ガリベンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガリベンズ
メンバー 矢野 正樹
新藤 充
結成年 2005年
事務所 トップ・カラー
活動時期 2005年 - 2016年
出会い 浅井企画のタレントセミナー
現在の活動状況 解散
芸種 漫才コントものまね
テンプレートを表示

ガリベンズは、日本お笑いコンビトップ・カラー所属。2005年結成、2016年解散。

メンバー[編集]

矢野 正樹(やの まさき、 (1981-01-27) 1981年1月27日(36歳) - )主にツッコミ担当

新藤 充(しんどう みつる、 (1980-05-13) 1980年5月13日(36歳) - )主にボケ担当

略歴[編集]

  • 2005年にコンビ結成。
    • 共に浅井企画のタレントセミナー出身(矢野が1期生、新藤が2期生)。
    • 矢野は結成前にピン芸人として活動し、その後Gたかしとコンビを組んで活動していた。それ以前にもトリオを組んでおり第1回M-1グランプリに出場していた(詳細不明)。
    • 新藤は大学卒業後、フリーターをしていた。
  • 2009年 M-1グランプリ 3回戦進出。
  • 2013年8月 第1回単独ライブ「マークシート」開催。
  • 2014年 第13回漫才新人大賞漫才協会主催)において一般枠で決勝に進出。
  • 2016年7月 矢野の出身地である、香川県観音寺市で行なわれた「銭形まつり」を最後に、解散を発表した。

芸風[編集]

主にコントだがコントを基にした漫才も披露する。また、ものまねを取り入れたコントも多い。基本的に新藤がボケ担当だが、ものまねを取り入れたコントでは矢野がボケになることが多い。

エピソード[編集]

  • 「安いから」という理由で通っていたタレントセミナーが実は芸能事務所主催ではなく、印刷会社であったため、セミナー卒業後、印刷会社所属のお笑い芸人になっていたことがある。そこでの主な仕事は「録音したテープを文字におこすこと」で、お笑いの仕事はなかった。
  • 2014年に矢野の地元の香川県の観音寺警察署の1日警察署長を務める。そのとき新藤は1日警察副署長であった。

矢野 正樹[編集]

  • 矢野は伊集院光の草野球チーム「ビッグアスホールズ」に所属している。伊集院が「二塁打を打った選手にTENGAをあげる」と言ったところ、4打数4安打4二塁打を打った。また他の試合で「2打点をあげた選手にTENGAをあげる」と言ったところ、2ランホームランを打った。伊集院はこれを「オナカップ打法」と称した。
  • Gリーグ(芸人草野球リーグ)でのリーグ戦や他チームの助っ人として年間に草野球を100試合ほど行っている。
  • 柴田英嗣アンタッチャブル)と交流があり、一緒にゴルフに行くなどしている。またRyoji(ケツメイシ)とゴルフ仲間でケツノポリスのスペシャルサンクスの欄に名前が載っていることを自慢にしている。
  • アンタッチャブルのシカゴマンゴTBSラジオ)内のコーナー「ツッコミ先行宣言」において矢野がガリベンズの本ネタを投稿したが、柴田に「俺たちが一生懸命練習してもおもしろくできない。(100点満点で)6点」と言われてしまった。そのため翌週のツッコミお題が「矢野か!」になった。翌週も本人からネタが届いたがこれも評価を得られなかった。
  • 新藤に書道を教えている。
  • テレビでは上田晋也くりいむしちゅー)のモノマネをすることが多いが、初めたきっかけは所属事務所の先輩であるコージー冨田に「顔がくりいむしちゅーの上田に似てるからモノマネもできるんじゃないか」と言われたことである。
  • 上田ちゃんネル内で上田の草野球チーム「上田義塾」への入団テストを受ける。しかしテスト内容に野球の要素は一切なく、野球用品を使ったものボケや、どれだけ暇で草野球に参加できるかが審査基準であった。結果的にレギュラー陣も含め全員入団を認められなかったが、上田義塾での野球の様子がtwitterにアップされていることから、番組的には認められなかったが、プライベートで参加している模様である。
  • お笑いDynamite!では司会の上田に「来年はあいつをつぶすことを目標にします」と言われる(番組テロップでは「上田非公認ものまね」となっている)。24時間テレビ内の深夜の生しゃべくり007では司会の上田に「全テレビ局のプロデューサーさん、俺、こいつとは共演NGだから」と言われる。ただ、上述のようにプライベートでの交流もあることから、これらは全て矢野のものまねを見た上田のギャグであると思われる。
  • 年に数回、東京富士大学で講師をしている。2016年からは専門学校の非常勤講師をしている。

新藤 充[編集]

  • ゲーム全般(特にファミコン)が得意である。
  • ゲームレコードGP内において、あまりの緊張から脇汗を大量にかくため、MCの玉袋筋太郎浅草キッド)に「脇汗王子」と称された。また同番組内の第1回グランドチャンピオンである。
  • 玉袋とはプライベートでも交流があり、共にマラソンの練習をし、東京マラソンを完走した。
  • めちゃ²イケてるッ!のオーディションを受け、ネタ風景が流れた際、矢野が上田、新藤がGACKTに扮していたが、放送後に新藤には誹謗中傷や「このまま売れなければいい」などとメッセージが届いた。
  • 色白でメガネという貧弱そうな見た目だが、総合格闘技をやっている。
  • 地方営業で訪れた幽霊が出ると噂される温泉宿で1週間を過ごし、目が腫れるようになった。病院でも原因不明と言われ、お祓いに行くものの、七五三の時期であり、子供が騒いで神主の声が聞こえず効果がなかったと語っている。
  • マルシアのファンであると番組内で発言しているが、ブラジルを題材にしたトーク内容であり、真偽は不明である。

主な出演番組[編集]

テレビ
会場審査は293TP(7位)、視聴者投票は225票(8位)
ラジオ

外部リンク[編集]