年の3部作『The Hallway Trilogy』はウォーターストンに捧げられた作品である[42]
  • 2018年11月に第1子の妊娠を明かし[43]、2019年の早い段階で息子が生まれている[44]。父親については公表されていない。
  • 2020年3月、イギリスで新型コロナウイルスCOVID-19に罹患し、回復した[12]
  • 2020年5月、Instagramの認証済みアカウント運用を開始。個人として情報発信を行う中で、LGBTQの人々へのサポートやブラック・ライヴズ・マターの支持などについて積極的に声明を発している。


エピソード[編集]

  • 父親のサム・ウォーターストンは、NBCの刑事ドラマ『ロー&オーダー』の看板キャラクター、ジャック・マッコイ役を16年にわたり演じたことで知られるが、ウォーターストンは複数回このシリーズのオーディションを受けるも一度も採用されず、出演を果たせなかった[45]。この事実について、著名な父親の威光を笠に着て自身のキャリアを築いてきたわけではないことの裏付けとする一方で、姉、異母兄、義兄など多くの身内が同ドラマに出演できていることを自他ともにたびたびネタにしている[46]
  • 外見について、童顔であるために自身のエージェントからは「ベンジャミン・バトン」と称されている[18]。また、2016年から2017年にかけて髪型がベリーショートだった期間があるが、外出先でたびたび青年(boy)と勘違いされていた[17]


出演[編集]

制作進行中などの理由により未公開・非公開の作品

長編映画[編集]

邦題
原題
役名 関連事項 Ref.
2007 フィクサー
Michael Clayton
"Third Year" [48]
援助交際ハイスクール
The Babysitters
シャーリー [49]
2008
Good Dick
Katherine 日本未公開 [50]
2009 ウッドストックがやってくる!
Taking Woodstock
ペニー [51]
2011
Almost in Love
Lulu 日本未公開 [52]
トランス・ワールド
Enter Nowhere/The Haunting of Black Wood
サマンサ [53]
2012 素敵な相棒: フランクじいさんとロボットヘルパー
Robot & Frank
"店員" [48]
ロバート・デ・ニーロ: エグザイル
Being Flynn
サラ [54]
パラノイド・シンドローム
The Letter
ジュリー [55]
コレクター
The Factory
ローレン [56]
2013 ナイト・スリーパーズ: ダム爆破計画
Night Moves
アン [4]
ラブストーリーズ: エリナーの愛情
The Disappearance of Eleanor Rigby: Her
チャーリー [4]
2014
Glass Chin
Patricia Petals O'Neal 日本未公開 [57]

Are You Joking? /You Must Be Joking
Lisa 日本未公開 [58]
インヒアレント・ヴァイス
Inherent Vice
シャスタ・フェイ・ヘップワース [59]
[60]
2015 愛とセックス
Sleeping with Other People
エマ [61]

Queen of Earth
Virginia 日本未公開 [62]
マンハッタン・ロマンス
Manhattan Romance
カーラ [63][64]
スティーブ・ジョブズ
Steve Jobs
クリスアン・ブレナン [65]
[66]
2016 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
Fantastic Beasts and Where to Find Them
ティナ(ポーペンティナ )・ゴールドスタイン [67]
[68]
2017 エイリアン: コヴェナント
Alien: Covenant
ジャネット・ダニエルズ [69]
[70]
ローガン・ラッキー
Logan Lucky
シルヴィア・ハリソン [71]
エジソンズ・ゲーム
The Current War
マーガリート・ウェスティングハウス [72]
[73]
2018 夫の秘密/ポイズン: あるスキャンダルの秘密
State Like Sleep
キャサリン(ケイト) WOWOW放映(プレミア)時の邦題:『夫の秘密』[74]
DVDタイトル:『ポイズン: あるスキャンダルの秘密』[75]
[76]
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald
ティナ(ポーペンティナ)・ゴールドスタイン [77]
[78]
Mid90s: ミッドナインティーズ
Mid90s
ダブニー

[79][80]

2019
Amundsen
Bess Magids 日本未公開 [81]
2020 The World to Come Abigail 状態:2020年9月の第77回ヴェネツィア国際映画祭でワールドプレミア[82] [83]
2021 Fantastic Beasts 3 ティナ(ポーペンティナ)・ゴールドスタイン 状態:制作進行中、2022年夏[84]に公開予定 [85][86]
未定 Fluidic Tell 状態:ポストプロダクション(2014年から) [87][88]

短編映画[編集]

邦題
原題
役名 関連事項 Ref.
2006
Orchids
Beatrice オンライン公開 [89]
2011
Eat!
Claire オンライン公開 [90]

