キバナウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キバナウツギ
Weigela maximowiczii 3.JPG
福島県中通り地方 2013年6月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: タニウツギ属 Weigela
: キバナウツギ W. maximowiczii
学名
Weigela maximowiczii (S.Moore) Rehder[1]
シノニム
  • Weigelastrum maximowiczii (S.Moore) Nakai[2]
和名
キバナウツギ(黄花空木)[3]

キバナウツギ(黄花空木、学名:Weigela maximowiczii )は、スイカズラ科タニウツギ属落葉低木[3][4][5]

特徴[編集]

樹高は2-3mになる。よく分枝し、樹皮は灰褐色、若いは緑色で開出毛が2列に生える。は対生し、葉柄はほとんどなく、葉身は長さ3.5-9cm、幅1-4cmの卵状楕円形で、葉の先端は急に細くのびて鋭くとがり、基部はくさび形または円形になり、縁には鋸歯がある。葉の両面に毛があり、特に裏面の中央脈上にある開出毛が目立つ[3][4][5]

花期は4-6月。枝上部の葉腋に少数のをつける。は早落性で、長さ8-15mm、毛があり、唇状に中・深裂し、上側の3裂片は長さ3-4mmと短く、下側の2裂片は2深裂する。花冠は淡黄色の鐘状漏斗形で、長さ3.5-4.5cmになり、先は5裂し、下側裂片の中央部は黄色になり橙色の網状紋がある。雄蕊は5本あり、花冠の上部につき、それぞれの葯は1列に合着する。柱頭は円盤状で、径2-2.5mmになる。果実蒴果で、長さ1.5-3cm、径2-3mmの細い円筒状になり、熟すと2裂し、先端は離れる。種子は長さ2.5-3.5mmの楕円形になり、周囲に短い翼がある[3][4][5]

分布と生育環境[編集]

日本特産。本州の北部から中部に分布し、湿った山地に生育する[4][5]。秋田県太平山を北限とし、長野県南部を西限とする[4]

和名、学名の由来[編集]

キバナウツギ(黄花空木)は、黄色い花を咲かせるウツギ(空木)の意味[5]。属名の Weigela は、ドイツの植物学者 Christian Ehrenfried Weigel (1748年 - 1831年)に因む。種小名の maximowiczii は、ロシアの植物学者マキシモヴィッチ(1827年 - 1891年)への献名[6]

ギャラリー[編集]

類似種[編集]

同属ウコンウツギに似る。ウコンウツギには花柄があり、花の後も萼が残り、裂開した蒴果の先端がつながっているが、キバナウツギには花柄がなく、萼は早落性で、裂開した蒴果の先端が離れることが相違点である[5]。また、ツクバネウツギ属ツクバネウツギに似るが、ツクバネウツギにはプロペラ状の萼片がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ キバナウツギ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ キバナウツギ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d 『樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物) 山溪ハンディ図鑑5』p.395
  4. ^ a b c d e 『日本の野生植物 木本II』p.238
  5. ^ a b c d e f 『新牧野日本植物圖鑑』p.718
  6. ^ 『新牧野日本植物圖鑑』p.1315, p.1336

参考文献[編集]