ガルフストリーム G550

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガルフストリーム G550/G500

ガルフストリーム G550

ガルフストリーム G550

ガルフストリーム G550は、アメリカのガルフストリーム・エアロスペース社が、ガルフストリーム Vの後継機として開発したビジネスジェットである。2001年に試験機が初飛行し、2003年から顧客への引き渡しが始まった[1]。2012年にG650の引き渡しが始まるまでは、このG550がラインナップの最上位機であった。

ガルフストリーム G500はG550の派生機で、燃料の搭載量を減らして航続距離を短くしたモデルである。G500は2004年から顧客に引き渡された[4]

なお、ガルフストリーム社は「G500」という名称を二つの異なるモデルに使っている。本稿で扱うG500はG550の派生機として開発され、2004年から顧客に引き渡された旧モデルである。G450の後継機として2017年末に引き渡しが始まる予定の新G500 [5][6]については、該当ページを参照。

開発[編集]

地上走行中のG550

ガルフストリームG550は、1999年から「GV-SP」という名で開発が始まった。SPは「Special Performance」の略である[7]。GVのVは大文字のVではなくローマ数字の5であり、読みとしては「G-Five」である。GVはニューヨーク・東京間のノンストップ飛行を最初に実現したビジネスジェットであったが、向かい風が強かったり、気温が高かったりすると、燃料補給のための着陸が必要であった。そこで、ニューヨーク・東京間のノンストップ飛行をいつでもできるように、航続距離をGVよりも250海里伸ばすなどの改良を目指したのがGV-SPである[8]

GV-SPは、GVに対して様々な改良がなされた[9]

  • PlaneViewTMという新たなコックピット・スイートにより、HUD(ヘッドアップ・ディスプレイ)、EVS (拡張型ビジョン・システム英語版) などの最新の技術を搭載。EVSは、赤外線カメラの情報をHUDに映すので、気象条件や視界が悪い状態でも離着陸を安全にする。
  • GVは6個のブラウン管ディスプレイをコックピットに使っていたが、GV-SPはそれを4個の14インチ液晶ディスプレイに置き換えた。この大画面化、多機能化により、衛星経由の気象情報、図式化されたフライトプラン、地形や領空の境界も表示できる地図、空港の離着陸方法など、多様な情報をパイロットに提供できるようになった。
  • GVは乗客12人構成が標準的だったが、GV-SPはキャビンの大きさが広がったことで、乗客16人が快適に座れ、最大8人分の寝台に変えることもできる。
  • GV-SPは、GVよりも航続距離が462km(250海里)伸び、12,487km(6,750海里)飛行できる。向かい風の状況でも、乗客8人を乗せて、ニューヨーク・東京間をノンストップ飛行できる。

2001年8月31日、GV-SPの試験1号機が初飛行をした。量産1号機は2002年6月に披露され、翌7月に5時間1分の初飛行を行った。2002年9月のNBAA(全米ビジネス航空協会)の年次総会の際に、GV-SPはG550に改名することが発表された。そして2003年8月14日に、FAA(連邦航空局)から型式証明を受けた。最初のG550は、2003年9月17日に顧客に引き渡された[1]

G500はG550の燃料搭載量を減らしたモデルで、キャビンサイズや電子機器など多くの面で共通である。G500は搭載燃料が減ったため、航続距離はG550よりも1,852km(1,000海里)短い10,742km(5,800海里)である。しかし軽くなるため、離陸距離はG550よりも231m(760フィート)短い1,570m(5,150フィート)となり、滑走路が短い小規模の空港でも利用可能である。G500は2003年12月にFAA(連邦航空局)から型式証明を受け、2004年5月に最初の引き渡しが行われた[4]

特徴[編集]

G550[編集]

G550のコックピット 左の機長席の上には折り畳まれたヘッドアップディスプレイがある
G550のキャビン

G550は、乗客8人と乗員4人を乗せ、最高高度15,545m (51,000フィート)、マッハ0.885で12,501km (6,750海里) を飛行可能である。これは当時のビジネスジェットで最も長距離であり、ニューヨークから東京までをノンストップで14時間半で飛行できた。キャビンはその構成によって最大14~18人の乗客を乗せることができる。G550は当時のビジネスジェットで最も進化したコックピットを持っていた。コックピットに液晶ディスプレイを初めて本格導入することで、ブラウン管時代と比べて地形図やナビゲーション情報、気象情報などの可読性を大きく改善した。さらに、EVS (拡張型ビジョン・システム英語版) は、この種の装置としてはFAA (連邦航空局) から認可された最初の装置であり、上空でも地上でも視認性の低い状況でパイロットの状況認識を改善できた。オーナーは、複数のキャビンレイアウトやオプションパッケージから希望するものを選ぶことができ、そのミッションに合わせて機体をカスタマイズすることも可能であった[10]。なお、G550の乗客数は、発表時は最大18人であったが、後に最大19人と拡大されている[11]

GVとG550の外見上の明確な違いは窓の数が異なるぐらいだが、内部はビジネスジェットでは初めとなる液晶ディスプレイを用いたコックピットなど大きな違いがあった。G550の型式限定 (type rating) はGVと同じなので、GVのパイロットは新たにライセンスを取り直す必要なく、G550を操縦できる[12]