Without Paul
Aimee オンライン公開 [91]
2012
Ástarsaga("Love Story")
Solange オンライン公開 [92]
2015 Forgive Me Dear "Woman" オンライン公開(※2019年頃に削除) [93][94]

Outlaws
"The Trapeze Artist" オンライン公開 [95][96]
2017 エイリアン: コヴェナント - 最後の晩餐
Alien: Covenant - Prologue: Last Supper
ジャネット・ダニエルズ 2017年2月22日オンライン公開

[97][98]


Alien: Covenant - Crew Messages: Daniels
2017年4月17日オンライン公開 [99]
エイリアン: コヴェナント - 恐怖心測定
Alien: Covenant - Phobos
2017年7月19日オンライン公開 [100]

テレビ映画・ドラマ[編集]

邦題
原題
役名 関連事項 Ref.
2000
Deadline
Palmer NBC製作のテレビドラマ(全13話)
  • 2000年10月2日オンエアの第1話「Pilot」に出演
[101]
2004 Americana/Home and Hardware NBC製作のテレビドラマ(パイロット版 [102]
2005 Untitled Jerry Bruckheimer/Marsh McCall Project CBS製作のコメディ映画(パイロット版 [103][104]
2012

- 2013

ボードウォーク・エンパイア: 欲望の街
Boardwalk Empire
エマ・ハロー HBO製作のテレビラマ(全56話のうち5話に出演)
  • シーズン3 - 第6話「彼女たちの決断(原題: Ging Gang Goolie)」
  • シーズン4 - 第1話「ニュー・ゲーム(New York Sour)」
  • シーズン4 - 第2話「新参者(Resignation)」
  • シーズン4 - 第3話「晴れのち土砂降り(Acres of Diamonds)」
  • シーズン4 - 第12話「グッバイ・ダディ(Farewell Daddy Blues)」
[105]
2020 サード・デイ 〜祝祭の孤島〜
The Third Day
ジェス HBO/Sky製作のミニシリーズドラマ(全6話のうち5話、およびライブイベントに出演)

日本ではスターチャンネルが配信・放映を行う[106]。配信版はAmazon Prime Videoチャンネル‎「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」で2020年11月20日(金)から、放映版はBS10 スターチャンネルで2020年12月19日(土)から、順次公開予定[107]

  • 「夏」パート - 第1話「Friday - The Father
  • 「夏」パート - 第2話「Saturday - The Son
  • 「夏」パート - 第3話「Sunday – The Ghost
  • スペシャル・ライブイベント「Autumn」[2020年10月3日オンライン公開(全編:Part1Part2)、さらに2020年10月15日に編集版がオンライン公開されたが、いずれも日本での配信は未定]
  • 「冬」パート - 第2話「Tuesday - The Daughter
  • 「冬」パート - 第3話「Last Day - The Dark
[108]
未定 Becoming Helen Keller Anne Sullivan PBS製作の伝記映画

状態:制作進行中(2011年頃から[109])

[110]

プロモーションビデオ[編集]

作品名 役柄 関連事項 Ref.
2009 Bloomingdale's Screen Test 本人 Bloomingdales、2009年7月23日オンライン公開 [111]
2015 Katherine Waterston Flaunt Magazine、2015年6月24日オンライン公開 [112][113]
Behind Outlaws Belstaff、2015年9月22日オンライン公開 [114]
2018 Katherine Waterston Entireworld [35]
2018 Katherine Waterston for Contributor No16 Contributor Magazine、2018年11月2日オンライン公開 [115]
2020 A Cover Story with Katherine Waterston The Italian Rêve、2020年9月11日オンライン公開 [44]

舞台[編集]

作品名 役名 関連事項 Ref.
2003 Smashing "Nubile book fan" The Play Company、2003年10月4日 - 2003年10月26日 [116]
2005 Matyr Party Square Theatre、2005年12月5日のみの公演 [117]
2007 Los Angeles Audrey The Flea Theater、2007年2月12日 - 2007年4月14日 [118]
2008 The Metal Children
(Developmental lab production)
Vera Dundee Vineyard Theatre、2008年6月10日 - 2008年6月29日 [119][120]
Kindness Frances Playwrights Horizons、2008年9月25 - 2008年11月2日 [121]
2009 Reborning Kelly Summer Play Festival、2009年7月7日 - 7月12日 [122]
2010 Bachelorette Gena Second Stage Theater、2010年7月12日 - 2010年8月14日 [123]
2011 The Hallway Trilogy - Part1. Rose Rose Hathaway Rattlestick Playwrights Theater、2011年2月24日 - 2011年3月27日 [124]
Dreams of Flying Dreams of Falling Cora Cabot Classic Stage Company、2011年10月3日 - 2011年10月30日 [109][125]
2011

