キッチン南海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キッチン南海
Kitchen Nankai Jimbocho main branch 2019-01-26.jpg
神保町店(2019年1月)
レストラン情報
開店 1960年
種類 洋食
郵便番号/ZIP 101-0051
日本の旗 日本
住所 東京都千代田区
神田神保町1丁目5番
座標 北緯35度41分43.5秒 東経139度45分32.2秒 / 北緯35.695417度 東経139.758944度 / 35.695417; 139.758944座標: 北緯35度41分43.5秒 東経139度45分32.2秒 / 北緯35.695417度 東経139.758944度 / 35.695417; 139.758944
テンプレートを表示

キッチン南海(きっちんなんかい)は、東京都を中心に展開する洋食店である。本店は東京都千代田区神田神保町にあり、暖簾分けされた店舗が各所で営業している。

カレーライスカツカレー生姜焼き揚げ物フライを主軸にしたメニューに特徴がある。メニューや価格は、店舗によって異なる。

沿革[編集]

1960年東京都千代田区飯田橋で創業し、1963年に千代田区神田神保町に移転したのが始まり。店名は創業者が南海ホークスのファンであったことに由来し、チームカラーの緑色が店の看板にも使われている。一時は神田神保町で5店舗を展開した。

この店で修業した料理人が独立してキッチン南海の店名で開店したことから、神田神保町のほかにも同名の店舗があり、都内や近県に20店舗近くが存在する。独立時の条件が「大衆的な値段」のみであったため、メニューや価格は、店舗によって異なる[1]

本店[編集]

東京都千代田区神田神保町にて営業。出版社の多い地区に近いため、カツカレーを中心に、編集者作家にも愛好家が少なくない。文芸評論家福田和也は自著で度々取り上げ[2]、「神保町の顔」「これは文化財である」などと評している。対談場所としても用いられるなど、文壇では知られた店舗である。各界[3][4]に常連がいることから、マスメディアで紹介されることもある。

ランチタイム、夕方とも、行列のできていることの多い店舗である。客層は、若者から高齢者まで幅広い。代金は食後に支払う。

派生店[編集]

キッチン南海のカツカレー2014年1月30日東京都千代田区神田神保町の店舗で撮影)
キッチン南海の豚の生姜焼き2011年8月17日東京都墨田区両国の店舗で撮影)

東京都千代田区神田神保町の店舗から暖簾分けされた各店は、東京都内を中心に各地で営業している。

東京都世田谷区北沢下北沢駅に近い店舗には、「ハンバーグライス」というメニューがある。手づくりのハンバーグ目玉焼きが添えられ、色合いも悪くない。代金は食後に支払う。

世田谷区祖師谷祖師ヶ谷大蔵駅から北側に伸びる商店街にある店舗は[5]、店内の自動券売機で、注文の前に支払う方式をとっている。千代田区神田神保町の店舗と同じく、黒いカレーが名物である[6]メンチカツクリームコロッケをのせるカレーライスもある。

世田谷区豪徳寺にあった店舗は、カウンター7席とテーブル席を備える小規模店で、豪徳寺で定食屋と言えば名前の挙がることもある店であったものの、閉店した[7]

東京都新宿区下落合高田馬場駅に近い店舗も、店内の自動券売機で食券を購入してから注文する。味噌汁目玉焼きの付くメニューがあるのも特徴である。ハンバーグライスも提供していて、注文を受けてから焼き上がるまでおよそ15分かかることが示されている。

新宿区戸塚町にある早稲田大学近くの店舗[8]は、他店舗にあるメニューに加え、メンチカツやみそかつといった品書きもある。店内の自動券売機で食券を購入する方式。「ヤング南海」と呼ばれることもある。早稲田大学の学生からは味とコストパフォーマンスが評価され、同じく大学周辺にある他の2店とともに「三大油田」と総称されている[9][10]

店舗網[編集]

営業中[編集]

