キッチンジロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社キッチンジロー
Kitchen Jiro
東京都台東区東上野・キッチンジロー東上野店(2006年9月12日)
東京都台東区東上野・キッチンジロー東上野店(2006年9月12日)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
101-0052
東京都千代田区神田小川町3-20
キッチンジロービル
設立 1975年1月22日
1964年3月16日創業
業種 サービス業
法人番号 3010001014805
事業内容 総合フードビジネス、飲食店経営
代表者 代表取締役 小林二郎
資本金 2000万円
売上高 10億2800万円(2011年12月実績)
従業員数 71名(他にアルバイト約100名)
決算期 12月
主要子会社 株式会社玉ジロー
外部リンク http://www.kitchenjiro.co.jp/
テンプレートを表示

キッチンジロー(Kitchen Jiro)は、東京都山手線圏内エリアを中心に、株式会社キッチンジローが運営する、ハンバーグ帆立クリームコロッケ・若鶏のから揚げをメインに扱ったレストランチェーンである[1]2016年現在、直営店24店舗、フランチャイズ店4店舗を展開している[2]

概要[編集]

1964年昭和39年)、小林二郎東京都千代田区神田神保町にて、自身の名前を店名に採用した「キッチンジロー」を創業[3]

創業当時より都心のサラリーマン・学生をターゲットとし、都心部でのイートイン・デリバリー・テイクアウトでのハンバーグ帆立クリームコロッケ・から揚げなどの定番人気メニューを中心として扱った定食メニューを得意としたレストランを運営。オフィス街でのデリバリー配達は、小回りの利く自転車を使い、広範囲の配送エリアを届けている(現在はオートバイも使用)。

自社工場(セントラルキッチン)でハンバーグ用合挽きを製造し、店舗へ配送、店のコックが直接合挽きを計量・パティに成型しながら空気抜きの仕上げを両手でパティを上下させ叩きながら行う。近年の品質のいい、メーカー製ハンバーグパティを使わずに手作り・仕込みを丹念に行う努力・品質が、流行り廃りが多い外食産業の中で、創業から40年以上経た現在でも「消費者から飽きられない強さ」があるチェーン店として発展し、現在に至る。

最盛期の1996年には、直営店27店舗、フランチャイズ店27店舗の規模であったが、その後、店舗数を減少させた[3]

主な主力メニュー[編集]

揚げ物類(フライ物、とんかつ類)は、生パン粉をメーカーから仕入れ、店舗でパン粉付けを行っている。

居酒屋タイプ店舗[編集]

  • 歩(いっぽ)
  • 魚屋小次郎
  • 次郎亭

関連企業[編集]

脚注[編集]

  1. ^ メニュー”. キッチンジロー. 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ 店舗案内”. キッチンジロー. 2016年1月1日閲覧。
  3. ^ a b “おしゃれに洋食、人気回復へ店内刷新 「キッチンジロー」”. 朝日新聞・東京朝刊・東京: p. 35. (2002年9月20日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

外部リンク[編集]