キタダケソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キタダケソウ
Callianthemum hondoence 01.jpg
キタダケソウ
(北岳肩ノ小屋・2007年8月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: キタダケソウ属 Callianthemum
: キタダケソウ C. hondoense
学名
Callianthemum hondoense
日本地図.svg
Habitat map Mt.Kitadake.gif
キタダケソウの生息地

キタダケソウ(北岳草 Callianthemum hondoense)はキンポウゲ科キタダケソウ属多年草高山植物

南アルプス北岳固有種で、高山帯の草地に生育する。花茎の高さは10-20cmで、先端に直径約2cmの白い花をつける。花期は雪解けの6月中旬から7月上旬と他の高山植物よりも早く、登山最盛期の8月には姿を消してしまう。1931年昭和6年)7月17日千葉高等園芸研究科生の清水基夫が北岳山頂直下で新種のこの植物を採取し、後にキタダケソウと名付けられた[1]

保護上の位置づけ[編集]

近縁種[編集]

関連画像[編集]

Callianthemum hondoence 02.jpg
Mt.Kitadake 02.jpg
Kitadake south ridge.jpg
キタダケソウの葉 キタダケソウが自生する
南アルプス北岳 (標高3,193m)
キタダケソウ自生地
(北岳南稜・八本歯コルを望む
トラバース道付近)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南アルプス芦安山岳館 塩沢久仙「テーマⅠ『南アルプスの自然は今』 (PDF) 」 、『News Letter』第122号、財団法人 山梨総合研究所、甲府、2008年8月28日、 2頁、2011年3月3日閲覧。

関連項目[編集]