ガラン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガラン島
地理
場所 インドネシア
座標 北緯0度45分 東経104度14分 / 北緯0.750度 東経104.233度 / 0.750; 104.233座標: 北緯0度45分 東経104度14分 / 北緯0.750度 東経104.233度 / 0.750; 104.233
諸島 リアウ諸島
行政
リアウ諸島州

ガラン島インドネシア語: Pulau Galang)はインドネシアリアウ諸島バタム島から40km南東に存在する島。面積は80km2程である。[1]バタム島との間にはレンパン島があり、それぞれの間の水路は狭く浅い。リアウ諸島周辺のうちバタム島、レンパン島、ガラン島の周辺の島々はまとめてバレラン島群と呼ばれている。

最も近い都市はビンタン島タンジュン・ピナンでボートで30分程度の距離となっている。バレラン橋英語版でレンパン島やバタム島と接続されている。

1979年から1996年の間、ガラン難民キャンプ英語版を運営するために国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)の事務局が設立された。多くのベトナム人ボートピープルや難民申請者が難民状態の確定とその後のなどへの再定住までの間一時的にガランキャンプに収容された。多くのベトナム人が新たな再定住先からガランを訪れに戻っている。

ガラン島は旧難民地区も含めバタム工業開発公社(Batam Industrial Development Authority、BIDA)が運営している。1992年、インドネシア大統領令28/1992号によって、バタム工業開発公社の作業範囲がバタム島からレンパン島とガラン島とその周辺諸島に拡大された。バタム工業開発公社はバタム近郊の島の開発のために6つの橋を1998年1月25日に建設開始した。これによりバタム島、トントン島、ニパー島、セトコ島、レンパン島、ガラン島、ガラン・バル島が橋で結ばれた。

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]