キシレノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キシレノール (xylenol) は、フェノール類の一種で、フェノール(石炭酸)に二個のメチル基が置換した構造を持つ毒物である。IUPAC命名法ではジメチルフェノールと表され、メチル基の位置が特定されていない場合のCAS登録番号 (CAS RN) は [1300-71-6]。飲んだり皮膚についたりするとやけどを起こす。

産業廃棄物の処理場付近の土壌検査で、有害物質として検査対象になっている。

6種類の位置異性体が存在する。いずれもほぼ無色の液体または固体である。化合物名の頭にある数字はメチル基の位置を表す。

参考文献[編集]

  • Merck Index 13th ed., 10137.