キッコウリュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キッコウリュウ
キッコウリュウ
キッコウリュウ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ユリ目 Liliales
: ヤマノイモ科 Dioscoreaceae
: ヤマノイモ属 Dioscorea
: キッコウリュウ D. elephantipes
学名
Dioscorea elephantipes
(L'Hér.) Engl.
シノニム
Testudinaria elephantipes
和名
キッコウリュウ
英名
Elephant's foot
Hottentot bread

キッコウリュウ(亀甲竜[2]Dioscorea elephantipes (ディオスコレア・エレファンティペス[2][3]): elephant's footアフリカーンス語: Hottentotsbrood)は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属(ディオスコレア属)に属する落葉多年生植物[2]

名称[編集]

学名、英名、和名別称の由来になったゾウの足。

茎頂から1本のが伸びるためツルカメソウ(蔓亀草)とも呼ばれる[4]。また、英名elephant's footは直訳すると「ゾウの足」。そのためゾウノアシソウ(象の足草)とも呼ばれる[4]種小名elephantipesもここから。シノニムの属名Testudinariaカメに由来する。これは塊茎が亀甲状であることから。

分布[編集]

ナミビア南アフリカ共和国北ケープ州西ケープ州東ケープ州)に自生する[1]

特徴[編集]

高さ約50cm、幅約1mで生育は極めて遅い[2]。木質でドーム型の塊茎を持つ多肉植物[2]。塊茎(塊状の根茎)は直径30-100cm,表面には木質の角張ったこぶ状の突起があり亀甲状となっている[4]一年生蔓状茎を伸ばす[2]。花は黄色で、秋に開花する[2]。耐えることのできる最も低い温度は10℃[2]。日向を好み、土壌は水捌けの良いところを好む[2]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Hills, R. & Wilkin, P. (2017). Dioscorea elephantipes. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T100890140A100890142. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T100890140A100890142.en. Downloaded on 21 October 2018.
  2. ^ a b c d e f g h i 英国王立園芸協会監修(責任編集:Christopher Brickell、監訳:塚本洋太郎)『新・花と植物百科(New Encyclopedia of Plants and Flowers)』同朋舎、発売:角川書店、2001年3月15日、467頁。ISBN 4810426572
  3. ^ 横町, 健『All about CAUDEX 塊根植物のすべて』三才ブックス、2016年、109頁。ISBN 978-4-86199-934-5
  4. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 ツルカメソウ”. kotobank. 2014年7月26日閲覧。

関連項目[編集]