-2012

The Cherry Orchard Anya Classic Stage Company、2011年11月16日 - 2012年1月8日 [126]

リーディング公演・ナレーション・CV[編集]

作品名 担当 関連事項 Ref.
2007 The Jesus Year リーディング [27]
2012 Lysistrata女の平和 リーディング [127]
2013 Jane Eyre(ジェーン・エア ナレーター [29]
2014 Gone with the Wind(風と共に去りぬ ナレーター [128]
2016 Lego Dimensions キャラクターボイス:

Porpentina 'Tina' Goldstein

ビデオゲーム [129]
2017 A Separation: A Novel ナレーター ウォーターストン主演で映画化される可能性が報じられている [130]
2020 An Ordinary Life ナレーター Stories from Tomorrow、2020年7月5日オンライン公開 [131]


受賞およびノミネート[編集]

賞および部門 作品名 結果 Ref.
2014 サテライト賞(映画部門) - 助演女優賞 インヒアレント・ヴァイス ノミネート [132]
トロント映画批評家協会賞 - 助演女優賞 ノミネート [133]
ヴィレッジ・ヴォイス映画投票(Village Voice Film Poll) - 助演女優賞 ノミネート [134]
インディワイヤー批評家投票(Indiewire Critics' Poll) - 助演女優賞 ノミネート [135]
ビッグ・アップル映画祭 (Big Apple Film Festival and Screenplay Competition)- NYエマージング・タレント賞 マンハッタン・ロマンス 受賞 [136]
2015 インディペンデント・スピリット賞 - ロバート・アルトマン賞 インヒアレント・ヴァイス 受賞 [137]
デンバー映画批評家協会(Denver Film Critics Society)賞 - 助演女優賞 ノミネート [138]
ワシントンD.C.映画批評家協会 - アンサンブルキャスト賞 スティーブ・ジョブズ ノミネート [139]
アワード・サーキット・コミュニティ賞(Awards Circuit Community Awards) - アンサンブルキャスト賞 ノミネート [140]
2016 ゴールド・ダービー賞(Gold Derby Awards) - アンサンブルキャスト賞 ノミネート [141]
クロトゥルーディス賞(Chlotrudis Awards) - 助演女優賞 Queen of Earth ノミネート [142]
2017 ティーン・チョイス・アワード - ファンタジー映画女優賞 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ノミネート [143]
2019 ティーン・チョイス・アワード - SF/ファンタジー映画女優賞 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ノミネート [144]
2020 キネオ賞(Kineo Award) - グリーン&ブルー・プロジェクトU.N.賞 本人 受賞 [145]
ストックホルム国際映画祭 - 主演女優賞 The World to Come 受賞 [146]
[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 取得時期は不明だが、2017年時点でイギリスの市民権も得ている[1]
  2. ^ 本人は、身長について質問を受けた場合には「おおよそ6フィート(約183cm)」とごまかしがちだと話している[8]
  3. ^ 入学当初は演技と写真のダブルメジャーを検討していたが、卒業までに時間がかかりすぎるために断念した[11]

出典[編集]

