ガルドン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガルドン川
ガルドン川
ガルドン川
延長 127.4 km
平均の流量 32.7 m³/s
流域面積 2,200 km²
水源 セヴェンヌ山脈
水源の標高 -- m
河口・合流先 ローヌ川
流域 フランス
テンプレートを表示

ガルドン川 (Gardon)は、フランス南東部を流れる長さ127.4kmである。ローヌ川に流れ込む支流のひとつで、セヴェンヌ山脈に源を発している。かつてはガール川(Gard)とも呼ばれ、ガール県の語源になったが、現在ではその呼称は廃れてしまい、例外的にしか使われなくなっている。

川は二つの支流から成り立っている。ガルドン・ダレス(Gardon d'Alès)とガルドン・ダンデューズ(Gardon d'Anduze)である。これらはネル市(Ners)で合流している。

ガルドン・ダンデューズはさらに別の3つの川から成っている。サランドランク川(Salendrinque)、ガルドン・ド・サン・ジャン・デュ・ガール川(Gardon de St Jean du Gard)、ガルドン・ド・ミアレ川(Gardon de Mialet)の3つで、見てのとおり、うち2つに「ガルドン」を冠している。そうした流域では「ガルドン」は町や村の名前にもなっている。

川は約70kmにわたり、カヌーの航行が可能である。流域にある古代ローマ水道橋ポン・デュ・ガール)は、ユネスコ世界遺産に登録されている。