ガール・ライク・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガール・ライク・ユー
フォリナーシングル
初出アルバム『4
B面 アイム・ゴナ・ウィン
リリース
規格 7"
録音 1981年
ジャンル ソフトロッククラシック・ロックポップ・ロックシンスロック
時間
レーベル アトランティック
作詞・作曲 ミック・ジョーンズルー・グラム
プロデュース ロバート・ジョン・"マット"・ランジ、ミック・ジョーンズ
フォリナー シングル 年表
アージェント
(1981)
ガール・ライク・ユー
(1981)
ジューク・ボックス・ヒーロー
(1982)
ミュージックビデオ
「Waiting For A Girl Like You」 - YouTube
テンプレートを表示

ガール・ライク・ユー」 (Waiting for a Girl like You) は、1981年のイギリス人アメリカ人ロックバンド、フォリナーによるパワーバラードである。特有のシンセサイザーは、当時あまり知られていなかったトーマス・ドルビーによって演奏された。

チャート[編集]

この曲は、アルバム『4』 (1981年) から2番目にリリースされたシングルであり、ルー・グラムミック・ジョーンズの共作である。Billboard Hot 100では最高2位に、ロックトラックチャートでは1位に達し、バンドの世界的に最も有名な曲の1つとなった[1]。ビルボードのアダルトコンテンポラリーチャートでは、トップ5に達した[2]。イギリスでは、全英シングルチャートで8位に達した。

「ガール・ライク・ユー」は、Billboard Hot 100の1位には到達しなかったが、同チャートで10週間連続2位となり、記録を塗り替え、珍しいチャートの成績を残した。最初にチャート入りしたのは1981年10月で、11月28日に2位に達した。このとき9週連続で1位を保持していたのは、オリビア・ニュートン=ジョンのシングル「フィジカル」で、その後、1982年1月30日の10番目の週は、ダリル・ホール&ジョン・オーツの「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」が1位となった[3]。しかし、1982年のトップ100シングルでは19位まで到達した。キャッシュボックスでも最高2位に終わったが、ラジオ&レコーズ(CHRチャート)では、1981年11月6日付〜12月11日付まで6週連続1位を記録した。

シングルとしてこの曲がリリースされる前には、フォリナーは、ロックステーションやトップ40などで大部分のエアプレイを獲得するハードロックバンドと考えられていたが、この曲によって、トップ40ラジオ局でグループがさらに取り上げられるようになった。また、この曲がソフトであったため、多くのアダルト・コンテンポラリーラジオ局でこの曲が流され、メンバーがもともと目指していなかったジャンルにも影響するようになった。さらに、この曲は、より広い視聴者に、よりハードなロックを見せることで、極めて重要なものとなった。

「ビルボードの史上最も偉大な曲」で80位となっている[4]

出典[編集]

  1. ^ Whitburn, Joel (2004). The Billboard Book of Top 40 Hits, 8th Edition (Billboard Publications), page 234.
  2. ^ Hyatt, Wesley (1999). The Billboard Book of No. 1 Adult Contemporary Hits (Billboard Publications), page 333.
  3. ^ Bronson, Fred (2003). The Billboard Book of No. 1 Hits, 5th Edition (Billboard Publications), page 601.
  4. ^ Billboard Greatest Songs of the Hot 100