キアヌ・リーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キアヌ・リーヴスから転送)
移動先: 案内検索
キアヌ・リーブス
Keanu Reeves
Keanu Reeves
本名 Keanu Charles Reeves
生年月日 (1964-09-02) 1964年9月2日(53歳)
出生地 レバノンの旗 レバノンベイルート
国籍 カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 186 cm[1]
職業 俳優・ミュージシャン
ジャンル 映画
活動期間 1986年 -
主な作品
ハートブルー
スピード
マトリックス』シリーズ
コンスタンティン
ジョン・ウィック』シリーズ

キアヌ・チャールズ・リーヴス(Keanu Charles Reeves, 1964年9月2日 - )は、レバノン出生の多国籍(主にカナダで育った)の俳優・ミュージシャン[2]。身長186cm[1]左利き

来歴[編集]

俳優[編集]

9歳のとき、演劇『くたばれ!ヤンキース』で舞台出演した。本人は少年時代を振り返り「僕はサニー・チバ(千葉真一)の映画とともに育ったようなものなんだ」と語っている[3]。この頃の影響がアクション映画への思い入れとなっていく[3]

1989年に主演を務めたコメディ映画『ビルとテッドの大冒険』がヒット、続編も制作され、キアヌは「テッド役の10代の俳優」として世間に認知されるようになる。1991年には親友のリヴァー・フェニックスと共に『マイ・プライベート・アイダホ』に出演した。

1994年の映画『スピード』の大ヒットにより国際的スターとなった。続く『スピード2』にも出演オファーがあったが、『ディアボロス』と『死にたいほどの夜』に専念するために断った。その後もいくつかの映画に出演したがパッとせず、やや表舞台からは遠ざかっていた。1999年の映画『マトリックス』が世界的に大ヒットし再ブレイク、3部作に主演し、人気を不動のものとした。

音楽[編集]

1991年に結成されたグランジ・ロック・バンドの「ドッグスター」ではベースを担当した。同バンドはアルバム2枚を発表したが、2002年10月の来日公演を最後に活動休止した。その後、キアヌは「ベッキー」という別のバンドでもベースを弾いていたが、2006年には音楽活動を取りやめたことが報じられた[4]

人物[編集]

家族[編集]

父はハワイ出身のアメリカ地質学者[5]で、中華系ハワイアンである[6]。母はイングランド人の元ダンサー、デザイナー。キアヌという名前はハワイ語で「山からの涼風」もしくは「絶えず神の意識に集中する者」という意味を持ち、叔父のヘンリー・キアヌ・リーブスにちなんで付けられた。

妹のキムは、白血病のためハワイのコンドミニアムで医師による24時間体制の看護の下で療養生活を送っている[7]。また、キムのほかに異父妹カリーナ・ミラー(1986年、トロント生まれ)と、異母妹エマ・ローズ・リーブス(1980年、ハワイ生まれ)がいる。

幼少期は世界各地を転々としながら、母親の再婚相手と共に生活するという不安定なものであった。実父はキアヌが3歳の頃に妻子を捨てたため、現在に至るまでキアヌは実父と一切の縁を切っている。1966年の離婚後、母は衣装デザイナーの職に就き、最初はオーストラリア、続いてニューヨークシティへと移り住んだ。そこで母はハリウッドブロードウェーの監督のポール・アーロンと出会い、再婚する。しかし、家族で移り住んだ先のトロントで1971年に離婚した。1976年に実業家のロバート・ミラーと再々婚するも、1980年に離婚する。4番目の夫である美容師のジャック・ボンドとは、1994年に結婚生活の終わりを迎えている。両親に代わって、祖父母とナニーベビーシッターホームスクールの先生)が、キアヌとキムの面倒を見た。

