キタキリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キタキリン
Giraffa camelopardalis head (Profil).jpg
アンネヴィル動物園のキタキリン
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
: キリン科 Giraffidae
: キリン属
Giraffa
: キタキリン G. camelopardalis
学名
Giraffa camelopardalis
(Linnaeus, 1758)

キタキリン(northern giraffeまたはthree-horned giraffe[2])は、北アフリカに生息するキリン属タイプ種である。

現在の国際自然保護連合(IUCN)の分類体系では、キリン属キリン(G. camelopardalis)の一種だけで9つの亜種が存在するとされるが、2つから11の種に分かれるとの説もある[3][4]

19世紀以降はアフリカ全体に分布し、セネガルマリナイジェリアから、西アフリカエジプト北部にまで及んだ[5]ナイジェリアキリンは、かつてアルジェリアモロッコに生息したが、サハラ砂漠乾燥帯化により絶滅し[6][7][5]南スーダンケニアチャドニジェールに残されるのみとなった。

キリン属の全ての種は、IUCNにより危急種に分類されている[4][8]。2016年には、全ての亜種を合わせて約9.7万頭いたが[8]、現在、キタキリンの生息数は5,195頭である。

分類と進化[編集]

現在のIUCNの分類体系では、キリン属には1種(G. camelopardalis)9亜種が分類される[8][9]。2021年に行われた全ゲノムシーケンスにより、それが別個の種であり、3つの亜種が存在することが示唆された[10]

画像 亜種 記載 分布
Zoo de Vincennes, Paris, France April 2014 (7), crop.jpg コルドファンキリン (G. c. antiquorum) 斑点は、飛節の下と脚の内側に見られる。オスには中央部に瘤がある。 チャド南部、中央アフリカ共和国、カメルーン北部、コンゴ民主共和国北東部
Giraffa camelopardalis camelopardalis (Al Ain Zoo, UAE), crop & flip.jpg ヌビアキリン (G. c. camelopardalis) 多くの場合白い線で囲まれた栗色の斑点で明確に区別されるが、下面には斑点はない。ウガンダキリンエコタイプも含む。 南スーダン東部、エチオピア南西部、ケニヤ、ウガンダ
Giraffe Retouch.jpg ナイジェリアキリン (G. c. peralta) 他の亜種よりも軽い毛を持ち、飛節の下に葉のような形の模様がある。 ナイジェリア南西部

記載[編集]

キタキリンの頭蓋骨

キタキリンは、額にオシコーンと呼ばれるに似た突起を2本持つ。ミナミキリンと比べてオシコーンは大きく長いが、オスのキタキリンは、頭の中央、目の下あたりに、長さ3-5インチの円筒形の3本目のオシコーンを持つ[2]

分布と生息地[編集]

キタキリンは、サバンナ灌木地疎林に生息する。様々な場所で局地的に絶滅した後、キタキリンは最も数の少なく、最も危機に瀕した種となった。東アフリカでは、大部分がケニアとエチオピア南部で見られるが、コンゴ民主共和国の北東部や南スーダンにもわずかに生息する。中央アフリカの中央アフリカ共和国、チャド、カメルーンには、約2,000頭が生息する。かつては西アフリカに広く分布していたが、現在は数百頭がニジェールクレにあるドッソ保護地に存在するのみである。これらは、保護地の内外で一般的に見られる[4]

キタキリンが最初に生息していたのは、鮮新世後期のチャドであり、かつては北アフリカに豊富に生息していた。更新世初期から第四紀にかけては、アルジェリアにも生息していた。サハラ砂漠がキリンの生存に適さない乾燥気候となり絶滅する西暦600年頃までは、モロッコにも生息していた[6]リビア、エジプトでも既に絶滅している[7]

出典[編集]

  1. ^ Fennessy, J. & Marais, A. (2018). Giraffa camelopardalis ssp. antiquorum. IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T88420742A88420817. https://www.iucnredlist.org/species/88420742/88420817. 
  2. ^ a b Linnaeus, C. (1758). The Nubian or Three-horned giraffe (Giraffa camelopardalis). Existing Forms of Giraffe (February 16, 1897): 14.
  3. ^ Petzold, Alice; Hassanin, Alexandre (2020-02-13). “A comparative approach for species delimitation based on multiple methods of multi-locus DNA sequence analysis: A case study of the genus Giraffa (Mammalia, Cetartiodactyla)” (英語). PLOS ONE 15 (2): e0217956. Bibcode2020PLoSO..1517956P. doi:10.1371/journal.pone.0217956. ISSN 1932-6203. PMC 7018015. PMID 32053589. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7018015/. 
  4. ^ a b c Muller, Z.; Bercovitch, F.; Brand, R.; Brown, D.; Brown, M.; Bolger, D.; Carter, K.; Deacon, F. et al. (2018). Giraffa camelopardalis. IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T9194A136266699. https://www.iucnredlist.org/species/9194/136266699 2021年6月14日閲覧。. 
  5. ^ a b Alexandre Hassanin, Anne Ropiquet, Anne-Laure Gourmand, Bertrand Chardonnet, Jacques Rigoulet : Mitochondrial DNA variability in Giraffa camelopardalis: consequences for taxonomy, phylogeography and conservation of giraffes in West and central Africa. C. R. Biologies 330 (2007) 265–274. online abstract
  6. ^ a b Anne Innis Dagg (23 January 2014). Giraffe: Biology, Behaviour and Conservation. Cambridge University Press. p. 5. ISBN 9781107729445. https://books.google.com/books?id=1xOZAgAAQBAJ&q=Giraffe+Algeria&pg=PA5 2017年3月30日閲覧。 
  7. ^ a b Fred Wendorf; Romuald Schild (11 November 2013). Holocene Settlement of the Egyptian Sahara: Volume 1: The Archaeology of Nabta Playa. Springer Science & Business Media. p. 622. ISBN 9781461506539. https://books.google.com/books?id=R0buBwAAQBAJ&q=Wadi+el-Akhdar+giraffe&pg=PA622 2017年3月30日閲覧。 
  8. ^ a b c Muller, Z. (2016). “Giraffa camelopardalis (Giraffe)”. IUCN Red List of Threatened Species 2016. https://web.archive.org/web/20190514132147/https://oldredlist.iucnredlist.org/details/9194/0 2017年5月2日閲覧。. 
  9. ^ Bercovitch, Fred B.; Berry, Philip S. M.; Dagg, Anne; Deacon, Francois; Doherty, John B.; Lee, Derek E.; Mineur, Frédéric; Muller, Zoe et al. (2017-02-20). “How many species of giraffe are there?” (English). Current Biology 27 (4): R136–R137. doi:10.1016/j.cub.2016.12.039. ISSN 0960-9822. PMID 28222287. 
  10. ^ Coimbra, Raphael T.F.; Winter, Sven; Kumar, Vikas; Koepfli, Klaus-Peter; Gooley, Rebecca M.; Dobrynin, Pavel; Fennessy, Julian; Janke, Axel (2021). “Whole-genome analysis of giraffe supports four distinct species”. Current Biology 31 (13): 2929–2938.e5. doi:10.1016/j.cub.2021.04.033. ISSN 0960-9822. PMID 33957077. 

外部リンク[編集]