キム・ジョンウン (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キム・ジョンウン
キム・ジョンウン
2009年
生年月日 (1974-03-04) 1974年3月4日(43歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国
身長 170cm
血液型 O型
職業 女優
活動期間 1994年-
キム・ジョンウン
各種表記
ハングル 김정은
漢字 金諪恩
発音: キム・ジョンウン
ローマ字 Kim Jung-eun
テンプレートを表示

キム・ジョンウン金 諪恩1974年3月4日[1][2](陰暦2月11日))は、大韓民国女優兼番組司会者。建国大学校工芸学科休学中。2001年に「第2回エギョン文化人の賞」を受賞[要出典]、またユニセフカード広報大使を務めた。

テレビドラマ「恋人」で共演したイ・ソジンとの交際が2007年に発覚したが、2008年11月破局が報じられた[3]

出演作[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • エアフォース(原題〈에어포스MBC 2000年)
  • 女人天下 (原題〈여인천하SBS 2002年)
  • イヴのすべて(原題〈이브의 모든것〉MBC 2000年)
  • パリの恋人(原題〈파리의 연인〉 SBS 2004年)
  • ルル姫(原題〈루루공주〉 SBS 2005年)
  • 恋人(原題〈연인〉 SBS 2006年)
  • 総合病院(原題〈종합병원〉 MBC 2008年)
  • カムバックマドンナ~私は伝説だ(原題〈나는 전설이다〉 SBS 2010年)
  • 奇跡のオーディション(原題〈기적의오디션〉 SBS 2011年)
  • 約束の恋人(原題〈한반도〉 TV朝鮮 2012年)
  • ウララ・カップル(原題〈울랄라부부〉 KBS 2012年)
  • 女を泣かせて(原題〈여자를 울려〉 MBC 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 인물정보 (人物情報)” (韓国語). NAVER. 2013年3月26日閲覧。
  2. ^ Daum 영화 (映画)” (韓国語). Daum. 2013年3月26日閲覧。
  3. ^ イ・ソジン&キム・ジョンウン、破局の原因は?[リンク切れ] 朝鮮日報 2008/11/23

外部リンク[編集]