キム・ジョングク (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キム・ジョングク
Kim Jong Kook at Malaysia for Running Man Fan Meeting Asian Tour 2014.jpg
2014年、マレーシアでのキム・ジョングク
各種表記
ハングル 김종국
漢字 金鍾國[1]
発音: キム・ジョングク
ローマ字 Kim Jong Kook
テンプレートを表示

キム・ジョングク(김종국、金鍾国[2]1976年4月25日 - )は韓国の男性歌手である。歌手活動だけでなく、多くのバラエティ番組にも出演。特技は歌、テコンドー(3段)など。 韓国バラエティー「Running Man」ではトラや能力者などと言われている。力があり機械に勝つ力もある。「Running Man」メンバーと仲が良い。 BIGBANGのカン・デソンと韓国バラエティー「ファミリーがやってきた」レギュラー出演し仲がいい。 優しく力があり健康第一。 ラジオスターが大好き。

家族は両親と兄[1]。信仰は仏教[1]檀国大学校より修士碩士)号を得ている[1]。兄のキム・ジョンミョン(김종명)は美容外科専門医である[3]


人物・経歴[編集]

  • 1995年からTurboで活躍していたが、Turbo 解散後2002年にソロデビュー。
  • 2013年から「Running Man」にレギュラー出演。
  • 2006年3月30日に軍に入隊したが、2008年5月23日に召集解除。
  • 2010年椎間板ヘルニアの症状が重くなったため、8月26日に手術を受ける。

ディスコグラフィ[編集]

  • 1集 Renaissance(2002年) - 남자니까(男だから)、행복하길(幸せでいて)
  • 2集 Evolution(2004年) - Feeling、중독(中毒)、한남자(ある男)
  • 3集 This Is Me(2005年) - 제자리 걸음(足踏み)、사랑스러워(愛らしい)
  • 4集 김종국의 네번째 편지(キム・ジョングクの4番目の手紙)(2006年) - 편지(手紙)、사랑한다는 말(愛してるという言葉)、사랑이에요(愛ですよ)
  • 5集 Here I am(2008年10月22日) - 어제보다 오늘 더(昨日より今日もっと)、고맙다(ありがとう)
  • 6集 Eleventh Story(2010年1月28日) - 이 사람이다(この人だ)
  • 7集 Journey Home(2012年11月01日) - 남자가 다 그렇지 뭐(男はみんなそんなものさ)

受賞経歴[編集]

  • 2005年
    • SBS歌謡本賞 大賞
    • KBS歌謡大賞 大賞
    • MBC歌謡大祭典 最高人気歌手賞
  • 2009年
  • 2010年
    • SBS芸能大賞 ベストTVスター賞
  • 2011年
    • SBS芸能大賞 最優秀バラエティー賞

出典[編集]

  1. ^ a b c d KJK Profile” (朝鮮語). 2019年10月24日閲覧。
  2. ^ キム・ジョングク、SG WANNA BEと共にデジタルシングル発売”. 中央日報 (2006年11月8日). 2019年10月24日閲覧。
  3. ^ “キム・ジョングクの兄”キム・ジョンミョン「弟に整形を勧めたが、怖いと拒絶された」”. Kstyle (2015年8月6日). 2019年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]