ガーデンナイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
代表的な形状のガーデンナイフ

ガーデンナイフ英語: Garden Knife/Garden Knives《複数形》)”とは、園芸ガーデニング)もしくは農作業に用いられる比較的小型の刃物の名称である。

ガーデニングナイフGardenig Knife)”または“ガーデナーナイフGardener Knife)”とも呼ばれ、生花業で用いられるものは“フローリストナイフflorist Knife)”または“フラワーナイフFlower Knife)”と呼ばれる。

また、「山菜掘り」と呼ばれるナイフの別称としても「ガーデンナイフ/ガーデニングナイフ」の呼称が用いられることがある。

概要[編集]

折り畳み式(フォールディングナイフ)のものが多く、草花や樹木の枝や花卉(かき)果実といったものを切り取りやすいように刃先が内側に湾曲、もしくは傾斜しているものが多い。

生育している植物のを切る場合、切り口が乱雑になると導管が潰れてしまい、水を十分に吸い上げることができなくなり(「水揚げが悪くなる」と表現される)、鮮度が失われるため、鋭い刃付けが施されている。

使用する目的によって刃の形状には多くの派生形があり、のように大きく湾曲したものや、鋭い切っ先を持つものもある。

接木小刀[編集]

日本では和式刃物の一つとして「接木小刀(つぎき-こがたな)」と呼ばれる小刀が存在する。刃身が三角形であることや、折り畳み式ではないことなどが異なるが、用途は同じものである。

参考文献・参照元[編集]

書籍
  • ビル ローズ:著、柴田譲治:訳『50の道具とアイテムで知る 図説ガーデンツールの歴史』 (ISBN 978-4562051243原書房:刊 2015年
Webサイト


関連項目[編集]

外部リンク[編集]