2019年10月時点。

  • 神保町店 - 総本店。東京都千代田区神田神保町1丁目
  • 東池袋店 - 豊島区東池袋4丁目
  • 南池袋店 - 豊島区南池袋1丁目
  • 両国店 - 墨田区両国2丁目
  • 駒場店 - 目黒区駒場1丁目
  • 梅ヶ丘店 - 世田谷区梅丘1丁目
  • 下北沢店 - 世田谷区北沢2丁目
  • 高円寺店 - 杉並区高円寺南4丁目(高円寺北2丁目から移転)[11][12]
  • 上井草店 - 杉並区井草5丁目
  • 早稲田店 - 新宿区戸塚町1丁目
  • 馬場南海 - 新宿区下落合1丁目。下井草店から移転
  • 向ヶ丘遊園店 - 神奈川県川崎市多摩区登戸
  • キッチンニュー南海 - 埼玉県川口市西川口4丁目。過去には都区内にも「ニュー南海」の店舗が存在した[13][14]
  • つくば店 - 茨城県つくば市吾妻1丁目。カレー専門店。つくばクレオスクエアQ'tフードコート内店舗[14]
  • 松本店 - 長野県松本市中央4丁目。本店の親族が経営[14]
  • カレーの南海 - 世田谷区祖師谷1丁目。カレー専門店[15]

閉店・移転した店舗[編集]

  • 小川町店 - 閉店[16]
  • 経堂店 - 閉店
  • 豪徳寺店 - 閉店[7]
  • 蔵前店 - 閉店[17]
  • 上石神井店 - 閉店
  • 井荻店 - 閉店
  • あずま通り店 - 閉店
  • 武蔵関店 - 2013年閉店[18]
  • 下井草店 - 高田馬場に移転、馬場南海となる[19]
  • キッチンニュー南海 神楽坂店 - 閉店後移転、新宿区山吹町に派生店「キッチンヨッチ」を開店[14][20]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石原真樹「カレー夏物語(1)――黒いルー『絶対変えぬ』――神保町キッチン南海――千代田区」『東京新聞中日新聞東京本社2015年8月10日、18面。
  2. ^ 福田和也『ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』PHP研究所2001年
  3. ^ 寺門ジモン『常連めし! 奇跡の裏メニュー』太田出版2014年
  4. ^ 伊藤ハムスター著、小野員裕案内人『うますぎ! 東京カレー』KADOKAWA、2014年。
  5. ^ なかだえりイラスト「東京どんぶらこ――祖師ケ谷大蔵(世田谷区)」『東京新聞』26521号、11版、中日新聞東京本社2016年9月17日、32面。
  6. ^ 八塩圭子「ウルトラ興奮の商店街」『東京新聞』26521号、11版、中日新聞東京本社2016年9月17日、32面。
  7. ^ a b 安西水丸「悦楽の『大衆食堂』」『週刊ダイヤモンド』98巻22号、ダイヤモンド社2010年5月22日、56-57頁。
  8. ^ スポーツ報知報知新聞社2005年10月27日、24面。早稲田大学出身の牧原俊幸は、学生時代に通っていた
  9. ^ 「早和辞典 第十版」『Milestone Express』第35号、マイルストーン編集会、2016年、133ページ。
  10. ^ 「キッチン南海」『Milestone Express Portable 2016』マイルストーン編集会、47ページ。
  11. ^ 【移転】キッチン南海 高円寺店 食べログ
  12. ^ キッチン南海 高円寺店 食べログ
  13. ^ キッチンニュー南海 食べログ
  14. ^ a b c d キッチン南海&キッチン南海スピンオフ店 全店ガイドブック 食べログまとめ
  15. ^ カレーの南海 食べログ
  16. ^ 【閉店】キッチン南海 小川町店 食べログ
  17. ^ 【閉店】キッチン南海 蔵前店 食べログ
  18. ^ 【掲載保留】キッチン南海 武蔵関店 食べログ
  19. ^ 【閉店】キッチン南海 下井草店 食べログ
  20. ^ キッチンヨッチ 食べログ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]