  1. ^ a b Horowitz, Josh (16 May 2017). "Happy Sad Confused; Michael Fassbender and Danny McBride; Plus, Katherine Waterston" (Podcast). MTV Podcast Network. 該当時間: 1:11:42. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ
  2. ^ a b Katherine Waterston”. IMDb. 2020年9月19日閲覧。
  3. ^ Andreeva, Nellie (2018年12月4日). “Rob Golenberg Joins Silver Lining Entertainment As Partner”. Deadline. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  4. ^ a b c Ford, Rebecca (2014年12月23日). “'Inherent Vice's' Katherine Waterston Joins Steve Jobs Movie”. The Hollywood Reporter. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月26日閲覧。
  5. ^ a b Saruwatari, Yuki (2018-11-08). “女優、ファッションアイコン、キャサリン・ウォーターストンの素顔!”. marie claire style (中央公論新社) 7 (16): 10 - 11. オリジナルの2020-09-18時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/2020.09.18-234632/https://www.afpbb.com/articles/marieclairestylejp/3196227?pid=20689450. 
  6. ^ a b c d Hermione, Eyre (2016年11月10日). “Fantastic Beasts’ Katherine Waterston on coping with Harry Potter mania”. Evening Standard. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  7. ^ a b Henderson, Kathy (2008年9月24日). “FRESH FACE: Elisabeth Waterston”. Broadway.com. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  8. ^ Howell, Peter (2014年12月19日). “Inherent Vice’s Katherine Waterston talks about standing tall and getting naked on a ’70s trip”. Toronto Star Newspapers. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  9. ^ Dragin, Jan (2006-10-1). “Alumni News”. The Quill(Fall, 2006) (Pike School) 13 (2): 21. オリジナルの2020-09-19時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/2020.09.19-001103/https://issuu.com/pikeschool/docs/quill_fall_06. 
  10. ^ Orland, Joanna (2015年10月13日). “Graham Chychele Waterston & Katherine Waterston”. Loose Lips. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  11. ^ a b Fine, Marshall (2008年5月2日). “Katherine Waterston doesn't rest on family laurels”. New York Daily News. 2013年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  12. ^ a b Davids, Brian (2020年9月11日). “Katherine Waterston on 'The World to Come' Venice Premiere and HBO's Ambitious 'The Third Day'”. The Hollywood Reporter. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  13. ^ Gingert, Jacob (1998-06-01). “Life After High School”. CORNWALL CHRONICLE (Cornwall Chronicle, INC) 8 (5): 2. オリジナルの2020-09-19時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/2020.09.19-001916/https://www.cornwallchronicle.org/issues/. 
  14. ^ New York University Tisch School of the Arts. “NOTED ALUMNI”. New York University. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  15. ^ Stella Adler Studio of Acting. “ALUMNI”. Stella Adler Studio of Acting. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  16. ^ Raya, Anna Lisa (2014年11月15日). “How Casting Relative Unknowns Paid Off For This Season’s Hits: AwardsLine”. Deadline. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  17. ^ a b Lyonne, Natasha (2017年5月3日). “Katherine Waterston”. Interview Magazine. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  18. ^ a b c Chizzik, Danielle Stein (2015年10月8日). “Katherine Waterston is the Star You Haven't Heard of Yet”. Town & Country. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  19. ^ a b The breakthrough stage”. New York Daily News (2007年3月9日). 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  20. ^ Howard, Bryce Dallas (2018年4月29日). “First head shot, age 20, taken by photographer/actress extraordinaire - my NYU bestie Katherine Waterston!!!”. Twitter. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  21. ^ 映画.com速報 (2008年8月6日). “デミ・ムーアが、米女性誌の短編映画プロジェクトで監督デビュー!”. 映画.com. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  22. ^ RTÉ (2007年8月14日). “Aniston premieres debut as director”. RTÉ. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  23. ^ Erbland, Kate (2016年11月18日). “‘Fantastic Beasts and Where to Find Them’ Star Katherine Waterston Never Thought She Had Commercial Appeal”. IndieWire. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  24. ^ Stasio, Marilyn (2007年3月4日). “Review: Los Angeles”. Variety. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  25. ^ Roundabout Theatre Company (2008). “WORKSHOPS AND READINGS”. Annual Report: Roundabout Theatre Company (Roundabout Theatre Company): 24. オリジナルの2015-01-05時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150105142837/http://www.roundabouttheatre.org:80/Roundabout/media/Roundabout/PDF/Annual_Reports/Annual_Report_2008.pdf 2020年9月18日閲覧。. 
