キム・スヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キム・スヒ
出生名 キム・ヒス、金姫秀
生誕 (1953-03-13) 1953年3月13日(66歳)
出身地 大韓民国の旗 韓国釜山市
学歴 淑明女子高校中退
ジャンル トロットロックポップスブルースロック
職業 歌手作詞作曲家ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1976年 -

キム・スヒ(金秀姫、김수희、本名:キム・ヒス、金姫秀、1953年3月13日[1] - )は、大韓民国釜山市出身の歌手作詞作曲家ギタリスト。歌手としての代表曲は「南行列車」「愛慕」。娘は歌手のイ・スンジョン朝鮮語版[2]

来歴[編集]

1970年アメリカ第8軍の舞台から歌手活動を開始する。1971年にはギタリスト、1972年には作詞家作曲家としての活動も開始する。作詞・作曲者としての代表曲に1976年TBC放送歌謡大賞受賞曲の「私を置いてアリラン(나를 두고 아리랑)」(キム・フン歌唱)がある[3]。※ただし韓国音楽著作権協会・JASRACに登録された作詞作曲者名はキム・ジュンシン(金重信)である。

1976年に「あんまりです(너무합니다)」で正式にアルバムデビュー。デビュー曲でありながらヒットを記録し同名小説も執筆した。1982年に発表した「くびき(멍에)」はKBS「歌謡トップテン」で5週連続1位(ゴールデンカップ)の大ヒットを記録。1986年に発表した「南行列車(남행열차)」は、今までの作品と異なるハイテンポのトロット楽曲だったが大ヒットを記録し現在でも韓国人の愛唱曲として広く知れ渡っている。

1993年には、1990年に発表したアルバムの収録曲である「愛慕(애모)」にラジオリクエストが集中。当時ダンスミュージック全盛であったが、徐々にヒットしていきKBS「歌謡トップテン」で5週連続1位、MBC「決定!最高人気歌謡」でも通算5週1位を獲得した。また年末の賞レースでは、シン・スンフンソテジワアイドゥルとの熾烈な三つ巴を制しKBS歌謡大賞MBC10大歌手歌謡祭大賞を受賞した。

生涯[編集]

慶尚南道釜山で生まれたキム・スヒは1958年6歳の頃、一家でソウルに移住して以来、ソウルで成長したが、父を亡くし、困難な生活をしていた。淑明女子高校を中退した後、18歳の時、1970年、米8軍の舞台で歌手デビューし、1971年に米8軍の舞台でギタリストとしてもデビューして、作曲家と同時に作詞家としてデビューした。デビューの頃に米8軍部隊の女性バンド・イン・ブラックキャッツで活動して夜の舞台歌手として活動して生計を立てていった。 キム・スヒはいくつかの曲を作曲や作詞をし、その中でも、キム・フンが歌った<私を置いてアリラン>が有名である。

約4年の間夜の舞台歌手と同時に作曲家で過ごしてアルバムを発表し、歌手としてデビューしたときは、深刻な生活苦のためにいくつかの仕事をするしかなかった。その後自分のデビューアルバムに収録されたブルース曲<すぎる>が時代的環境の影響で旋風的な人気を集めるようになると、一躍スターダムに上がった。突然自分の歌が注目を受けるになると顔のない歌手になった。

キム・スヒは歌手として活動を始めた頃に、大韓民国の有名な名唱バクチョウォルに南道唱法を学ぶなど、様々な唱法を研究し、「ヨーク」を発表した。 キム・スヒはこれまで難しかったすべてのものを、この歌に感情を打ち明けても悲しく折れ呼ぶ唱法を導入して大衆に破格の姿を見せて多く知られている。

以後「女チョー・ヨンピル」というニックネームで、日本に進出し、「愛慕」を発表し、ポップバラード音楽で転向した。特にこの曲は発表当時、最初はあまり注目されないが、2年後、突然、大衆の多くの要求に、1990年代の大韓民国歌謡界を動かしたキム・ゴンモ、シン・スンフンとアイドルヒップポップダンスミュージックグループソテジなどの新人歌手を抜いて、KBS歌謡大賞とMBC 10代歌手歌謡祭大賞を受賞して異色の結果を生んだ。 1994年には映画界にも進出して映画「哀愁のハーモニカ」のシナリオを直接製作して映画監督まで務めたが興行には失敗した。そして希プロダクションを設立しレコード製作者としても活動しながらシンシンエを歌手としてスカウトし無名だったピョンスンヨプを有名に乗るしてくれた。

キムスヒは、他の歌手とは差別化がある唱法で歌を歌ったハスキーな声と豊かな歌唱力を兼ね備えた独自の方法と様々な国楽唱法が一体となっ人々が従うことができない物まねがない歌手としても呼ばれている。映画、文学にも進出したりし<私を置いてアリラン>、<ストップ>、<荒野>、<指標>、<情熱の花>、<化など>など複数の曲の作曲、作詞にも参加した。

南行列車[編集]

南行列車
キム・スヒの楽曲
リリース 1987年
ジャンル トロット
作詞者 鄭恵璟
作曲者 金鎭龍

南行列車」(なんこうれっしゃ、ナムヘンヨルチャ、남행열차)は、キム・スヒの楽曲。歌詞の舞台は湖南線である[4]。作詞:鄭恵璟、作曲:金鎭龍。

解説[編集]

2018年にKBS2TV「演芸街中継」で発表された「韓国が愛するトロット歌謡」においてチョー・ヨンピルの「その冬の喫茶店」を抑えて1位を獲得した [5]

アルバム[編集]

  • 「あんまりです(너무합니다)」(1976年)
  • 「くびき(멍에)」(1982年)
  • 「最後の抱擁(마지막 포옹)」(1983年)
  • 「失われた絆(잃어버린 정)」(1984年)
  • 「あなたはだれですか(당신은 누구세요)」(1984年)
  • 「今は行かない(지금은 가지마세요)」(1986年)
  • 「南行列車(남행열차)」
  • 「ソウル女子(서울여자)」(1990年)
  • 「愛慕(애모)」
  • 「Where Did Everybody Go?」(1993年)
  • 「Morado」(1997年)
  • 「Pathos」(2000年)
  • 「第十一話(열한번째 이야기)」(2004年)
  • 「花燈(화등)」(2007年)
  • 「お元気ですかモモさん(잘 있나요 모모씨)」(2012年)

受賞歴[編集]

歌謡番組1位獲得楽曲[編集]

番組
1983年
  • くびき(멍에
    • 4月 3日 KBS歌謡トップ10
    • 4月 10日 KBS歌謡トップ10
    • 4月 17日 KBS歌謡トップ10
    • 4月 21日 KBS歌謡トップ10
    • 5月 1日 KBS歌謡トップ10 (5週連続、ゴールデンカップ)
1993年
  • 愛慕(애모
    • 8月 13日 MBC決定!最高人気歌謡
    • 9月 8日 KBS歌謡トップ10
    • 9月 15日 KBS歌謡トップ10
    • 9月 17日 MBC決定!最高人気歌謡
    • 9月 22日 KBS歌謡トップ10
    • 9月 24日 MBC決定!最高人気歌謡
    • 9月 29日 KBS歌謡トップ10
    • 10月 1日 MBC決定!最高人気歌謡
    • 10月 6日 KBS歌謡トップ10(5週連続、ゴールデンカップ)
    • 10月 8日 MBC決定!最高人気歌謡(4週連続、通算5週)

脚注[編集]