キチジョウソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キチジョウソウ
キチジョウソウ.jpg
庭に咲くキチジョウソウ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : スズラン亜科 Nolinoideae
: キチジョウソウ属 Reineckea
: キチジョウソウ R. carnea
学名
Reineckea carnea
(Andrews) Kunth
和名
キチジョウソウ

キチジョウソウ(吉祥草、学名:Reineckea carnea)はスズラン亜科常緑多年草日本国内では関東から九州、また中国の林内に自生し、栽培されることもある。

家に植えておいて花が咲くと縁起がよいといわれるので、吉祥草の名がある。

特徴[編集]

地下茎が長くのびて広がり、細長い葉が根元から出る。
は秋に咲く。根元にヤブランにやや似た穂状花序を出し、下部は両性花、上部は雌蕊のない雄花が混じり、茎は紫色。花は白い花被が基部で合生し筒状となり、先は6裂して反り返り、6本の雄蕊が突き出る。
果実は赤紫色の液果。