  26. ^ Blank, Matthew (2012年10月15日). “PHOTO CALL: Max Von Essen, Kara Lindsay, the Keenan-Bolgers, Adam Chanler-Berat, Nick Adams and More Campaign for Obama”. PLAYBILL. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  27. ^ a b BWW News Desk (2007年10月5日). “'The Jesus Year' Free Out Loud Reading at Ars Nova 10/15”. BroadwayWorld. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  28. ^ Amodio, Joseph.V. (2014年12月12日). “'Inherent Vice' actress Katherine Waterston talks NYC and lessons from dad, Sam”. Newsday. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  29. ^ a b PEN America (2013年6月17日). “An Evening with Lapham’s Quarterly: Katherine Waterston”. PEN America. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  30. ^ bloomingdale’s (2009年). “Press Releases: It's Lights, Camera, Fashion at Bloomingdale's This Fall”. bloomingdale’s. 2009年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  31. ^ Freydkin, Donna (2017年1月23日). “Bryce Dallas Howard On Buying Her Red Carpet Dresses: 'I Want to Feel Good'”. Yahoo!life. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  32. ^ Laliberte, Kristian and Grant, Erin (2010年10月12日). “Party Pix: TEN Underwear At Opening Ceremony”. Refinery29. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  33. ^ TenUndies (2011年6月27日). TEN collection 2 by maya villiger featuring katherine waterston. TenUndies.. オリジナルの2020-09-19時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/2020.09.19-022505/https://www.youtube.com/watch?v=WvtJ-PBrEqk 2020年9月19日閲覧。 
  34. ^ Li, Winsome (2018年4月5日). “世界を制覇したい! スコット・スタンバーグの新展開「Entireworld」”. GQ Japan. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  35. ^ a b Phelps, Nicole (2018年6月19日). “Scott Sternberg Calls On Spike Jonze and Jason Schwartzman to Spread the Word About His New Brand Entireworld”. Vogue. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  36. ^ Waterston, Graham (2015年6月9日). “And It Was Good”. Kickstarter. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  37. ^ Oceana (2015年). “2015 Oceana New York Gala”. Oceana. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  38. ^ Dodd, Sophie (2020年9月8日). “How Celebs Are Helping Others During the Coronavirus Pandemic”. People. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  39. ^ Waterston, Katherine (2020年5月13日). ““Guess who volunteered with me today Find out soon””. Instagram. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  40. ^ Weber, Bruce (2010年5月17日). “Opposition to a Book Inspires More Art”. The New York Times. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  41. ^ Broadway.com. “Hedda Comes Out Guns Blazing at Big Opening”. Broadway.com. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  42. ^ Rapp, Adam (2013). The Hallway trilogy: includes Rose, Paraffin, Nursing (First edition ed.). New York. p. Dedication page. ISBN 978-1-55936-432-4. OCLC 856879304. https://www.worldcat.org/oclc/856879304 
  43. ^ フロントロウ編集部 (2018年11月14日). “『ファンタビ』キャサリン・ウォーターストン、来日直前に妊娠をサプライズ報告!”. FRONTROW. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  44. ^ a b Carraro, Valentina (2020年9月11日). “Cover Story with Katherine Waterston: 'The World to Come'- The Risk of Being Who You Are”. THE ITALIAN RÊVE. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  45. ^ Hill, Logan (2014年9月4日). “Breaths of Fresh Acting Talent”. The New York Times. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  46. ^ The Late Show with Stephen Colbert (2016年11月8日). The Late Show with Stephen Colbert: Katherine Waterston Got A Surprise From J.K. Rowling (テレビ番組). CBS.. オリジナルの2020-09-19時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/2020.09.19-031320/https://www.youtube.com/watch?v=zVrWAxxLuA0 2020年9月19日閲覧。 
  47. ^ Fogler, Dan (16 February 2018). "DAN FOGLER'S 4d Xperience!: SE 3 EPISODE 10 JUST JK JOKING With EDDIE REDMAYNE!" (Podcast). Apple Podcasts. 該当時間: 0:27:20. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧
  48. ^ a b Raup, Jordan (2013年5月30日). “Paul Thomas Anderson Finds Lead Female Actress for ‘Inherent Vice’”. The Film Stage. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月26日閲覧。
  49. ^ Holden, Stephen (2008年5月9日). “From High School Student to Ruthless Madam”. The New York Times. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  50. ^ Olsen, Mark (2008年10月15日). “To the store for film idea”. Los Angeles Times. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月26日閲覧。
  51. ^ Brazilian, Alexa (2009年7月23日). “Fashion Reporter: Stage Beauty: A little film for Bloomingdale's packs some big talent with an up-and-coming all-female cast”. ELLE. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  52. ^ The Southampton Press (2010年5月25日). “East End has become hot location for film and television cameras”. The Southampton Press. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  53. ^ Hugh, Armitage (2010年4月5日). “Jack Heller debuts with 'Enter Nowhere'”. DigitalSpy. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  54. ^ Pearson, Anthony (2011年11月15日). “Trailer for 'Being Flynn' starring Robert De Niro & Paul Dano”. Monsters & Critics. 2011年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  55. ^ Marcus, Bennett (2011年5月12日). “Winona Ryder Is ‘a Little Disoriented’ From Her Work With James Franco”. VULTURE. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月26日閲覧。