G550は、アメリカ航空業界で最も権威ある Collier Trophy英語版を2003年に受賞した。この賞は、NAA (全米航空協会英語版) から、「アメリカの航空宇宙分野において、航空機や宇宙船の性能、効率、安全性を改善させる最も偉大な貢献であり、かつ、実際に運用してその効果が実証された価値」に対して授与される[13]。G550の受賞理由は以下の点である[14]

  • EVS(拡張型ビジョンシステム)の採用。赤外線カメラが捉えた映像をコックピットのヘッドアップ・ディスプレイに映し出すシステムにより、パイロットは夜間や霧があるなどの視界が悪い状況でも、滑走路や周辺の状況を認識できるようになった。
  • PlaneViewTMコックピットの採用。古典的なダイヤルや計器などの装置をディスプレイ上の画像として表示することで、コックピットを大量の計器類から開放し、使いやすく、かつ、必要な情報を同時に示せるようになった。
  • 同一クラスで最長距離の飛行が可能。G550は、ジョージア州サバンナからドバイまで12,073kmをノンストップで飛行した。

G550は市場投入後の10数年間で、ロンドン・東京間を11時間強、北京ニューヨーク間を14時間弱など、50以上の都市間最速記録を作った。G550は長距離ビジネスジェットのベストセラーとして売れ続け、2017年7月には550機目の引き渡しが行われた[2]

G500[編集]

G500は、G550の燃料タンクを縮小して航続距離を短くしたモデルである。軽量化のおかげで離陸に必要な滑走距離が、G550の1,801mから1,570mへと短くなり、滑走路の短い小規模な空港でも利用可能になった[4]

G500は乗客8人を乗せ、マッハ0.80で10,742km (5,800海里)、マッハ0.85なら9260km (5000海里)を飛行可能である。キャビン構成によって最大14~18人の乗客を乗せることができる。G500は、ボンバルディアグローバル 5000や、ダッソーファルコン 7Xと競合することを狙っていた[10]。EVS (拡張型ビジョンシステム) は、G550では標準装備だが、G500ではオプションとなる[15]

G500はニッチな商品であり、G550ほどの需要を得られなかった[16]。2009年1月時点で、G550は198機が就航していたのに対し、G500の就航数はわずか9機であった[17]。G500は公式発表は特にされないまま、ガルフストリーム社のラインナップから消えた。その後2014年に、G450の後継となる新たなG500を2017年に市場投入することが発表された[18] が、そのG500は本稿のG500とは関係ないモデルである。

軍用機としての運用[編集]

G500/G550(特にG550)はGV同様、軍用機としての需要も高い。例としてアメリカ合衆国空軍ではVIP輸送機としてC-37Bの名称で運用している他、アゼルバイジャンクウェートモロッコナイジェリアサウジアラビアタンザニアでも政府専用機あるいはVIP輸送機としてG550が採用されている。

イスラエル空軍では、G550に"Nahshon"(ナフション)のニックネームを付け運用している他、IAI社により後述する改造機種が開発され、こちらも運用、輸出されている。また、IAI社では、G550をベースとした空中給油機型についても検討中であると伝えられている[19][20]

G550 CAEW[編集]

シンガポール空軍のG550 CAEW

イスラエルのIAI社ではG550にEL/W-2085レーダーを搭載し早期警戒機 (AEW&C)に改造したG550 CAEW (Conformal Airborne Early Warning) を開発している。2010年からは海洋監視能力が付加され[21]、2017年には無人航空機を検出するセンサーが追加されている[22]

イスラエル軍では"Eitam"(あるいは、"Nahshon-Eitam")のニックネームを付け、2機が第122飛行隊に配備された他、シンガポールにも輸出されている。イタリアイスラエル空軍練習機としてM-346を採用した見返りとして、G550 CAEWの採用を決定し[23]、2016年12月を受領[24]、2017年3月より運用を開始した[25]。2014年には、アメリカ海軍がG550 CAEWの採用を決定した[26]

G500 SEMA[編集]

イスラエル空軍のG500 SEMA

IAI社ではG500をベースに電子戦機に改造した、G500 SEMA (Special Electronic Missions Aircraft) を開発し、"Shavit" (あるいは、"Nahshon-Shavit")のニックネームが付けられている。G500 SEMAはイスラエル空軍に3機が採用され、G550 CAEWと同様に第122飛行隊に配備されている。

スペック[編集]

Gulfstream G500

特に明記が無い項目は、G550はガルフストリーム社のデータ[11]、G500はPlanes.comのデータ[27]による。なお、G500のデータで確認を取れていない項目は空白にしてある。

