キニー湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キニー湖英語: Kinney Lake)とは、北アメリカ大陸の北西部のカナディアン・ロッキーに存在する、小さなの1つである。また、ロブソン川英語版の流れの途中に存在する、幾つかの湖の1つでもある。

概要[編集]

北緯53度04分35秒 西経119度11分03秒 / 北緯53.076435790061度 西経119.18426808度 / 53.076435790061; -119.18426808から撮影したキニー湖。なお、右側に見える山がロブソン山。後方の遠くに見える山は、ホワイトホーン山である。

キニー湖は、おおよそ北緯53度04分57秒、西経119度11分34秒付近に位置しており、ここはカナダブリティッシュコロンビア州に属している[1]

湖面の標高は、約984mである[2]

この湖はロブソン山の山麓(ロブソン山の山頂から見て南西の方向)に存在しており、この付近は同州によってロブソン山州立公園英語版に指定されている。また、この湖の北岸側を通る遊歩道も整備されていて、同じく北岸側には1箇所キャンプ場も設置されており、そこには小屋も作られている[3]

ちなみに、イエローヘッド高速道路英語版の一部に当たる、ブリティッシュコロンビア州高速道路16号線英語版の近くに、夏季の間だけ開設されているロブソン山州立公園のビジターセンターからキニー湖までは、比較的平坦な道のりであり[2]、だいたい2時間から4時間で行くことが可能である[4]

ところで、キニー湖はロブソン川の途中に存在する(つまり、ロブソン川がこの湖に流れ込み、同じくロブソン川がこの湖から流れ出している)湖の1つであるわけだが[注釈 1]、この湖は、ロブソン川の源流と、ロブソン川の終点(フレーザー川との合流点)との中間地点よりも、やや下流側に位置している[注釈 2]

なお、この湖の名称は、ジョージ・キニー(George Kinney)の名を取ったものであり[5]、カナダ人でトロント大学に所属する地質学者であったアーサー・コールマンが命名を行った[1]

なお、ジョージ・キニーは、アーサー・コールマンの友人であり、共にこの湖の周辺地域を調査した人物であった。

注釈[編集]

  1. ^ キニー湖以外で、ロブソン川が流入し、同じくロブソン川が流出している湖としては、バーグ湖が挙げられる。
  2. ^ ロブソン川の源流であるロブソン氷河(氷河の先端にできているロブソン湖)と、ロブソン川の終点であるフレーザー川との合流点とを直線で結ぶと、キニー湖はだいたい中点に位置している。しかしながら、ロブソン川はリアガード山ロブソン山の北から西側を迂回して南へと流れているため、川筋で見ると、キニー湖の位置は中間地点よりも下流側に当たる。

出典[編集]

  1. ^ a b Kinney Lake British Columbia Geographical Names (ブリティッシュコロンビア州の地名)
  2. ^ a b ブリティッシュコロンビア州、ロブソン山州立公園のバーグ湖周辺散策路 (ここの右下に書かれている小さな図を参照。)
  3. ^ ブリティッシュコロンビア州、ロブソン山州立公園のバーグ湖周辺散策路
  4. ^ ロブソン山州立公園のVisitor Centreと、その周辺散策について p.2 (右側下部) Kinney Lake Trallの項目
  5. ^ アーサー・コールマン(Arthur Philemon Coleman) 『The Canadian Rockies ~ New and Old Trails ~ Mountain Classics Collection』 p.145 Rocky Mountain Books ISBN 9781894765763