キム・ハヌル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キム・ハヌル
김하늘
김하늘
生年月日 (1978-02-21) 1978年2月21日(39歳)
出生地 韓国の旗 韓国忠清北道丹陽郡[1]
国籍 韓国の旗 韓国
民族 韓国人
身長 168cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1998年 -
活動内容 テレビドラマ、映画
事務所 SMカルチャー&コンテンツ
公式サイト KIM HANEUL'S MAGAZINE
キム・ハヌル
各種表記
ハングル 김하늘
漢字 金하늘
発音: キム・ハヌル
ローマ字 Kim Ha-neul
文化観光部2000年式
MR式
Gim Ha-Neul
Kim Ha-Nŭl
テンプレートを表示

キム・ハヌル1978年2月21日 - )は、韓国女優忠清北道丹陽郡生まれ[1]ソウル芸術大学映画科卒。名前の「ハヌル」は朝鮮語を意味する固有語漢字表記を持たない。

経歴[編集]

忠清北道丹陽郡生まれ。ソウル市の現在のソウルヨンゴク小学校韓国語版ヤンガン中学校韓国語版クムオク女子高校韓国語版ソウル芸術大学映画科を卒業。モクトンにある、クムオク女子高校時代に雑誌モデルとしてデビュー。1998年韓国の青春映画『バイ ジュン』で女優デビュー。

1999年SBSのドラマ『Happy Together』でイ・ビョンホンソン・スンホンから想われるヒロインを演じる。共演者には『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンMBCのドラマ『日差しに向かって』(邦題:青春の疾走)でも共演したチャ・テヒョンがいる。最高視聴率39.8%。

2000年のMBCドラマ『秘密』でドラマ初主演。リュ・シウォンハ・ジウォンらと共演。最高視聴率34.1%。

2000年に映画『同感』(邦題:『リメンバー・ミー』)で映画初主演。日本でもリメイク版『時の香り』が公開され、カメオ出演している。

2002年にMBCドラマ『ロマンス』でキム・ジェウォンと共演。ハンガン社長令嬢で恋に落ちる若き高校教師キム・チェウォン役を演じる。女性教師と男子生徒の恋愛という内容だったこともあり、保守的な韓国において社会的にも大反響を巻き起こし、最高35%の高視聴率を獲得。キム・ジェウォンはキム・チェウォンを教師と知らず恋してしまう高校生、崔関羽(チェ・グァヌ)役。MBC演技大賞最優秀賞を受賞。

2003年に映画『同い年の家庭教師』でクォン・サンウと共演。『猟奇的な彼女』に次ぐ、韓国映画史上観客数歴代2位の540万人を動員。これを受け、百想芸術大賞人気賞を受賞。

2004年の映画『彼女を信じないでください』でカン・ドンウォンと共演し、恋愛詐欺師を演じた。観客動員数120万人。本作でNO.1コメディエンヌの地位を獲得し、百想芸術大賞最優秀主演女優賞を受賞。同年にはソン・スンホンとの『氷雨』やホラー映画『霊-リョン-』にも主演。

2006年の映画『青春漫画』で演劇学科の学生を演じ、再びクォン・サンウと共演。公開後2週間で観客数100万人を突破、同作は520万ドルで日本に輸出される。

2011年、歌「夜空の星を3」(歌手ヤン・ジョンスンのフィーチャリング参加。歌は2008年の「スカイラブ」以来)。同時にスマートフォン用アプリに使用される。

2011年夏に映画『ブラインド』公開。

出演[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

受賞歴[編集]

  • 2003年 第39回百想芸術大賞 映画部門人気賞
  • 2004年 第40回百想芸術大賞 映画部門最優秀演技賞
  • 2008年 第29回青龍映画賞 人気スター賞   

外部リンク[編集]

  1. ^ a b “신단양 이주 20주년 행사 다채(新丹陽移住20周年行事多彩)”. 聯合ニュース. (2005年5月17日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0001004332 2017年6月14日閲覧。