コンテンツにスキップ

ガンビアの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガンビアの旗 ガンビア共和国
大統領
President of the Republic of The Gambia
大統領旗
現職者
アダマ・バロウ(第3代)
Adama Barrow

就任日 2017年1月19日
種類元首
政府の長
庁舎バンジュール州議事堂
任命直接選挙
任期5年(3選禁止)
根拠法令ガンビア共和国憲法
初代就任ダウダ・ジャワラ
創設1970年4月24日
(54年前)
 (1970-04-24)
職務代行者副大統領
ムハンマド・B・S・ジャロー英語版
俸給年額 65,000 USD[1]
ウェブサイトstatehouse.gov.gm

ガンビアの大統領(ガンビアのだいとうりょう、英語: President of the Republic of The Gambia)は、ガンビア共和国元首であり、政府の長たる大統領である。

概要

[編集]

ガンビアは1965年に独立(その時のガンビアの総督はジョン・ウォーバートン・ポール1965年2月18日 – 1966年2月9日)とファリマング・ママディ・シンガティック1966年2月9日 – 1970年4月24日))したが、1970年まではイギリスの国王を元首とする英連邦王国であった。ここでは、英連邦王国から脱し、共和制を敷いて大統領を国家元首と定めた1970年4月24日からの大統領を記す。

軍事政権の長が国家元首を兼ねた期間があるが、それもまとめて一覧に記した。

選出

[編集]

大統領は国民の直接選挙で選出される。任期は5年で、再選制限は無い。大統領選挙に立候補できるのは、ガンビア国内に5年以上居住する30歳以上65歳以下のガンビア国民であり、高校卒業程度の学歴を持ち、ガンビア国籍以外の国籍(二重国籍)を持っていてはならないと憲法に定められている。

権限

[編集]

ガンビアは大統領制の共和国であり、大統領は国家元首であると同時に行政府の長も兼ねる。副大統領閣僚の任免権、軍の最高指揮権などを行使し、実質的に国政を主導する役割を担う。また、国民議会の定数53議席のうち5議席は、大統領による任命枠となっている。

大統領の一覧

[編集]

ガンビア共和国 (1970-2015)

[編集]
大統領 所属政党 在任期間 備考
001 ダウダ・ジャワラ
Dawda Jawara
人民進歩党
(PPP)
1 1970年4月24日
- 1972年
11年 + 97日
2 1972年
- 1977年
3 1977年
- 1981年7月31日
任期満了前に解任
0 クコイ・サニャン
Kukoi Sanyang
無所属
軍人
1981年7月31日
- 1981年8月5日
5日 暫定元首
(国家革命評議会議長)
在任中に解任
0(1) ダウダ・ジャワラ
Dawda Jawara
人民進歩党
(PPP)
3 1981年8月5日
- 1982年
12年 + 351日
(計24年 + 85日)
職務復帰
4 1982年
- 1987年
5 1987年
- 1992年
6 1992年
- 1994年7月22日
任期満了前に解任
[注 1]
0 ヤヒヤ・ジャメ
Yahya Jammeh
無所属
(軍人)
1994年7月22日
- 1996年10月18日
2年 + 88日 暫定元首
(軍事暫定統治評議会議長)
002 愛国再建同盟
(APRC)
7 1996年10月18日
- 2001年
19年 + 53日
8 2001年
- 2006年
9 2006年
- 2011年
10 2011年
- 2015年12月10日
国名変更

ガンビア・イスラム共和国 (2015-2017)

[編集]
0(2) ヤヒヤ・ジャメ
Yahya Jammeh
愛国再建同盟
(APRC)
10 2015年12月10日
- 2017年1月21日
1年 + 42日
(計 20年 + 95日)
003 アダマ・バロウ
Adama Barrow
連合2016
[注 2]
11 2017年1月19日[注 3]
- 2017年1月28日
9日 国名変更

ガンビア共和国 (2017-現在)

[編集]
0(3) アダマ・バロウ
Adama Barrow
連合2016 11 2017年1月28日
- 2019年12月31日
7年 + 176日
(計7年 + 185日)
国家人民党
(NPP)
2019年12月31日
- 2021年12月28日
新党結成
12 2021年12月28日
- (現職)

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ クーデタにより失脚。
  2. ^ 統一民主党所属だが、野党連合「連合2016」候補として党籍離脱した。
  3. ^ ジャメが大統領職に居座ったため、隣国セネガルのガンビア大使館で就任宣誓を行った。

出典

[編集]
  1. ^ Top 15 Highest Paid African Presidents 2017” (2016年12月15日). 2023年9月28日閲覧。

外部リンク

[編集]