  56. ^ Sztypuljak, David (2010年6月21日). “First Photos from John Cusack’s The Factory”. HEYUGUYS. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  57. ^ Jagernauth, Kevin (2015年5月8日). “Watch: First Trailer For Modern Noir 'Glass Chin' Starring Corey Stoll, Billy Crudup, Katherine Waterston, & More”. The Playlist. 2015年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  58. ^ You Must Be Joking”. Atlanta Jewish Film Festival. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月26日閲覧。
  59. ^ Fleming, Mike (2013年5月30日). “Katherine Waterston Gets Lead in Paul Thomas Anderson’s ‘Inherent Vice’”. Deadline. 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  60. ^ ぴあ映画生活 (2015年4月17日). “すべては“ここ”から始まる。『インヒアレント・ヴァイス』本編映像が公開”. ぴあ映画生活. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  61. ^ Simon, Rachel (2015年9月11日). “Did You Catch These Celebs In 'SwOP'?”. Bustle. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月26日閲覧。
  62. ^ Lavallée, Eric (2014年11月13日). “2015 Sundance Film Festival Predictions: Alex Ross Perry’s Queen of Earth”. IONCINEMA. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  63. ^ Abel, Judy (2013年1月5日). “‘Fairhaven’ proves a good starting point for local actor-filmmaker”. The Boston Globe. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  64. ^ McNary, Dave (2015年1月5日). “Katherine Waterston’s ‘Manhattan Romance’ Bought by Level 33”. Variety. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  65. ^ Fleming, Mike (2014年12月23日). “‘Inherent Vice’s Katherine Waterston Lands Lead In Steve Jobs Film”. オリジナルの2020年9月17日時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/2020.09.17-071715/https://deadline.com/2014/12/katherine-waterston-steve-jobs-inherent-vice-1201334507/ 2020年9月17日閲覧。 
  66. ^ 映画.com速報 (2014年12月27日). “スティーブ・ジョブズ映画、ヒロインにキャサリン・ウォーターストン”. Deadline. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  67. ^ Kit, Borys (2015年6月15日). “'Harry Potter' Spinoff 'Fantastic Beasts' Finds Its Female Lead”. Hollywood Reporter. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  68. ^ 映画.com速報 (2015年6月16日). “「ハリポタ」スピンオフのヒロイン役に「インヒアレント・ヴァイス」の英女優”. 映画.com. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  69. ^ Jaafar, Ali (2015年12月17日). “Katherine Waterston To Star In ‘Alien: Covenant’”. Deadline. 2017年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月31日閲覧。
  70. ^ cinemacafe.net (2015年12月21日). “キャサリン・ウォーターストン、『プロテメウス』続編の主役に”. CinemaCafe. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  71. ^ Gettell, Oliver (2016年6月9日). “Hilary Swank, Katherine Waterston join Steven Soderbergh's Logan Lucky”. Entertainment Weekly. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  72. ^ Fleming Jr., Mike (2016年11月1日). “Katherine Waterston Joins ‘The Current War’”. Deadline. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  73. ^ 映画.com速報 (2016年11月8日). “「ファンタビ」キャサリン・ウォーターストンが“電流戦争”映画に参戦”. 映画.com. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  74. ^ WOWOW. “映画: 夫の秘密”. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  75. ^ アルバトロス株式会社. “ポイズン あるスキャンダルの秘密”. アルバトロス株式会社. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  76. ^ Berger, Laura (2018年4月18日). “Tribeca 2018 Women Directors: Meet Meredith Danluck - “State Like Sleep””. Women and Hollywood. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  77. ^ The Pottermore News Team (2017年7月3日). “Dumbledore and Newt will team up against Grindelwald in the new Fantastic Beasts film”. JKR/Pottermore Ltd. ™ Warner Bros.. 2017年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  78. ^ 市川, 遥 (2017年7月4日). “『ファンタビ』第2弾のストーリー判明!グリンデルバルドを倒すためニュート&ダンブルドアがチームに”. シネマトゥデイ. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  79. ^ Sneider, Jeff (2017年7月14日). “Katherine Waterston, Sunny Suljic to Star in Jonah Hill’s Directorial Debut “Mid-90s” (Exclusive)”. The Tracking Board. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  80. ^ 映画.com速報 (2017年7月29日). “ジョナ・ヒル初監督作、M・ウィリアムズ代役にキャサリン・ウォーターストン”. 映画.com. 2020-0-18時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  81. ^ Keslassy, Elsa (2018年5月7日). “‘Fantastic Beasts’ Star Katherine Waterston Joins Cast of ‘Amundsen’ (EXCLUSIVE)”. Variety. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  82. ^ La Biennale di Venezia (2020年). “CINEMA: THE WORLD TO COME”. La Biennale di Venezia. 2020年9月18日時点の/ オリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  83. ^ Goodfellow, Melanie (2019年2月7日). “Casey Affleck, Katherine Waterston, Vanessa Kirby to star in frontier drama 'The World To Come' (exclusive)”. Screen Daily. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  84. ^ Rubin, Rebecca (2020年11月6日). “Johnny Depp Forced to Exit ‘Fantastic Beasts’ Franchise”. Variety. 