ガリバー旅行記 (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリバー旅行記
Gulliver's Travels
監督 ロブ・レターマン
脚本 ジョー・スティルマン
ニコラス・ストーラー
原作 ジョナサン・スウィフト
製作 ジャック・ブラック
ベン・クーレー
ジョン・デイヴィス
グレゴリー・グッドマン
出演者 ジャック・ブラック
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 アラン・エドワード・ベル
メリアン・ブランドン
ニコラス・デ・トス
ディーン・ジマーマン
製作会社 デイヴィス・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年12月25日
日本の旗 2011年4月15日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $112,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $237,382,724[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $42,779,261[1]
日本の旗 15.6億円[2]
テンプレートを表示

ガリバー旅行記』(原題: Gulliver's Travels)は、2010年のアメリカ映画である。ジョナサン・スウィフトの風刺小説『ガリヴァー旅行記』の実写化で、これまでアニメーション映画を撮ってきたロブ・レターマンが監督し、ジャック・ブラックがガリバーを演じる。3Dに変換して公開される[3]

ストーリー[編集]

ニューヨークの新聞社で郵便係をしているガリバーは口先だけは威勢が良いが、実際の行動に移すことは全くしない小心者で、片想いのダーシーに想いを伝えられずにいた。そんなガリバーに対し、後輩のダンは「あなたは、それ以上ビッグにはなれない」と冷たく言い放った。ダンの言葉に触発されたガリバーは、複数の文書の盗作をして作り上げた記事をダーシーに送り彼女の目を引き、バミューダ海域の取材を任されることになった。

ダーシーに認められたことに感激したガリバーは、早速船で出発したが、途中で嵐に巻き込まれてしまい、小人たちが暮らすリリパット王国に漂着する。隣国ブレンスキー王国の手先だと勘違いされたガリバーは牢屋送りにされてしまうが、そこで彼はリリパット王国のメアリー王女に恋をして牢屋送りになっていたホレイショと出会った。二人はメアリー王女の婚約者エドワード将軍の命令で重労働の刑にされるが、メアリー王女を誘拐しようとしたブレンスキー王国のオーガスト王子の襲撃を撃退し、放火された宮殿からセオドア王を救出したことから英雄扱いされることになった。ガリバーは得意の大口でメアリー王女たちの人気を集め、「自分はマンハッタンの大統領で歴戦の英雄だ」と嘘をついてしまう。ガリバーはリリパット王国の人々にニューヨーク風の文化を教え、また、親友になったホレイショに恋の手ほどきを教え、彼とメアリー王女の恋を応援するなど快適な生活を送っていた。しかし、兵士たちが見つけたiPhoneの留守電記録にあったダーシーの音声から、自分の行った盗作がバレてしまい、彼女から嫌われたことを知ったガリバーは意気消沈してしまい、ニューヨークに帰らず「このまま、リリパット王国に暮らしたい」と言い出す。

一方、ガリバーによって人々の人気とメアリー王女を奪われそうになったエドワード将軍は、ガリバーを追い返そうとセオドア王に直訴するが、セオドア王はエドワードを副将軍に降格し、代わりにガリバーを将軍に任命してしまう。頭にきたエドワードは海岸の防衛システムを破壊し、ブレンスキー艦隊の侵入を誘発する。ブレンスキー艦隊の撃退を任されたガリバーは撃退するフリをして誤魔化そうとしたが、艦隊の大砲が自分には効かないと知ると、艦隊を引っ張り降伏させてしまった。完全に人気を奪われたエドワードはメアリー王女のもとを訪ねるが、既にホレイショと両想いになっていた王女にも相手にされず、ガリバーへの憎しみが募ったエドワードはブレンスキー王国に寝返り、ガリバーが持ち込んだロボットの説明書を基にロボットを造り、ブレンスキー王国のレオポルド王とともに兵隊を引き連れリリパット王国に攻めて来た。迎え撃つガリバーはエドワードの攻撃を受けあっさり降伏してしまい、同時に今までついてきた嘘も全てバレてしまう。人々からの信頼を失ったガリバーは、エドワードによって巨人の国に追放されてしまう。

巨人の国に追放されたガリバーは巨人の少女の玩具にされてしまうが、助けに来たホレイショからダーシーがリリパット王国に漂着しエドワードに捕まったことを聞かされ、再びリリパット王国に向かった。ダーシーと和解したガリバーはリリパット王国を救うため再びエドワードに勝負を挑んだ。改良されたロボットに苦戦するガリバーだったが、ホレイショの協力を得てエドワードを倒すことに成功した。王国を救い、人々からの信頼も取り戻したガリバーは、恋人同士となったホレイショとメアリー王女に見送られて、ダーシーとともにニューヨークに戻った。ニューヨークに戻ったガリバーは郵便係からジャーナリストに出世し、恋人となったダーシーとともに旅行記事を書くことになった。

キャスト[編集]

※()は日本語吹き替え

日本でのキャッチコピー[編集]

  1. 「そこは、本当の"大きさ"を教えてくれる国。」
  2. 「大きいだけで救世主!?彼は、英雄になれるのか?」

原作との主な相違[編集]

  • 原作におけるレミュエル・ガリバーはイギリス人であり物語の舞台は1699年だが、本作ではアメリカ人であり舞台も現代である。
  • 登場するのは原作における第一章と第二章のリリパット国(及び敵国ブレフスキュ国)とブロブディンナグ国にあたる小人の国と巨人の国のみであり、第三章以降の天空の国ラピュータや馬の国フウイヌムは登場しない。
  • リリパット国の王女等は原作でとりわけ存在しない。

評価[編集]

2010年12月25日に北米2546館で公開され、初週末3日間で630万7691ドルを稼いで週末興行収入8位となった[4]。製作費1億1200万ドルに対し、北米での累計興行収入は4277万6259ドルに終わったが、その他の国々では合計で1億7300万ドルを売り上げている[1]

Rotten Tomatoesでの評論家の支持率は22%(83名中18名)で、平均点は10点満点で3.9点である[5]

第31回ゴールデンラズベリー賞ではジャック・ブラックが最低主演男優賞にノミネートされた[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Gulliver's Travels (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ 2011年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ Fox Giving 'Narnia' and 'Gulliver's Travels' 3D Releases”. The Celebrity Cafe.com (2010年3月23日). 2010年12月8日閲覧。
  4. ^ Weekend Box Office Result for December 24-26, 2010” (英語). Box Office Mojo. 2010年12月28日閲覧。
  5. ^ Gulliver's Travels (2010)” (英語). Rotten Tomatoes. 2010年12月28日閲覧。
  6. ^ The 31st Annual RAZZIE® Award Nominees for 2010 Worst Actor” (英語). ゴールデンラズベリー賞. 2011年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]