ガルヴェストン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガルベストン (映画)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガルヴェストン
Galveston
監督 メラニー・ロラン
脚本 ジム・ハメット
原作 ニック・ピゾラット逃亡のガルヴェストン』(早川書房
製作 タイラー・デヴィッドソン
製作総指揮 パトリック・デイリー
ジーン・ドゥーマニアン
ケヴィン・フラニガン
デクスター・ブラフ
ショーン・トーマス・オブライエン
出演者 ベン・フォスター
エル・ファニング
リリ・ラインハート
アデペロ・オデュイエ
音楽 マルク・シュアラン
撮影 ダグマー・ウィーヴァー=マドセン
編集 ゲリック・カタラ
製作会社 ジーン・ドゥーマニアン・プロダクションズ
ロー・スパーク・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗RLJEフィルムズ
日本の旗クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗2018年10月19日
日本の旗2019年
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$138,069[1]
テンプレートを表示

ガルヴェストン』(原題:Galveston)は2018年に公開されたアメリカ合衆国スリラー映画である。監督はメラニー・ロラン、主演はベン・フォスターエル・ファニングが務めた。本作はニック・ピゾラット2010年に発表した小説『逃亡のガルヴェストン』を原作としている。

概略[編集]

1988年ニューオーリンズ。末期ガンと診断されたヒットマン、ロイはボスに裏切られたことに気が付き、命からがら故郷のガルベストンに逃げ帰ろうとしていた。ロイはガルベストンに潜伏しつつ、ボスに復讐する機会を窺う道を選んだのである。道中、ロイは自分の命を狙っていた殺し屋たちを始末し、彼らに囚われていた女性(ロッキー)を解放した。家出をしたロッキーは金に困って娼婦をしていたのだという。ロッキーがロイの逃避行に同行したいと申し出てきたため、ロイは渋々彼女を連れて行くことにした。やがて、ロイはロッキーにまっとうな人生を歩んで欲しいと願うようになる。

キャスト[編集]

製作[編集]

2016年11月、ニック・ピゾラットの小説『逃亡のガルヴェストン』の映画化に際して、メラニー・ロランが監督に、ベン・フォスターとエル・ファニングが主演に起用されたと報じられた[2]2017年2月、リリ・ラインハート、ボー・ブリッジス、マリア・バルベルデ、ロバート・アラマヨがキャスト入りした[3][4][5]。2018年2月、マルク・シュアランが本作で使用される楽曲を手掛けることになったとの報道があった[6]

ピゾラットは自ら小説の脚色作業に当たったが、「ロラン監督が脚本に手を入れた結果、自分の思い描いた作品とは違うものになった」という理由で自分の名前が脚本家としてクレジットされるのを拒否した。そのため、脚本家のクレジットはジム・ハメットという実在しない人物のものとなっている[7]

撮影[編集]

2017年2月、本作の主要撮影ジョージア州で始まった[8]

公開[編集]

2018年3月10日、本作はサウス・バイ・サウスウェストでプレミア上映された[9]。7月26日、RLJEフィルムズが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[10]。9月23日、本作がロサンゼルス映画祭で上映された[11]。なお、本作は第43回トロント国際映画祭でも上映される予定だったが、キャストと監督が映画祭に出席できないことが判明したため、上映は取りやめとなった[12]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには34件のレビューがあり、批評家支持率は71%、平均点は10点満点で6.5点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「才能豊かな俳優陣とメラニー・ロラン監督の確かな演出のお陰で、『ガルヴェストン』は出来映えに斑があるにも拘わらず、凡百のスリラー映画に堕すことを回避できている。」となっている[13]。また、Metacriticには15件のレビューがあり、加重平均値は57/100となっている[14]

出典[編集]

外部リンク[編集]