ガルフカップ2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガルフカップ2017
大会概要
開催国 クウェートの旗 クウェート
日程 2017年12月22日 - 2018年1月5日
チーム数(1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  オマーン (2回目)
準優勝  アラブ首長国連邦
大会統計
試合数 15試合
ゴール数 23点
(1試合平均 1.53点)
得点王 バーレーンの旗 ジャマール・ラーシド
カタールの旗 アルモエズ・アリ
イラクの旗 アリ・フスニ
イラクの旗 アリ・ファーイズ・アティーヤ
オマーンの旗 サイード・アル=ルザイキ(2点)
最優秀選手 オマーンの旗 アハマド・ムバーラク・アル=マハイジリ
 < 20142019

ガルフカップ2017は、2017年12月22日から2018年1月5日にかけて、クウェートの首都クウェート市で開催された第23回目のガルフカップである。オマーンが2回目の優勝を果たした。

開催国選定の経緯[編集]

元々はイラクでの開催が予定されていたが、政情不安定を理由にカタールが開催を引き継いだ[1]。しかし、カタールサウジアラビアとの断交(2017年カタール外交危機も参照)により抽選会にはサウジアラビアUAEバーレーンの三カ国が不参加でイラクカタールの2チームでの開催の可能性もあったが、大会直前にクウェートFIFAからの資格停止処分が解除されたためクウェート開催で行われることとなり、参加状況が不透明だったサウジアラビアなども参加することとなった[2]

出場国[編集]

ジャービル・アル=アフマド国際スタジアム
開催時のFIFAランキング
(2017年12月)
 クウェート (開催国) 189
 カタール (前回優勝) 102
 サウジアラビア 63
 アラブ首長国連邦 73
 イラク 79
 オマーン 101
 バーレーン 115
 イエメン 121

結果[編集]

時間は現地時間(UTC+3)。

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  オマーン 3 2 0 1 3 1 +2 6
2  アラブ首長国連邦 3 1 2 0 1 0 +1 5
3  サウジアラビア 3 1 1 1 2 3 −1 4
4  クウェート 3 0 1 2 1 3 −2 1











グループ B[編集]

チーム
1  イラク 3 2 1 0 6 2 +4 7
2  バーレーン 3 1 2 0 3 2 +1 5
3  カタール 3 1 1 1 6 3 +3 4
4  イエメン 3 0 0 3 0 8 −8 0











決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
2018年1月2日    
  オマーン 1
  バーレーン 0  
  2018年1月5日
  オマーン(PK) 0(5)
    アラブ首長国連邦 0(4)
2018年1月2日  
  イラク 0(2)
  アラブ首長国連邦(PK) 0(4)  

準決勝[編集]




決勝戦[編集]



優勝国[編集]

 ガルフカップ2017優勝国 

オマーン
4大会ぶり2回目

順位[編集]

最終順位は以下の通り。

チーム
決勝トーナメント進出
1  オマーン 5 3 1 1 4 1 +3
2  アラブ首長国連邦 5 1 4 0 1 0 +1
3  イラク 4 2 2 0 6 2 +4
4  バーレーン 4 1 2 1 3 3 0
グループリーグ敗退
5  カタール 3 1 1 1 6 3 +3
6  サウジアラビア 3 1 1 1 2 3 −1
7  クウェート 3 0 1 2 1 3 −2
8  イエメン 3 0 0 3 0 8 −8

表彰[編集]

以下の賞が与えられる。

選手
フェアプレー賞  クウェート
MVP オマーンの旗 アハマド・ムバーラク・アル=マハイジリ
ベストGK アラブ首長国連邦の旗 ハーリド・イーサ

脚注[編集]

  1. ^ Qatar confirmed hosts of 23rd Gulf Cup Football Championship” (英語). Times of Oman (2016年5月22日). 2018年3月26日閲覧。
  2. ^ Suspension of the Kuwait Football Association lifted” (英語). FIFA.com (2017年12月6日). 2018年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]