キアヌは主にトロントで育ったが、5年間に4つの高校に通っている。そのうちの一校Etobicoke School of the Artsでは退学処分を受けている。その理由について彼は「だって、僕はだらしなくて落ち着かない生徒だったからね。少々やんちゃで、嘘をつき過ぎた。端的に言って素行のいい生徒じゃなかった。恐らくみんなの足を引っ張る存在だったんだね」と語っている。キアヌはアイスホッケーにおいて優れた能力を発揮する一方、失読症により学業に苦労した。通った高校のうちのもう一校De La Salle College "Oaklands"では、ゴールテンダーとして活躍した。仲間は彼を「The Wall(壁)」と呼び、投票で最優秀選手に選出した。当時のキアヌにとっては、冬季オリンピックアイスホッケーカナダ代表の選手になることが一番の夢であったが、怪我によりその道は断たれた。その後、俳優業と並行して通えるフリースクールに入るも中退する。結局、高校教育を修了することはなかった。

キアヌには1999年にジェニファー・サイムという恋人を妊娠させたが、妊娠8ヶ月の2000年1月に女児が死産してしまい、それから数週間ほどした頃に2人は別れるも、その後も親しい友人としての関係は続いた。翌年、彼女自身もマリリン・マンソン宅のパーティーに参加した帰り、自らの運転する車で起こした事故により他界した[8]コカインを始めとする複数の薬物摂取下での運転であった。

アメリカの一部メディアで、キアヌの性的指向について「ゲイバイセクシャル」、「ゲフィン・レコードの社長と同性結婚」などと報道されたことがある。しかし、この時期の前後に『マイ・プライベート・アイダホ』という同性愛を描いた映画に出演したことが、これらの記事にも影響を与えた可能性があるともいわれる。それらの報道に対しては、否定も肯定もせずノーコメントを通し、本人は「弁護士を立てるほどじゃない、笑って無視すればいい」と語っている。

チベット仏教転生ラマを主題とする映画『リトル・ブッダ』で、ゴータマ・シッダールタ役として出演している。キアヌ自身も仏教徒である[9][10]

嗜好[編集]

上述のとおり千葉真一の熱狂的なファンで[3]、「(千葉主演の)『激突! 殺人拳』からアクションと芝居を学んだ。僕は映画用のカンフーならできるけど、サニー千葉は実際に人をボコボコにできる。情熱を感じる」と受けた影響を語っており、主演映画『ジョン・ウィック』のプロモーションで来日した2015年10月に千葉と待望の対面を果たした際には、"Oh my god!" を連発[11]、固い握手を交わながら「ハジメマシテ、マエストロ!(巨匠)」と千葉へ挨拶し、「あなたはキャラクターを演じるだけでなく、そこにアクションを盛り込んだ。屈強なキャラクターにもあなたが演じると心が感じられる」と身振り手振りを交えながら、終始嬉しそうに大はしゃぎの様子だった[11]

オートバイ好きでレースに出場することも多く[3]ノートン製のバイク2台の他、ハーレー・ダヴィッドソン、オフロード用のバイクなど複数台のバイクを所有しており、バイクに乗る姿が目撃されている。一方で転倒や事故も数回起こしており、特に『マトリックス』のクランクイン前に首や脊椎を痛める大事故を起こし、手術が必要なほどの重傷を負った。術後、首にギプスをしたまま映画のアクションシーンの訓練をしている姿が『マトリックス』の特典映像にも見られた。車は黒いポルシェを所有しているが、友人と出かける時に乗る程度で埃をかぶっていることが多いらしい。『マトリックスシリーズ』が完結したあと、「映画の成功は特殊効果チームのおかげ」と言い、映画に関わったクリエーターたち全員にハーレー・ダヴィッドソンをプレゼントしたという逸話もある。2015年7月26日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースのために来日し、決勝日前に自身がプロデュースしている『Arch Motorcycle』を繰ってサーキットを疾走した[12]。レース当日にも前日同様に自らのマシンでサーキットを走った上、8耐レースのスターターとしてスターティングフラッグを振り、鈴鹿サーキット内でトークショーも開催した[13]

帝国ホテルが大のお気に入りである。映画『JM』では「洗濯を頼みたい。帝国ホテルで頼むような洗濯だ。東京の……」というアドリブを入れた。ラーメンが大好きで、中でも味噌ラーメンがお気に入りである。来日した時には必ずラーメン屋に立ち寄り、ハシゴすることもしばしばで贔屓の店まである。

