キム・ムンゾー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はムンゾー第二姓(母方の)はゴメスです。
キム・ムンゾー
Quim Monzó
Quim Monzo 36.jpg
誕生 (1952-03-24) 1952年3月24日(68歳)
バルセロナ
職業 ジャーナリスト小説家
国籍 スペインの旗 スペイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

キム・ムンゾー(Quim Monzó, カタルーニャ語発音: [ˈkim munˈso][1]: キム・ムンソー)として知られるジョアキム・ムンゾー・イ・ゴメス(Joaquim Monzó i Gómez、1952年3月24日 - )は、スペインバルセロナ出身のジャーナリスト小説家。主にカタルーニャ語で執筆する。

経歴[編集]

1970年代初頭にはバルセロナのテレ/エクスプレス紙の特派員として、ベトナム、カンボジア、北アイルランド、東アフリカなどに派遣された。現在はバルセロナに居住し、ラ・バングアルディア紙などに寄稿している。アーネスト・ヘミングウェイトルーマン・カポーティの作品をカタルーニャ語に翻訳している[2]

2007年にはドイツの国際書籍見本市であるフランクフルト・ブックフェアが特別招待文化にカタルーニャ地方を選び、ムンゾーが短編小説風の開会スピーチを行った[2]。2009年12月から2010年4月には、バルセロナのアーツ・サンタ・モニカ・ギャラリーでムンゾーの回顧展が開催された。

ムンゾーはトゥレット症候群と診断されている[3][4]

作品[編集]

  • 「シトロエン・メアーリの女」 Noia del Mehari
  • 「庭つきの家」 Quatre quarts
  • 「…時六十分」 Casa amb jardi
    • 3作品とも田澤耕(訳)『バルセロナ・ストーリーズ』水声社、1992年に掲載。

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Why is it ˈkim munˈso and not ˈkim munˈzo ラ・バングアルディア
  2. ^ a b フランクフルト・ブックフェア、カタルーニャ自治問題でスペイン人作家が参加拒否”. AP通信 (2007年10月10日). 2018年7月7日閲覧。
  3. ^ (スペイン語)Archived copy”. 2011年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月17日閲覧。 APTT
  4. ^ (スペイン語) Puyod, Carmina. Síndrome de Tourette: el capricho del cerebro. Archived 2011-07-18 at the Wayback Machine. エル・ペリオディコ・デ・アラゴン、2003年5月23日

外部リンク[編集]