キバラタイヨウチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キバラタイヨウチョウ
キバラタイヨウチョウ雄
キバラタイヨウチョウ雌
キバラタイヨウチョウ Cinnyris jugularis
上: 雄
下: 雌
シンガポール植物園
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: タイヨウチョウ科 Nectariniidae
: Cinnyris
: キバラタイヨウチョウ C. jugularis
学名
Cinnyris jugularis
(Linnaeus, 1766)
シノニム
Nectarinia jugularis[2]
和名
キバラタイヨウチョウ
英名
Olive-backed Sunbird
亜種

キバラタイヨウチョウ(黄腹太陽鳥、: Olive-backed Sunbird学名: Cinnyris jugularis)は、英名において Yellow-bellied Sunbird および Yellow-breasted Sunbird としても知られる[3][4]タイヨウチョウ科に属する鳥類の1種であり、東南アジアからオーストラリアかけて生息する。本種の通称としては、フィリピンの "Tamsi" や[5]マレーシアの "Kelicap Pantai"[6] などがある。

分布[編集]

ニコバル諸島[7]アンダマン諸島からインドシナ半島マレー半島中国南部および海南島、フィリピン、スンダ列島ニューギニアビスマルク諸島[3]ソロモン諸島[7]、オーストラリア北東部にかけて分布する[3][7]

形態[編集]

全長は約11.5cm[8]、おおよそ10cm[9]から12cmの小型の鳥である[10][11]。ほとんどの亜種は、雌雄とも下面は鮮やかな黄色で、背は鈍い褐色である。雄の成鳥は、額、喉、上胸が濃色で金属光沢のある暗青色となる。フィリピンのいくつかの亜種の雄は、胸に橙色の横帯を持ち[5]ワラセアおよびニューギニア島北部の一部の亜種は、下面が最も黒みを帯び、また、中国南部やベトナムに接して分布する雄の下面の多くは灰白色を帯びている。

生態[編集]

ホバリングして花蜜を採食する雄(シンガポール

採食[編集]

タイヨウチョウ類は、雛への給餌においてはとりわけ昆虫も採るが、それ以外のほとんどは花蜜を餌とする旧世界スズメ目の鳥類において極めて小さなグループである。それらは短い翼を高速かつ集中的に使って飛翔する。ほとんどの種が停空飛翔(ホバリング)により花蜜を採ることができるが、普段は採餌の時までよく枝にとまっている。

生息場所[編集]

巣をつくっている雌

開けた低地から標高1,700mにかけて生息する[7]。もともと多雨林の林縁、水辺の植物地帯、沿岸の低木地、ユーカリ林、マングローブ林などが生息場所であるキバラタイヨウチョウは[4]、人にもうまく適応しており、農耕地や果樹園、公園のほか[4]、今日かなり人口密度の高い地域にも一般的に生息し、人間の住居にさえ巣を形成する[12][13]

繁殖[編集]

本種は、北半球においては4月から8月に[12]、南半球のオーストラリアでは8月から3月にかけて繁殖する[4][14]。主に雌が[15]、若木やつる植物、低い枝先、ときには家屋やベランダなどに、樹皮、草、葉、クモの巣などの破片を使って[4]、入口に張り出した縁のあるフラスコ形で、下端部に素材を垂らした吊り巣をつくり[12]、種子の綿毛や羽毛をそのなかに敷く[4]。営巣後、雌は1-2個ないし3個(オーストラリアの平均1.95個[16])の、灰緑色に褐色の斑点のある卵を巣の広い端部に産む[4]。卵の大きさは約17×12mmで[10]、卵が孵るまでの13-15日間抱卵される[15]。雌は抱卵中、日中に少しだけ巣を離れることがある。雛が孵化した後、雌雄ともに育雛し、約2-3週間後には巣立つ[13]

オーストラリアにおいては、フトハシテリカッコウ英語版 (Chrysococcyx russatus) による托卵が知られている[4][15]


亜種[編集]

21亜種に分類される[2][17]

脚注[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3. Nectarinia jugularis”. IUCN. 2015年3月9日閲覧。
  2. ^ a b Cinnyris jugularis (Linnaeus, 1766) (accepted name)”. ITIS Species details. Integrated Taxonomic Information System. 2015年3月9日閲覧。
  3. ^ a b c 『三省堂 世界鳥名事典』 吉井正・三省堂編修所、三省堂2005年、169頁。ISBN 4-385-15378-7
  4. ^ a b c d e f g h Pizzy, Greham (1997). Field Guide to the birds of Austraria. Australia: Angus & Robertson. pp. 500-501. ISBN 0-207-19691-5. 
  5. ^ a b Christian Perez. “The Birds of Alabang Hills”. 2015年3月9日閲覧。
  6. ^ G.W.H. Davison; Yeap Chin Aik (2010). A Naturalist's Guide to the Birds of Malaysia and Singapore including Sabah & Sarawak. UK: Beaufoy Books. p. 99. ISBN 978-1-906780-21-0. 
  7. ^ a b c d Cheke & Mann (2001), pp. 82, 318
  8. ^ Robson, Craig (2005). New Holland Field Guide to the Birds of South-east Asia. UK: New Holland. pp. 276-277. ISBN 1-84330-746-4. 
  9. ^ 中國野鳥圖鑑. 台北: 翠鳥文化事業有限公司. (1996). p. 432-433. ISBN 957-99238-0-9. 
  10. ^ a b Slater, Peter (1989) [1986]. The Slater Field Guide to AUSTRALIAN BIRDS (Revised edition ed.). Australia: Ken Fin. p. 298-299. ISBN 0-947116-99-0. 
  11. ^ Simpson, Ken (1999). Field Guide to the birds of Austraria (6th ed.). Australia: Viking. pp. 272-273. ISBN 0-670-87918-5. 
  12. ^ a b c Ria Tan (2001年). “Olive-backed Sunbird”. 2015年3月9日閲覧。
  13. ^ a b Sunbird letters
  14. ^ William J. Maher (1992). “Breeding biology of the Yellow-bellied Sunbird Nectarinia jugularis in Northern Queensland” (pdf). Emu - Austral Ornithology 92: 57-60. http://www.publish.csiro.au/?act=view_file&file_id=MU9920057.pdf. 
  15. ^ a b c Cheke & Mann (2001), p. 318
  16. ^ Cheke & Mann (2001), p. 319
  17. ^ Clements, James F. (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. pp. 540-541. ISBN 978-0-8014-4501-9. 

参考文献[編集]

  • Cheke, Robert A.; Mann (2001). Sunbirds: A Guide to the Sunbirds, Flowerpeckers, Spiderhunters and Sugarbirds of the World. Helm Identification Guides. London: Christopher Helm. ISBN 1-873403-80-1. 

外部リンク[編集]