出演作品[編集]

吹き替えは主に「マトリックス」以降、森川智之小山力也が担当している。90年代は宮本充堀内賢雄山寺宏一が多く担当していた。

公開年 邦題
原題
役名 備考
1985 Letting Go 学生
One Step Away ロン・ペトリー
1986 栄光のエンブレム
Youngblood
ヒーヴァー
ドリーム・トゥ・ビリーヴ
Flying
トミー・ワーニック 別題『栄光へのフィニッシュ』
リンゼイ・ワグナーのヤング・アゲイン
Young Again
17歳の時のマイク・ライニー
アンダー・ブルー
Under the Influence
エディ・タルボット
Act of Vengeance ブディ・マーティン
リバース・エッジ
River's Edge
マット
ザ・ブラザーフッド
Brotherhood of Justice
デレク 別題 『愚か者』
おもちゃの国のクリスマス
Babes in Toyland
ジャック・フェントン / ジャック・ニンブル
1988 パーマネント・レコード
Permanent Record
クリス・タウンセンド
旅立ちの季節/プリンス・オブ・ペンシルバニア
The Prince of Pennsylvania
ルパート・マーシェッタ
ミッドナイトをぶっとばせ!
The Night Before
ウィンストン・コネリー
危険な関係
Dangerous Liaisons
ル・シュヴァリエ・ラファエル・ダンスニー
1989 ビルとテッドの大冒険
Bill & Ted's Excellent Adventure
テッド・"セオドア"・ローガン
バックマン家の人々
Parenthood
トッド・ヒギンズ
熱砂の恋/アヴァンチュール・サマー
Life Under Water
キップ
1990 殺したいほどアイ・ラブ・ユー
I Love You to Death
マーロン・ジェームズ
ラジオタウンで恋をして
Tune in Tomorrow
マーティン・ローダー
1991 ハートブルー
Point Break
ジョン・"ジョニー"・ユタ
ビルとテッドの地獄旅行
Bill & Ted's Bogus Journey
テッド・"セオドア"・ローガン
マイ・プライベート・アイダホ
My Own Private Idaho
スコット・ファーヴァー
Providence エリック
1992 ドラキュラ
Bram Stoker's Dracula
ジョナサン・ハーカー
1993 から騒ぎ
Much Ado About Nothing
ドン・ジョン
リトル・ブッダ
Little Buddha
シッダールタ王子 / ブッダ
Poetic Justice ホームレスの男 クレジット表記なし
ミュータント・フリークス
Freaked
飼い主の少年 クレジット表記なし
カウガール・ブルース
Even Cowgirls Get the Blues
ジュリアン・ギッチェ
1994 スピード
Speed
ジャック・トラヴェン
1995 JM
Johnny Mnemonic
ジョニー
雲の中で散歩
A Walk in the Clouds
ポール・サットン
1996 チェーン・リアクション
Chain Reaction
エディ・カサリヴィッチ
フィーリング・ミネソタ
Feeling Minnesota
ジャック・クレイトン
1997 死にたいほどの夜
The Last Time I Committed Suicide
ハリー
ディアボロス/悪魔の扉
The Devil's Advocate
ケヴィン・ロマックス
1999 マトリックス
The Matrix
トーマス・アンダーソン / ネオ
Me and Will 本人
2000 リプレイスメント
The Replacements
シェーン・ファルコ
ザ・ウォッチャー
The Watcher
デヴィッド・アレン・グリフィン
ギフト
The Gift
ドニー・バークスデール
2001 スウィート・ノベンバー
Sweet November
ネルソン・モス
陽だまりのグラウンド
Hardball
コナー・オニール
2003 マトリックス リローデッド
The Matrix Reloaded
トーマス・アンダーソン / ネオ
アニマトリックス
The Animatrix
トーマス・アンダーソン / ネオ
マトリックス レボリューションズ
The Matrix Revolutions
トーマス・アンダーソン / ネオ
恋愛適齢期
Something's Gotta Give
ジュリアン・マーサー
2005 コンスタンティン
Constantine
ジョン・コンスタンティン
サムサッカー
Thumbsucker
ペリー・ライマン
ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー
Ellie Parker
本人
2006 イルマーレ
The Lake House
アレックス・ウィラー
スキャナー・ダークリー
A Scanner Darkly
ボブ・アークター
2008 フェイク シティ ある男のルール
Street Kings
トム・ラドロー
地球が静止する日
The Day the Earth Stood Still
クラトゥ
2009 50歳の恋愛白書
The Private Lives of Pippa Lee
クリス・ナドー
2011 フェイク・クライム
Henry's Crime
ヘンリー・トーン
2012 サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ
Side by Side
本人 兼製作
シークレット・パーティー
Generation Um...
ジョン
2013 ファイティング・タイガー
Man of Tai Chi(米) / 太極侠(中)
ドナカ 兼監督
47RONIN
47 Ronin
カイ
2014 ジョン・ウィック
John Wick
ジョン・ウィック
2015 ノック・ノック
Knock Knock
エヴァン 兼プロデューサー[14]
日本公開は2016年6月[15]
2016 エクスポーズ 暗闇の迷宮
Exposed
スコッティ・ガルバン刑事
砂上の法廷
The Whole Truth
ラムゼイ [16]
ネオン・デーモン
The Neon Demon
ハンク
マッドタウン
The Bad Batch
ザ・ドリーム
2017 ジョン・ウィック:チャプター2
John Wick: Chapter Two
ジョン・ウィック
心のカルテ
To the Bone
ウィリアム・ベッカム医師