2020年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  85. ^ The Wizarding World Team (2019年11月4日). “NEWS: The third Fantastic Beasts film confirms new details including cast members and location”. Wizarding World Digital. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  86. ^ 稲垣, 貴俊 (2019年11月5日). “『ファンタスティック・ビースト』第3作が正式始動、今回はブラジル進出: キャスト総復帰&注目キャラ発表、ジョニー・デップも続投へ”. THE RIVER. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  87. ^ ENEMY HOUSE. “FLUIDIC”. ENEMY HOUSE. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  88. ^ Jones, Jordan (2014年12月12日). “Kickstarter: FLUIDIC”. Kickstarter. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  89. ^ Business Wire (2006年10月16日). “Jennifer Aniston, Bryce Dallas Howard and Writer Carol Leifer Made Their Directorial Debuts With Glamour Reel Moments”. Business Wire. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  90. ^ VICE Staff (2013年9月4日). “'Eat!' by Janicza Bravo”. VICE. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  91. ^ Leon, Sarah (2011年10月27日). “TSE Presents Fall Collection In Film, "Without Paul" (VIDEO)”. HUFFPOST. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  92. ^ Hjorleifsdottir, Asa (2011年12月7日). “Kickstarter: Ástarsaga”. Kickstarter. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  93. ^ style.com (2015年3月16日). “Katherine Waterston Plots Her Revenge in Awaveawake’s New Video”. style.com. 2015年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  94. ^ Anderson, Kristin (2015年3月13日). “Fall 2015 Ready-to-Wear: Awaveawake”. style.com. 2015年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  95. ^ Romeyn, Kathryn (2015年8月20日). “Harvey Keitel also features in the film titled 'Outlaws,' which was executive produced by Liv Tyler.”. Hollywood Reporter. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  96. ^ Belstaff (2015年9月15日). “In Conversation with Katherine Waterston”. Belstaff. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  97. ^ Chitwood, Adam (2017年2月22日). “‘Alien: Covenant’: 5-Minute Prologue Reveals the Last Supper of the Covenant Crew”. Collider. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  98. ^ 映画ランド (2017年2月23日). “ふとした瞬間に訪れる“最後の晩餐”『エイリアン:コヴェナント』海外公式プロローグ予告公開”. 映画ランド. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  99. ^ Eddy, Cheryl (2017年4月18日). “The Crew Sends Their Last Messages To Earth In These Eerie New Alien: Covenant Promos”. Gizumodo AU. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  100. ^ Alien Universe (2018年2月7日). “Phobos: An "Alien Covenant" Story”. 20th Century Studios. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  101. ^ Smith, Dinitia (2004年7月15日). “Father and Daughter, in Life and in Shakespeare”. The New York Times. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  102. ^ The Futon Critic Staff (2004年2月20日). “Development Update: February 20”. The Futon Critic. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  103. ^ The Futon Critic Staff (2005年4月1日). “Development Update: April”. The Futon Critic. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  104. ^ The Futon Critic Staff (2019年2月7日). “Development Update: April 21”. The Futon Critic Staff. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  105. ^ Bryant, Adam (2013年9月7日). “Boardwalk Empire: Can Nucky Walk Away From Being a Gangster?”. TV GUIDE. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月26日閲覧。
  106. ^ THE RIVER編集部 (2020年8月4日). “ジュード・ロウ主演「ザ・サード・デイ」スターチャンネルで日本上陸 ─ 夏と冬、2パートの新感覚ミステリー”. THE RIVER. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  107. ^ THE RIVER編集部 (2020年10月24日). “ジュード・ロウとナオミ・ハリス主演「サード・デイ 〜祝祭の孤島〜」予告編・あらすじ・キャラクター紹介 ─ 米HBO製作、夏と冬の2部構成ミステリー”. THE RIVER. 2020年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月8日閲覧。
  108. ^ Petski, Denise (2019年7月12日). “Katherine Waterston Circling HBO & Sky’s Jude Law Mystery Drama ‘The Third Day’”. Deadline. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  109. ^ a b Atlantic Theater Company. “DREAMS OF FLYING DREAMS OF FALLING”. Atlantic Theater Company. 2011年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  110. ^ Willard, Sophie (2018年5月18日). “Addressing Adversity: Crowdfunding Picks”. Women and Hollywood. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  111. ^ Jennifer Venditti. “ADVERTISING: bloomingdale's”. JV8INC. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  112. ^ Nederveld, Rachel (2015年1月15日). “Katherine Waterston”. Flaunt Magazine. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  113. ^ Flaunt (2015年1月8日). “Katherine Waterston for Flaunt”. Flaunt Magazine. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  114. ^ Glossy (2015年9月25日). “Outlaws”. Glossy. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  115. ^ Berlinger, Max (2018年11月2日). “Chameleon. Interview with Katherine Waterston”. Contributor magazine. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  116. ^ Stimac, Elias (2003年10月29日). “Smashing”. Backstage. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月13日閲覧。
