キプロス国鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キプロス国鉄
路線地図
かつてのキプロス国鉄路線図
報告記号 CGR
路線範囲 キプロスの旗 キプロス
運行 1905–1951
軌間 762mm
全長 122 km
本社 ニコシア
テンプレートを表示

キプロス国鉄英語: Cyprus Government Railway, CGRギリシア語: Κυπριακός Κυβερνητικός Σιδηρόδρομος, ΚΚΣトルコ語: Kıbrıs Demiryolu İşletmesi)はかつてキプロスに存在した国有鉄道。762mmの狭軌鉄道で、総延長122km、駅数39駅で1905年10月から1951年12月の間運行されていた。1951年のキプロス国鉄廃業後も、一部支線は1974年までキプロス鉱山会社により運行が行われていた。

現在キプロス島内(キプロス共和国および北キプロス・トルコ共和国)に鉄道は存在しない。

路線[編集]

ファマグスタ駅跡の蒸気機関車

路線の大部分は現在の北キプロス・トルコ共和国領内(キプロス島北部)の主要都市間を結ぶものであった。

  • Harbour Section
ファマグスタ Varosha駅 - ファマグスタ港駅 : 延長1.6km
  • Section 1
ファマグスタ Varosha駅 - ニコシア駅 : 延長58km, 1905年10月21日開業
  • Section 2
ニコシア駅 - ニコシア空港 - モルフォウ駅(Morphou) : 延長39km, 1907年3月31日開業
  • Section 3
モルフォウ駅 - エフルホウ駅(Evrychou) : 延長24km, 1915年6月14日開業

車両[編集]

エフルホウ駅

蒸気機関車[編集]

客車[編集]