Replicas
ウィル・フォスター ポストプロダクション

The Starling
ジャック プリプロダクション

Rally Car
プリプロダクション
2018
Siberia
ルーカス・ヒル プリプロダクション

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Keanu Reeves - Biography”. インターネットムービーデータベース. 2012年6月20日閲覧。
  2. ^ カナダ以外にもアメリカイギリスの国籍を持っている(多重国籍)が、主にトロントで育ったため自分をカナダ人とみなしている。
  3. ^ a b c d 桜井美和 (2013年12月18日). “スリムボディーが復活 キアヌ・リーブス”. 読売新聞 (YOMIURI ONLINE). オリジナル2016年6月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/8y63a 2016年6月24日閲覧。 
  4. ^ Keanu Reeves - No More Rock 'n' Roll for Reeves” (英語). Contactmusic (2006年3月11日). 2009年3月13日閲覧。
  5. ^ filmreference.com. “Keanu Reeves Biography (1964-)” (英語). 2009年4月3日閲覧。
  6. ^ Go Lisbon: Familiar Faces with a Portuguese Background in American Arts and Entertainment”. 2008年1月10日閲覧。
  7. ^ http://www.femalefirst.co.uk/celebrity/Keanu+Reeves-563.html
  8. ^ Findadeath.com: Jennifer Syme
  9. ^ The religion of Keanu Reeves, actor
  10. ^ Tibetan Buddhist in Hollywood
  11. ^ a b “千葉真一初対面でキアヌ大興奮、熱いリアクションに「かわいい」の声。”. ナリナリドットコム. ZIP! (Narinari.com). (2015年10月6日). http://www.narinari.com/Nd/20151034070.html 2015年10月6日閲覧。 
  12. ^ キアヌ・リーブス、鈴鹿8時間耐久レースのコースを試乗 「夢みたいだ」 F1-Gate 2015年7月26日閲覧
  13. ^ キアヌ感激!鈴鹿『8耐』でスターター「最高のレース」 サンケイスポーツ 2015年7月27日閲覧
  14. ^ キアヌ・リーヴスが悲鳴上げる、イーライ・ロス監督「ノック・ノック」特報”. 映画ナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  15. ^ キアヌ・リーヴス主演「ノック・ノック」公開日決定、今度のキアヌは脇が甘い”. 映画ナタリー (2016年2月15日). 2016年2月16日閲覧。
  16. ^ “キアヌ・リーブス、「砂上の法廷」の弁護士役は「マトリックス」のネオに近い!”. 映画.com. (2016年3月24日). http://eiga.com/news/20160324/3/ 2016年3月24日閲覧。 

外部リンク[編集]