  117. ^ Hernandez, Ernio (2005年12月5日). “Platt and Waterston Last-Minute Additions to Starry MCC Benefit 20, Dec. 5.”. Playbill. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  118. ^ The Flea Theater. “Los Angeles”. The Flea Theater. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  119. ^ Rapp, Adam. (2010). The metal children : a play. [New York]. p. 3. ISBN 9781429995948. https://books.google.co.jp/books?id=OAKQMDN1FIAC&dq 
  120. ^ Vineyard Theatre. “THE METAL CHILDREN DEVELOPMENTAL LAB PRODUCTION”. Vineyard Theatre. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  121. ^ Playwrights Horizons. “Kindness”. Playwrights Horizons. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  122. ^ Dohrn, Zayd. “Play”. Zayd Dohrn. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  123. ^ Second Stage Theater. “SEASON 31: 2009-2010”. Second Stage Theater. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  124. ^ Rattlestick Playwrights Theater. “Adam Rapp: THE HALLWAY TRILOGY”. Rattlestick Playwrights Theater. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  125. ^ Broadway.com. “Dreams of Flying Dreams of Falling Tickets”. Broadway.com. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  126. ^ Classic Stage Company. “THE CHERRY ORCHARD”. Classic Stage Company. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  127. ^ BWW News Desk (2012年10月16日). “Photo Flash: Brian D’Arcy James, Richard Thomas and More Celebrate Lapham's Quarterly's POLITICS at Joe's Pub”. Broadway World. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  128. ^ Lapham's Quarterly (2015年12月15日). “NEWS & EVENTS: “Foreigners” at Joe’s Pub”. Lapham's Quarterly. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  129. ^ Craddock, David (2016年12月8日). “Lego Dimensions trailer tells you all about Fantastic Beasts and Where to Find Them”. Shack News. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  130. ^ Hipes, Patrick (2017年2月1日). “Katherine Waterston To Star In Movie Adaptation Of Upcoming Novel ‘A Separation”. Deadline. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  131. ^ Stories From Tomorrow (2020年7月5日). “Katherine Waterston Reads AN ORDINARY LIFE by Vira”. Instagram. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  132. ^ International Press Academy. “Katherine Waterston”. International Press Academy. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  133. ^ The Toronto Film Critics Association (2014年12月5日). “The Toronto Film Critics Association names Richard Linklater’s Boyhood the Best Film of the Year”. The Toronto Film Critics Association. 2020年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  134. ^ Village Voice. “SUPPORTING ACTRESS”. Film Poll: Village Voice. 2014年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  135. ^ Indiewire Critics' Poll: 2014 Awards”. IMDb. 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
  136. ^ Big Apple Film Festival (2014年9月14日). “NEWS: 11th annual Big Apple Film Festival to present honorary awards to actor Katherine Waterston and actor/comedian Jerry Stiller”. Big Apple Film Festival. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  137. ^ Film Independent (2015年2月23日). “Congratulations to the 2015 Film Independent Spirit Award Winners!”. Film Independent. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  138. ^ Taple, Kristophery (2015年1月7日). “Denver critics nominate 'American Sniper,' 'Birdman' and 'Inherent Vice'”. HIT FIX. 2015年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  139. ^ The Washington, D.C. Area Film Critics Association (2015年12月7日). “D.C. Film Critics Shine a 'Spotlight' on Award Winners”. The Washington, D.C. Area Film Critics Association. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  140. ^ AwardsCircuit.com. “ACCA 2015”. AwardsCircuit.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  141. ^ Montgomery, Daniel (2016年2月25日). “Gold Derby Film Awards: ‘Mad Max: Fury Road’ sweeps (8 wins), Leonardo DiCaprio wins for the 4th time”. GOLD DERBY. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  142. ^ Meek, Michele (2016年3月20日). “22nd Annual Awards”. Chlotrudis Society for Independent Film. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  143. ^ Vulpo, Mike (2017年8月14日). “Teen Choice Awards 2017 Winners: The Complete List”. E!. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  144. ^ Yang, Rachel (2019年8月11日). “Teen Choice Awards 2019: See the full list of winners and nominees”. Entertainment Weekly. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月18日閲覧。
  145. ^ Kineo (2020年9月6日). “L’ASSOCIAZIONE”. Kineo. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  146. ^ Stockholm International Film Festival (2020年11月19日). “This year's winners!”. Stockholm International Film Festival. 2020年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]