キボトシュの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キボトシュの戦い
民衆十字軍
戦争民衆十字軍
年月日1096年10月21日
場所ニカイア近くのドラコンの村(Dracon
結果:ルーム・セルジューク朝の圧勝
交戦勢力
Seljuqs Eagle.svg ルーム・セルジューク朝 民衆十字軍
指導者・指揮官
Seljuqs Eagle.svg クルチ・アルスラーン1世 ゴーティエ・サンザヴォワール 
ジョフロワ・ビュレル
戦力
5,000 20,000
損害
50 17,000
第1回十字軍

キボトシュの戦い(キボトシュのたたかい、英語: Battle of Civetot)、またはドラコンの戦いは、1096年10月21日民衆十字軍を滅ぼした戦闘[1]

経過[編集]

クセリゴルドン包囲戦英語版で大敗した十字軍に対し、ルーム・セルジューク朝はトルコ人スパイを2人派遣して、クセリゴルドンを落としたドイツ人がニカイアも陥落させたとうわさを流した。たちまち興奮が発生し、できるだけ早くニカイアに着いて略奪に加わろうと浮き足立つ者が現れた。ルーム・セルジューク朝はニカイアへの道中で待ち伏せをした。隠者ピエールは補給を求めるためにコンスタンティノープルへ戻っており、すぐ戻ってくる予定なので、十字軍の指導者の大半は彼を待つべきと議論した(ただし、隠者ピエールは帰ってこなかった)。しかし、指揮を執ったジョフロワ・ビュレル(Geoffrey Burel)は待つのは臆病だと訴え、すぐさまにトルコ人を討つべきとした[2]。ジョフロワが受け入れられたため、10月21日の朝に十字軍全軍である2万人は女性・子供・老人・病人を宿営地に残してニカイアへと出発した[2]

宿営地から3マイルのところにあるドラコンの村(Dracon)の近くで、狭く木々が生い茂る谷間に入ってくる十字軍は喧騒にざわめきながら進軍していた。十字軍は谷間に入ってきた矢先、矢の一斉射撃を受けて[2]パニックに陥り、数分で総崩れとなり宿営地へ敗走した。十字軍の大半が殺戮されたが(死者を6万人以上とする文献もあった[3])、女性、子供、そして投降した者は助命された。ジョフロワなど生き残った3千人は近くの放棄された城跡に逃げ込んだ[2]:132。やがて、コンスタンティノス・エフォルベノス・カタカロン英語版率いる東ローマ帝国軍が船でやってきて包囲を解き[4]、生き残った数千人はコンスタンティノープルへ帰還した。

脚注[編集]

  1. ^ Bradbury, Jim (2004). The Routledge Companion to Medieval Warfare. Routledge. p. 194. ISBN 9780203644669. https://books.google.com/books?id=1C54r8GgrUIC&pg=PA194 2013年10月21日閲覧。. 
  2. ^ a b c d Runciman, Steven (1987). A History of the Crusades, Volume 1. Cambridge University Press. p. 131. ISBN 9780521347709. https://books.google.com/books?id=uDj9sNezWzEC&pg=PA131 2013年10月21日閲覧。. 
  3. ^ Kostick, Conor (2008). The Social Structure of the First Crusade (Illustrated ed.). BRILL. p. 109. ISBN 9789004166653. https://books.google.com/books?id=HQEM2MzGP58C&pg=PA109 2013年10月21日閲覧。. 
  4. ^ Kazhdan, Alexander, ed (1991). Oxford Dictionary of Byzantium. New York: Oxford University Press. p. 64. ISBN 978-0-19-504652-6.