キッテデカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キッテデカ
ジャンル 刑事漫画、青年漫画
漫画
原作・原案など 高橋遠州(原案)
作画 寺沢大介
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック増刊号
ビッグコミック
レーベル ビッグコミックス
発表号 (増刊)2011年10月17日号 - 2014年8月17日号
(本誌)2012年6号 - 2013年10号(共に不定期)
巻数 全2巻
話数 全18話(増刊13話、本誌5話)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

キッテデカ』は、作画:寺沢大介・原案:高橋遠州による日本漫画小学館の刊行する青年向け漫画雑誌『ビッグコミック増刊号』の2011年10月17日号に第1話が読み切り作品として掲載され、その後2014年8月17日号まで不定期連載された。また、『ビッグコミック』本誌にも2012年から2013年にかけて不定期掲載された。

切手マニアの刑事が、切手にまつわる事件に遭遇し、その知識を活かして活躍する、一話完結のシリーズである。

登場人物[編集]

警視庁[編集]

前島 郵雅(まえじま ゆうが)
主人公。警視庁刑事部特別捜査室に所属する刑事で、切手マニア。切手に対する情熱だけは誰にも負けない。
本人は日本郵便日本郵趣協会に就職し、勤務中は切手を眺め、仕事を終えた後に趣味の仲間と切手について語り合いたいと思っていたが、今田によって無理矢理警視庁の採用試験を受けさせられた上、特別捜査室に配属させられてしまう。そのため、本来なら警視庁に勤務するエリートだが、特別捜査室に配属されていること自体嬉しくもなく、仕事に情熱もなければ、敏腕ともいえず、切手に関すること以外は興味も示さない。同僚からも「役に立たないので何もしてくれないほうがいい」と言われているが、切手や郵便に関する事件が発生した際、その知識を活かし活躍する。郵便局員にも知り合いがいて、局員に目当ての切手をキープしてもらったり、彼にもめごと(事件)をもちこむこともある。
「切手」に関する知識における捜査には積極的なので、高倉に「それを応用した紙幣印刷」がらみの捜査を依頼された事が有る。
宮園 密香(みやぞの ひそか)
警視庁刑事部特別捜査室に配属された新人刑事。配属されてすぐ、前島とコンビを組まされ、以後前島の切手マニアぶりには閉口しているものの、そのままなし崩し的にコンビを組んでいる。
前島から、「自分と結婚したら、日本の郵便制度の父と呼ばれる前島密と一字違いの同名になるので、切手仲間にウケる」という理由でプロポーズされ激怒するが、その後も前島から「ヒソカちゃん」と呼ばれ口説かれている。
今田 英二郎(いまだ えいじろう)
警視庁刑事部特別捜査室の室長で前島や宮園の上司。前島の亡父の大学時代の後輩で、亡くなった先輩の代わりに自分が面倒をみるという理由で、嫌がる前島を無理矢理警視庁の採用試験を受けさせた上、特別捜査室に引っ張り配属させた。
仕事は二の次で勤務中も趣味に没頭している前島が頭痛の種ではあるが、切手に関わる難事件をいくつも解決している才能を期待している。
緒方 招二(おがた しょうじ)
警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係長で階級は警部。年齢は前島と同じくらいだが、ノンキャリアで最短距離で出世したエリート。上層部(高倉)からの強い希望で前島に捜査協力を求める。
当初は前島のことを自分より階級が下の平刑事だと軽んじていたが、捜査協力を求めた事件を、切手を通して解決した前島の才能を認め、評価する。
高倉(たかくら)
サイトウスタンプの常連客で、前島とは切手仲間。実は警視総監なのだが、前島はそのことに気づかずに接している。
前島の切手や郵便に関する知識を高く評価していて、今田を通して前島に捜査を依頼している。

その他[編集]

ペニー・ブラック
前島の切手仲間で、イギリス大使館の一等書記官。イギリス貴族の跡取り息子で、金持ちを自慢したり、多少小心な時があるが、正義感もあり悪人ではない。自分の国が世界で最初に郵便制度を作ったことを誇り、それを自慢している。前島が予約していた竜文切手を資本力で横取りしてしまい、前島と斉藤の企み(収集・投資価値のない幻の年月日切手を売りつける)に引っかかってしまう。また、切手投機者とともに「サイトウスタンプ」から切手を購入することが多い。宮園のことが好きらしいが、変人扱いされて相手にされない。なお、「ペニー・ブラック」とはイギリスで発行された世界初の切手の通称である。
斉藤 祐介(さいとう ゆうすけ)
サイトウスタンプという店を営む切手商。切手に関する知識と人脈は計り知れず、前島の切手に関する師匠とも呼べる存在で、前島もアドバイスを頼むことがある。だが、現金に弱く、前島が自分が買うので売らないように頼んでいた竜文切手を大金を積まれてあっさり売ってしまう。
郵便物に関する知識では「切手」が一番詳しいが、「消印」の知識も有る。そのため、前島にカラ出張疑いの政治家(官僚か?)の唯一の証拠品である「封書」の消印から、それが偽装(幻の年月日)であることを指摘してカラ出張の証拠を突き止める事が出来た。
小川 春男(おがわ はるお)
サイトウスタンプの常連客だが、純粋な中学生コレクターなので斉藤は良心的に対応している。父・雅男が中国駐在中、反日デモのあおりを受けてけがをして入院。彼は家計の足しにと切手を売ろうと考えていたが、斉藤は心配して前島に相談する。その後、彼を狙おうとした中国人暴漢は逮捕された。前島と宮園によって、雅男が現地の取引先から送られた「赤猿」切手を小川家で発見。この切手で糊口をしのげることになった。
彼は父や斉藤、前島からサル顔ということで「サル男(くん)」とあだ名で呼ばれている。また、飼い犬・パンチが見つけた市川海老蔵版画がきっかけで、詐欺師(自称貿易商)が摘発された。
坂井 孝幸(さかい たかゆき)
前島が親しく交流している若手の郵便局員。彼は赴任先(集配地区担当移転後)も常時、地区内の人々に親身になっている(一部誤って住所を間違えた手紙もちゃんと届けるぐらいである)。だが、地元の顔なじみだったフリーターに強盗目的で殺害される。前島は彼のダイイングメッセージをこつこつ探し出し、犯人を突き止めた。

書誌情報[編集]

関連項目[編集]

高橋遠州のその他の作品