モデル G550 G500
乗員 パイロット2人+予備パイロット1人+アテンダント1人
乗客数 最大19人
全長 29.39 m (96 ft 5in)
全幅 28.50 m (93 ft 6in)
全高 7.87 m (25 ft 10 in)
最大離陸重量 41,277 kg (91,000 lb) 38,601 kg (85,100 lb)
最大着陸重量 34,156 kg (75,300 lb)
最大 無燃料重量 24,721 kg (54,500 lb)
基本運航重量 21,909 kg (48,300 lb) (乗員4人)
最大積載量 2,812 kg (6,200 lb)
最大燃料時の積載量 816 kg (1,800 lb)
最大燃料 18,733 kg (41,300 lb) 15,966 kg (35,200 lb)
エンジン(2×) ロールスロイス製BR710エンジン
C4-11
離陸推力 (2×) 68.40 kN (15,385 lbf)
航続距離
(マッハ0.8、乗員4人、乗客8人)
12,501 km (6,750海里) 10,742 km (5,800海里)
高速巡航時の速度 マッハ 0.85 [10]
長距離巡航時の速度 マッハ 0.80 [10]
最大速度 マッハ 0.885
離陸距離(SL, ISA, MTOW) 1,801 m (5,910 ft) 1,570 m (5,150 ft)
着陸距離(SL, ISA, MLW) 844 m (2,770 ft)
初期巡航高度 12,497 m (41,000 ft)
最大巡航高度 15,545 m (51,000 ft)
キャビン 長 (荷物室 含) 15.27 m (50 ft 1 in)
キャビン 高 1.88 m (6 ft 2 in)
キャビン 幅 2.24 m (7 ft 4 in)
キャビン 容積 47.26 m3 (1,669 ft3)
荷物室 4.81 m3 (170 ft3)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d "Gulfstream G550 and G500 In-service Fleet Surpasses 200,000 Flight Hours", Gulfstream, April 25, 2008. (2017年8月9日閲覧).
  2. ^ a b "Gulfstream Delivers 550th G550", Gulfstream, July 18, 2017. (2017年8月9日閲覧).
  3. ^ "How much does a long-range Gulfstream jet cost?", AirTravelGenius.com, June 11, 2015. (2017年8月9日閲覧).
  4. ^ a b c "Gulfstream Delivers First G500 Business-Jet Aircraft to Customer", Gulfstream, May 20, 2004. (2017年8月9日閲覧).
  5. ^ "The All-New Gulfstream G500 : Optimized For Stylish Performance", Gulfstream. (2017年8月9日閲覧).
  6. ^ "Gulfstream G450 Production to End, Paving the Way for the All-New G500", Gulfstream, October 21, 2016. (2017年8月9日閲覧).
  7. ^ "Gulfstream G550 Receives Federal Aviation Administration Aircraft Type Certificate", Gulfstream, August 14, 2003. (2017年8月9日閲覧).
  8. ^ J. Mac McClellan "Gulfstream G550 : The leader in large-cabin jets flies faster, farther, with a roomier cabin and the most exotic avionics system in the air", Flying Magazine, March 20, 2004. (2017年8月9日閲覧).
  9. ^ "Gulfstream Launches The New Gulfstream V-SP", Gulfstream, October 09, 2000. (2017年8月9日閲覧).
  10. ^ a b c d "Gulfstream Unveils New Product Line", Gulfstream, September 09, 2002. (2017年8月9日閲覧).
  11. ^ a b "The Gulfstream G550", Gulfstream. (2017年8月9日閲覧).
  12. ^ J. Mac McClellan "Gulfstream G550 : The leader in large-cabin jets flies faster, farther, with a roomier cabin and the most exotic avionics system in the air", Flying Magazine, March 20, 2004. (2017年8月9日閲覧).
  13. ^ "Collier Trophy : About the Award", National Aeronautic Association. (2017年8月9日閲覧).
  14. ^ "Gulfstream G550 wins 2003 Collier Trophy for aviation" (PDF), National Aeronautic Association. (2017年8月9日閲覧).
  15. ^ "FAA Formally Recognizes Safety Benefit of EVS as Low-Visibility Landing Aid", Gulfstream, January 15, 2004. (2017年8月9日閲覧).
  16. ^ "IN FOCUS: Gulfstream Family Cutaway - Market Confirms Family Values", Flight Global. (2017年8月9日閲覧).
  17. ^ "Gulfstream G500, Information and Specifications", Globalair.com (2017年8月9日閲覧).
  18. ^ "Gulfstream Introduces New Aircraft Family", Gulfstream, October 14, 2014. (2017年8月9日閲覧).
  19. ^ Egozi, Arie. "IAI and Gulfstream planning G550 tanker". Flight International, August 13, 2007.
  20. ^ Egozi, Arie. "IAI continues to evaluate G550 for air refuelling". Flight International, December 23, 2010.
  21. ^ IAI to adapt G550 for maritime surveillance role
  22. ^ Israel steps up UAV defences with Eitam update
  23. ^ Italy Expands Airborne C4ISR Capabilities
  24. ^ Italy receives first of two G550 CAEW aircraft from Israel
  25. ^ Italian G550 CAEW enters service | Air Forces Monthly
  26. ^ U. S. Navy: 早期警戒管制機としてGulfstream G550の採用を決定
  27. ^ "Planes / Aircrafts Directory - Model Name : Gulfstream G500", Planes.com (2017年8月9日閲覧).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]